1-6

奥の部屋  182×183cm


上川君「すみません」

恐竜男「何だい」

上川君「どうすればよいでしょう」

恐竜男「北の部屋に行って着ぐるみを着てもらえるかな」

上川君「わかりました」


AD

1-5

リラックスルーム  182×183cm


マッサージ師「ルール破っちゃだめだよね」

上川君「すみません」

マッサージ師「悪いけど、きまりだから、奥の部屋に行って」

上川君「はい」

マッサージ師「で、恐竜男の指示に従って」

上川君「はい」

AD

1-13

娯楽室2    182×183cm


ゲスト(女性)「ゲストさん、今度の貝男はミミズ男と格闘させてみたらどうかしら」

ゲスト(男性)「ふむふむ。それはいいかもしれない。支配人に聞いてくるよ」

AD

1-15

格闘コーナー2  184×184cm


「貝男がかわいそう」と、中川さんは貝男の代わりに布をまとい、現れたミミズ男(兄)に立ち向かいました。

中川さんとミミズ男(兄)の格闘が始まりました。

格闘の場から落ちた貝男は上川君に戻り、中川さんにすまないと思いつつ、逃げ去りました。

この出来事が、のちに上川君を悩ませることになるのでした。