抜本的見直し

テーマ:
迷宮物語-6

ついに顔が取れました
不安のもともとりとめなく流れ続ける一方
いわゆるところの抜本的見直しなどという
気持ちだけでもお伝えしようということに
あいなり
AD

腹から

テーマ:
$迷宮物語-8

この絵の下絵を描いていたのは1年ほど前だったような気がするが
久々につぶしたり描きなおしたりを繰り返したが
元の木阿弥的印象

順番としてはこれの次に描いたようだ

$迷宮物語-12

つまり、上の円筒が持ちあがっていって
いわゆる上昇という現象であるが
で、円筒が人物的なものであるとするならば
その腹部から穴が
ぱかりと開いて
中から人が出てきて
そして入っていく

なぜか
いわゆる精密検査的なものであろうか
その一方で
起きてしまったことはしょうかありまへんえ
とも言われる覚悟も
十分にあったかと問いただされれば
それはよくわからないのでありました
AD

内部調査

テーマ:
$迷宮物語-7

この絵とは関係ないことだが
あえて書くとすれば
ただいまのBGMはグラマラス・ライフ
pvでもある
パフォーマンスが、演奏とダンスといっしょである
口パクだが真剣なので
しだいにそのように見えてくる

次がゴースト・バスターズ
あいかわらずひどいが悪くはない

まさしくまさしく
いつのまにやら
この絵のような事態に
事は進みつつある様相を見せるばかり

かくかように世は理不尽なことばかり
それはそれでまぁええやないか

というのが
14年前の朝ドラにおける父の口癖でありました

go for break

テーマ:
$迷宮物語-12
仏像についてはもっと何というかこう、いろいろ手を加えないと達成感はおろか、描いたという感触がえにくいような心持ちが、する
というわけで、今後は、持ち上げたり浮かべたり飛ばしたり割ったり削ったり溶かしたり潜入したりなだめたりすかしたり耳をつけたりひたしたりコインロッカーに入れてみてはどうかとお伺いを立てたり・・などいろいろ試してみようかとも思う

ところで
年末の歳末展が、東邦画廊にてありまして、12・24まで開催されており、私の作品も大小4・5点ほど展示されており・などというわけで、よければぜひお立ち寄りいただければと思います。

今日の座禅

テーマ:
$迷宮物語-13

名無し男はひたすら考える
昔は考えるということはなかった
そして今は考える
考えることがないかと考える
特に見つからないので
考える理由を考える
ふと思いつく
ひま
だからではなかろうかと
それではあまりにもな感じがする
あまりにも何なのかということについて考える
ふと思いつく
かっこわるい
だからではなかろうかと
それではやはりあまりにもな感じがする
この辺で今日の座禅が終わったと日記に書いておく