リンダリンダリンダ

テーマ:

リンダ リンダ リンダ特集


下の2つの中でどちらかヒットするものがあれば、この映画は楽しめるのかもしれません

・高校生である

・かつて音楽やっていた(やっている)

自分の場合、下が同じだったからだと思いますが、それなりに楽しめました

どちらもない、という人にとっては、

映画としての娯楽性とか、脚本の工夫とかは、あまりしていないので、どうかな、という感じがします

展開は、

 練習、

 それなりに上達、

 ささやかなトラブル、

 ステージ、

 エンディング、という感じ

NANAのようなプロミュージシャン志向ではなく、文化祭のための文化祭バンドで、プロデビューできるのか!?とか、校内コンクールで優勝できるのか!?などのハラハラドキドキはない。強いていえばステージで上演できるのか?になるがその原因となったのが寝坊で、いわゆるヤマ場は、ない

ただ、もし

下の2つの中でどちらかヒットするものがあれば、この映画を観終えたとき、けっこう感動するかもしれません

・リンダリンダ(曲)がかなり好き

・リンダリンダ(曲)にかなりの思い入れがある

自分の場合、下にそれなりなものがあるからもしれませんが、それなりに楽しめました


「リンダリンダ」という曲について

昔「いっしょにバンドやろう」といっていた男が、

「リンダリンダはすごい。あぁ、あれは、本当にすごいんだ。おれも本当に知ることがあるはずだ。そしてそれをいつか彼女に言ってあげたい」

などと言っていました

・・・

何を知るのか、そして何を言ってあげたいのかというと、「愛の意味」

その具体的な内容については、歌では歌われては、いない

しかし、ブルーハーツの歌を聴いていると、いつか本当にわれわれは知ることになるのだろうな、いやいつか本当にきっと知ることになるのだ、だからバンドやろう、つまり、バンドやってりゃそのうちわかる、などという

「特に理由はなくてもいいでしょう」的説得力が、当時は、感じられた


で、どうだったのか

そういうことは、いろいろ含めて特になかった

ということになるのだがまぁそれはそれでいいのかもしれない

などと感じられるのがこの映画のよさかもしれない

などと見終えてから感じました

繰り返しますが、映画の技術的ないじりはあまりない

この映画のウリは、一人ひとりのキャラがていねいに描かれている・というか、ひきだされている・ということになります


ちなみに、ドラムはかなりうまい・そしてボーカルの成長は新鮮で気持ちよい

このドラムの技術とボーカルの魅力の二つは、文化祭バンドが、ステージに立てるかどうかの、最初のハードルかななどとも感じた

AD

シカゴ

テーマ:

シカゴ









写真左は、「ブリジット・ジョーンズの日記」の、レニー・ゼルヴィガー

主役

スターになることを夢見るかつての女の子に、

「スターにしてあげよう」という男があらわれ、

もちろん、だまされる

だまされたことを知り、

かっとなり、殺し、そしてテンポよく投獄される


写真右は、最近ではShall we dance? (英語版)に主演したリチャード・ギア

彼は、正義感ゼロの弁護士で、レニーを無罪にするため、マスコミを味方にし、いろいろやって、彼女をスターにしようと、あの手この手の限りをつくしていく・といった映画


この映画のウリは、スタイリッシュ・ユーモラス・そしてゴージャスな、数多くのミュージカルシーン


なんというか、うそやわがままが素晴らしく表現されていくわけだが最後はそれなりになります。やっぱり。

AD

英雄の条件

テーマ:

英雄の条件というタイトルが、まず好きではない

ジャンルはアメリカ戦争ものだが、それも好きではない

しかし、主演の「よれよれ弁護人」がトミーリージョーンズなので観た映画


軍人サミュエルは、部下に命令する

「撃て!」

で、80人以上死ぬ

戦争中なら許される

 というか、数が多いほど英雄の条件ともなる

 しかし戦争中で無ければ極悪非道の行為となる

で、映画においては、マスコミは戦争中とは判断できないと報道

 アメリカ軍、虐殺

 といった感じで報道

 アメリカ軍としても、アメリカ国家としても、それはマズイ

 何としても、現場責任者であるサミュエルの罪としたい

それで軍事裁判が始まる

 アメリカ軍が、サミュエルを訴える

 訴える側・高級官僚は、裁判に勝つために、裁判にとって重要な証拠であるビデオテープを燃やしてしまう

 その結果、サミュエルは、ほぼ確実に有罪というフンイキになる

そのサミュエルに、よれよれトミーが弁護することになる

よれよれトミーでだいじょうぶなのか

 やっぱりだめ・いやもしかして

 やっぱりだめ・というエピソードが続き、

 そして最後の法廷まではそれなりな感じな展開になってそれなりに楽しめた

 ただしタイトルと内容を合わせて考えるとアメリカ戦争広告的な感じは否めない
AD

チャーリーとチョコレート工場

テーマ:

