いろいろあってこうなった

テーマ:
迷宮物語-2

8月8・9日、福島市の福島テルサで、例の、
二日展を開催します
毎度のことながら内容はその場になってみないとわからない
というのが楽しみな展覧会です
ぜひご来場ください
今回特に期待しているのが初参加の真柴氏の作品
推薦者は青美術館の渡辺氏
AD

新しいテーマ

テーマ:
迷宮物語-3

前作のコメントでの作品が、こちらです
なぜ胎児なのかというと、
直感

きっかけとしては、生徒の制作のきっかけ手伝い
具体的には、生徒は制作のためにさまざまな写真をパソコンで探す
で、それを印刷するために一度私のパソコンに保存する
それがたまる
で、そうしたものを自分の下描きの一部に試すことはけっこうある
またポーズ集や雑誌や画集からも同じようにいろいろ試すこともかなりある
1000描いて、1つ残る
というわけで、いろいろ考えた結果ではなく
無作為に試した結果
ありがたいことだと思う

ついでに、色について
この絵の色は、けっこう濃い
それはなぜか
間違えたためである
絵の具チューブから、絵の具皿に、灰色と思って出した
しかし灰色ではなく、かなり色味のある色だと気づいたのは、塗った後
絵の具皿には相当たくさん出してしまっており、
妙に悲しくも感じ、
捨てるのももったいないとぐだぐだと思い、
これでいいのかと思いつつ
反省しながら塗り始め
何かやっぱり違うなといった思いも強めながら
ふき取るのも面倒と思い、
最後まで塗ってしまったら
意外とけっこうよいかもと思うことにし、
このようになった