二日展

テーマ:


3

冬の庭シリーズはこれにて終了となります

冬の庭とはいったい何なのでしょうか


というと、深い意味はありません

文字通りです

冬、朝、庭の方を見ていたら障子ごしに廊下を人が歩いていきました

で、上の一連のようなイメージが浮かんだ・という、ただそれだけです


さて

今度の土曜(3・24)と日曜(3・25)、福島市の福島テルサ でグループ展「二日展」を開きます

よければぜひご来場ください

AD

ハゲタカ

テーマ:


5

ハゲタカ

とは、最近のドラマの中では一番おもしろかったNHKドラマ

ライブドア解説みたいなところもあります

上の絵との関係は、どうなんでしょう?

 というとことになると、

 特にありません

という感じになってきたこともあって、
 つまり特別な理由はありませんが、

このブログを、2つに分けます

アート系はこちら、上に書いたようなドラマ・映画感想系はあちらにします

あちらのアドレスは、k-takahashiを、wakannaiに変えたものです

よければアクセスしてください


AD

クビにスズ

テーマ:


2

1月3日、朝

障子の外を、いつものように、ながめやる

@@@@@

クシロについて、思い出される

確か、釧路かどこかで、UFOを見たような話だった

そして熊に襲われる

二度と襲われないようにするためには

クビにスズをつける必要あり

そんな話をした人が、箱をクシロまで持ってきた自分に向かって、ぽつりと言う

「その箱に入っているのは、あなた自身です」

それを聞いて、くらりと倒れそうになる


小説を思い出してみると、当然、それなりに変形・変容しているのだが、何か定着感があっておもしろい

とはいえ半ば名前を公表しているのでそれなりに抑えて書いている

というわけで、いずれこのhp上ではないところに引越して、日記がわりに好き勝手に書いてみようかと思います

AD

クシロ

テーマ:


4
1月2日朝 再び目が覚める

窓の外の人が、
たちどまり、何かを拾う

箱である


「この箱に入っているものは、ワタシジシンなのだ」


詳しくは忘れたが、そういったセリフを読んだことがある

場所は、多分、冬の北海道。

多分、釧路かそのあたり

網走かもしれないがクシロの方がよいと思う


ユニットラビッツ

テーマ:


1

1月2日 早朝 目が覚める

今日も人が歩いていく

おもしろいものだ

というわけで上のような絵を描いた


内容が変わりますが、

同じ職場の先生のブログ を紹介します

美術系の生徒に大変人気の高い先生です

その理由は、芝居を観るとなんとなくわかるかと思いますので

機会があればぜひ観にいって下さい

芝居のようすと、職場における日常のようすが、あまり変わらないようなといったみたいな気がします

おもしろいものだ


さて芝居を見るためには、ブログを見ているといずれわかりますがその劇団の名前は

ユニットラビッツ

といい、

最近の舞台は、郡山市の「富や蔵」が多いです

以上勝手ではありますが、

宣伝させていただきました





フェーム

テーマ:

6

12月30日

早朝

目が覚める

人が歩いていった

ように感じた


「フェーム」について思い出す

ダンサー、ミュージシャン、役者養成専門学校における青春映画

「ドリームガール」が20歳以降の映画とすると「フェーム」は10代後半の映画というカンジ

昔の映画だが古いと(自分は)感じない

才能への憧れ・心のゆれ・トラウマの告白・ぎこちない清純さ・否定されたときのみじめな思い・ハイになることについて・などが

なぜか妙になつかしく感じられる 

さまざまなタイプの若者が同じようなあつかいで描写される

その後、「フラッシュダンス」ではひとりの女性がピックアップされ、「フットルース」ではひとりの男性がピックアップされ、そして世界的なダンスブームがMTVを通して福島のディスコにもそれなりに反映されていったようです


真っ白いキリの中、黒い線の上を、盲目的に・ただただ走る