去年観た映画だが、再びDVDで観た。


子どもが5人登場する。

そのキャラがありえないくらい明確に描写される。

1 食べ過ぎてかなり太っている子ども

 (常にチョコレートを食べている)

2 勝負(勝ち)にこだわり過ぎる子ども

 (トロフィーだらけの部屋)

3 モノを買い過ぎる子ども

 (父親は大金持ち。子どもから頼まれれば何でも買う)

4 ゲームやり過ぎで感情をなくしてしまったような子ども

 (対戦TVゲームをしつつ「死ね!」と連発)

5 チャーリー(主人公):上と全く対照的なやさしい子ども

 (幸運な招待状も、家族のためならいらないと言う)


で、いろいろあって彼らはチョコレート工場に入り、不思議な体験をする。

1 タベスギは、チョコレートの川に入っておぼれて渦にまきこまれてチューブに吸い込まれていく

2 カチスギは、味の消えないガムを食べ、鼻が紫になり、次第に全身におよび、そして巨大なボールになってころがっていく

3 カイスギは、クルミを割るリスをつかまえに彼らの作業場に入って、リスたちに襲われ、ダストシュートに捨てられる

4 ゲームヤリスギは、瞬間移動装置(巨大な電子レンジ的物体)に入って小人になり、その後ローラーでのばされる

5 チャーリーは、どこでもドア的などこでもエレベーターにのり、最後に「工場を君にあげよう」と言われる


悪い子たちがこらしめられ、よい子にはごほうびが与えられる
あぁ、なんという(最近の口ぐせでもある)

NHK教育番組的な展開


ところで、

1-4においては、わるがきがこらしめられる場面であるが、それぞれの場面の後、不思議な南国おやじ小人「ウンパルンパ」が何十人もでてきて、素晴らしく楽しいダンスを踊る

それらダンスシーンにおけるおもしろさが、再び観ようと思った理由です


工場案内人のジョニー・デップもなかなかよかった。

この人ほど映画によって変身できる人もいないんじゃないだろうか。

少なくとも自分が観てきた映画についていえば、そのように感じる。

最近では「パイレーツ・オブ・カリビアン」の海賊のジャック・スパロウと同じ役者なのだが、あらためて感じ入ってしまった。

けっこう陰のある役どころで、いろいろほどよい感じで他にもそれなりのエピソードがあったり、また別のテーマらしきものもそれなりにちらばめられてあったり、また何といってもコトバでは表現できない楽しい踊りもあったりしますので、見ていない方にもそれなりにおすすめです





ドリームガールズ

テーマ:

ドリームガールズ

このタイトルほどわかりやすいタイトルはないんじゃないか、という感じだが

映画の内容もそうだった


主役は今をときめくビヨンセ

現代の歌姫といっていいと思います
ビヨンセはビヨンセでした

よいです

素晴らしいのは、脇役

ジャイアンの妹のジャイ子のような脇役が素晴らしかった


ジャイコは3人組の看板娘

理由は単純、歌がうまい

というか、かなりすごい、ので、

3人組はデビューが決定

しかしプロデューサーはチーム編成を変えることを条件にする

ビヨンセをトップにし、ジャイコをバックにすることをデビューの条件とする

どうするジャイコ?

もちろんジャイコはジャイコだから怒る

そういうキャラは一貫しているのである

ところでこの映画はミュージカルである

というわけでジャイコの怒りは歌で表現される

なまなましい

「あたしがブスだから、あたしをバックにするの?

 あたしの気持ちはどうなるの?」

などと歌うのだが、歌として、それ以上に表現として素晴らしく、感動した


「感動した」というのは、

もちろん自分にも辛いときがあることと、

またそうしたとき、その辛さをそこまで歌で表現できるのか・といった感動です

妙なもので、「辛さよむしろありがとう」といえるほどの、また、観点が反転してしまうほどの気持ちよさを感じました

簡単にいえば、辛いときはその気持ちを歌にしてすっきりしよう・歌にできないときはカラオケですっきりしよう・みたいな感じです。


さて、さらにジャイコに追い討ちをかけるように、

「お前は自己中、出て行け~」

と歌われる

 まぁ実際それもそうか的な流れもあるが、

 そこまで否定しなくても・という感じで、

恋人から、友達から、グループ仲間から、悪夢のように否定ソングを熱唱される

 見方は一人もいない

 ほとんどイジメである

しかしジャイコは負けずに歌い返す

さすがジャイコ

このやりとりの迫力が、この映画の重要なところだったように感じた

というわけで私はジャイコを応援することになる


映画はまだまだ続いていく

展開はけっこう王道ですがメリハリがあってそれ以上に、

出演者全てのパフォーマンス(歌)が素晴らしいものでした 


もちろん、ジャイコはジャイコでなくなっていきます

ステージもの、音楽ものが好きな人にはかなり感動できるのではないでしょうか

墨攻

テーマ:

20万人もの敵に一人で挑む


それは本当か?

と思いながら観にいったがそうでもなかった


あるヤクザ組長さんに主人公がスカウトされる

「わが組は倒産しそうなのだ

 ライバル組が近々全面戦争をしかけてくるのだ

 敵はわれわれの50倍の数だ

 そこで君に何とかしてもらいたい」


無理なハナシである

 そんな義理はないし、報酬もない

 できるわけがない

が、主人公は何とかしてしまう

その、何とかしてしまうまでにどのようなことをやってくれるのか、といったところがこの映画のウリかと思っていたがそうでもなかった


この映画のウリは、後半である

新しい敵が出現する


この敵が真の敵ともいうべきもので、実ににくたらしい感じのパフォーマンスでよかった

そしてそのにくたらしさが、主人公の正義感をよりいっそう強めていたようだ


映画館はほぼ満席

平均年齢は50歳以上だったのも見終えてから納得するような、直球ストレート系の映画でした

 

ディパーテッド

テーマ:
やくざが大量に麻薬を手に入れる

やくざは街の若者に麻薬を高く売りさばく

それを繰り返し、やくざ組織はパワーアップする


もちろん、警察はやくざ組織を壊滅させたいと考える

あやしいものを逮捕する

しかしなかなかうまくいかない

組長を逮捕しないとやくざ組織は壊滅できない

トカゲのしっぽと同じで、いくら逮捕しても本体はいたまない

というわけで、麻薬取引の場面をおさえ、全員逮捕したい

そのためには、いつ・どこで取引があるのかを把握する必要がある

考えた末、スパイを送りこむことになった


そのスパイ役が、ディカプリオ

大変な苦労の末、やくさ組織の中にスパイとして潜入することに成功した


しかし、やくざ組織の中にスパイが入ったことが、組長にばれた


ところで組長は、親分として大勢の部下をどなりつけ、美女と豪遊し、警察に軽口をたたき、まさに人生を謳歌する、という感じで描かれる(それだけに、後になって、親分の本音ともとれることばが強調されるように感じた)


組長役の、ジャックニコルソンは、化け物のような顔をして、スパイ・ディカプリオに、次のようなことを言った(ような気がする)

 おれは、金も、権力も、なくなったところでそれほど気にしない

 しかし裏切り者は、許さない

 必ず殺す

 

ディカプリオには「スパイ」であるが、そのことばは警察側にとってのものであり

敵側・やくざ側にとっては「裏切り者」である

意味が180度変わる

そのようなわけで、観客としては、裏切りがばれるのが先か・組長の逮捕が先か・という心持ちになっていった


が、そのどちらかで終わり・ということにはならず、


幕切れは

恐ろしくて やがて悲しき やくざかな といった感じになり


映画館を出た後、

「スパイ」よりも、「裏切り」への悲しさについて

前半における組長の、本音ともとれる、せりふが思い出される


信用できない者が多すぎる


その後、組長としての豪快なシーンが続く


ところでまた、次のことも連想された

江戸幕府が250年以上も長く続いた理由の一つとして、スパイ制度の、精度の高さがある

幸せのちから

テーマ:

メン・イン・ブラックで有名なあのウィル・スミスが素晴らしいと感じました


ラストシーンにおいて、とても激しく感動している人がいました

今まで映画館で映画を見てきて、これほど感動している人は初めて、というほどのものでした

どんな場面かというと、

大変な苦労の末、就職試験に合格した場面です

自分もそこそこ感動しました


感動する理由は、他の人もそうかと思うのですが、

自分も、就職試験に合格するまでに、大変な苦労をしてきて、それで、その主人公に感情移入できたからではないかと思います

就職試験に合格できるまでの苦労について、より明確に感じられたのは、村上春樹の小説がきっかけです

 例えば、想像である人を悪くとらえ、しかも、それについて断定的になり、その結果、もちろんさらに悪い状況になる、という感じの苦労です。臨時採用職でいたかつての自分はそうだったと思い当たることがありました。今と違い、バブルな時代で周囲の同輩後輩がどんどん合格していくことも大きかったかもしれません)


それはさておき

映画もラスト近くになり、BGMに「明日に架ける橋」が流れてきて、自分はそれで、けっこう、はまりました。

「明日に架ける橋」は、自分にとって特別な曲の一つです

自分にとっては、5曲1セットになっています。

1 サウンド・オブ・サイレンス

2 水曜の朝、午前3時

3 アメリカ

4 ボクサー

5 明日に架ける橋


続く

敬愛なるベートーヴェン

テーマ:

ベートーヴェンの第九交響曲が好きなので観ました


で、期待通り、第九には感動した


ところで、ベートーヴェン本人の描かれ方だは、

「不潔で気難しい自信家」だった

実際どうだったのか、他の人の感想を知りたいと思い、

いろいろと読んでみた


怒っている人がいる


中には、本当に、心の底から怒っている人がいた

なぜかというと、その理由がいろいろ書かれてあるが、

ポイントは、3点のようだ

・その人にとってのベートーヴェンは、極めて偉大な人間である

・その人にとってのベートーヴェンのイメージは、明確に限定されている

・そのイメージと、映画のイメージは、悪い意味で、非常にずれている


10年以上前にもなることを思い出した

ある生徒を怒らせてしまったことがある

それと少し似た感じがした

その生徒にとっては、心の底から尊敬する人がいた


「神」である


続く


沢尻エリカ

テーマ:

「手紙」という映画を観た


主人公は、何をやっても、そのいきつく結果として、失敗感、さらに、宿命感を感じる

それが二度三度と繰り返され、しかもそのひどさが増していく

そのひどさの展開に、いかにもありそうなだなぁというリアリティを感じた


ちょっとした不運が重なりつづけ、老婦人を殺してしまう兄、それが職場でばれてクビになり、近所の人にばれて追い出される、めげずにがんばる、といったような不幸がらせん状にエスカレートしていく

というわけでどんどん暗いトーンになっていく

(しかし観ていて疲れないのだが、その理由は、ユミコ(沢尻エリカ)という若い女性から何度か好意を伝えられることと、お笑い芸人になりたいという夢をもっていて、その具体的な練習シーンやらステージやらがあることのようだ)


後半の山場において、

「差別のない社会は、ないよ」

というキーワードがあるのだが、そのことばを表現するために、前半の暗い出来事があるようだ


しかしその暗さのために、その山場において、主人公の、そのとき忘れ去られていたようなよさ(よい行い)に向けられたユミコの心遣いのあたたかさに深く感じ入った

また、「手紙のもつ力」に感じ入った

この場面において、人の、まごごろに強く感じ入らせるツールとして、「手紙」が非常に効果的に使われている

話はそれるが、本人のいないところで話すことばや書き記すことばは、よくも悪くも、逆に効果や意味は強いものだとふと思う


さてユミコを演じる沢尻エリカについて

「パッチギ」という映画でもそうだが、素晴らしい女優だと感じた

どちらの映画においても演技も素晴らしい

しかし、その役回りが、その役者に合ったものかどうか・というと、「パッチギ」の方は、衣装もあるかもしれないが、はるかになじんでいたように感じた


一方「手紙」を観ている間は、沢尻さんについては、「その役回り」がずっと頭のすみにひっかかり続け(ずばりいうと、「他の女優さんの方がよくないか」といった感じ)、そのため、映画に集中しにくい

その理由は、その役回りが、「好きな男性(主人公)にいくらひどくあしらわれても、いくら振られても、裏でも表でも、何度でも、力強く、主人公に心からの愛情を注ぎつつける」ものであり、

しかもそこまで主人公に好意を示す理由がほとんど説明されないのだが、映画においてそうした役回りをするには、ルックスがよすぎるようだ・ということになる

ということもあり、また、小説自体高く評価されていること(原作を書いたのは東野圭吾:おもしろい作品が多い)あり、まだ観ていない人には映画より小説をすすめたい映画でした