太陽と木星が重なる日⭐︎

テーマ:
今日は、一年に一度の太陽と木星が重なる日です。

本当はこんな生き方をしたいという未来の希望を表す太陽に、それを叶える幸運と発展をもたらしてくれる大黒さまの様に福々しい木星は、

ほぼ一年に一度、ホロスコープの同じ位置に重なって、

太陽に、ゆめを叶える力を注ぎ込んで行ってくれます。

ちょうど年に一度のガソリンスタンドのように、
人生が明るい方へ進めるように、幸せが膨らむように、

私たちを守ったり、助けたり、思いがけない所から訪れる幸運の力の贈り物を手渡していってくれる日です。



占星術では木星の発展力はとても大きく、
人生を表す太陽よりもずっと大きいからこそ、
人生を変えるくらいの大きな幸運の力をもたらしてくれます。


これから、どんな未来になったら私は幸せだと思えるかな?
そんな未来の夢を描いて見ると、そこに向かってエネルギーが躍動し始めます。


木星は細かいことは言わずに、気前よく幸運を授けてくれます。

今日は心を思いきり開いて、
幸運のエネルギーをしっかりと充電しましょう。



幸運を受けとる時にも器が必要です。
幸運の器は胸の中心のちょっと奥の方にあります。


胸がじーんとなるような、ふと涙ぐんでしまう様な、
私だけの、本当の幸せを見分けることのできる心のセンサー。

今日はそうした胸の奥が真実だと確信できる、純度の高い真の幸運の力を、
胸一杯に受け止められる一日です。

他の誰でもない、嘘偽りのない私の幸せを、
爽やかで透明な秋の空に問いかけてみたいと思います。


木星が表す色は、濃くて明るいブルーと、ラベンダー色のような青紫色。数字は3。
鉱物ではラピスラズリやスギライト、

また、豊穣を表す木の実や麦の穂、稲妻や四つ葉のクローバー、ハチミツや外国のコインなどのモチーフが、木星の力とのつながりを強く結んでくれます。

{96522235-A8E4-44E0-96BB-2C98042D33E1}

{EEF91560-B4EA-43C0-B7E5-56F70F4BF5FB}

{F67230DA-540B-4770-A6BB-792541FDB7C1}





AD

牡羊座の満月

テーマ:
今日はおひつじ座の満月です。
おひつじ座は魂に一番近いサインです。

一年に一度の牡羊座の満月は、
自分にうそをつかない生き方の道を示してくれます。


魂に嘘をつかない生き方をしたい、
生まれ変わって新しい可能性を見つけたい、変わりたい、先に進みたいという思いが高まってきます。


今回の満月のサビアンシンボルは、「成功しなかった社会的抗議を示す不発弾」という言葉が当てられています

変えようと思ったけれど不発??
今はそれで良いと今日の月は教えてくれています。

月にに対する太陽はてんびん座の12度、
サビアンシンボルは「シャボン玉を膨らませるこどもたち」です。


新しい可能性が、たくさんのシャボン玉を吹くようにいくつも生まれてきます。
これもできるかもしない、こんなこともやってみたい、

楽しくて心が沸き立つような思いが次々と浮かんできます。

今はそうした夢に思いきりひたって、未来のビジョンを膨らませるときです。




この時にイメージできたものは少し姿を変えるかも知れませんが、可能性のポケットにはいります。
そして、この時にイメージしなかったものは、未来の可能性から一旦消えます。

それなので、今は、
そんなのムリとか、できるわけないなどの、
現実的な方法や条件で否定しないで、

魂が本当に喜ぶ未来を心に描く方が良い時です。

今思い描いたイメージは、いつかサンタクロースが枕元にそっとプレゼントを置いてくれるように、いつの間にか目の前に現れています。


そのために、今日の満月はまだ変化の爆弾は不発にしたまま、
私たちが可能性のシャボン玉をたくさん膨らませるのを、
やさしく見守ってくれています。

今日は未来の可能性のリストに載せるものが選ばれる、とても大切なタイミングです。


この満月の影響は、次の新月の10月26日まで続きます。

透明な秋の風の中で、未来の夢を思いきり膨らませて見たいと思います。


そして、牡羊座の満月は、
月が12星座を一回りして、新しい旅立ちをする場所です。
この一年の間の出来事から生まれた喜びや悲しみ、怒りやときめき、

さまざまなものを癒す場所でもあります。
喜びやときめきにも癒しは必要です。

過去を背負って旅をするのは大変です。

過去を癒して、純粋な真っさらな魂になって、
また新たな月が12星座を旅して行きます。

{7B889FB3-B9FE-46B8-92E2-7EA9F711119D}

{47824CF3-E2A9-48FD-9466-72DB48F216F4}

{CA06E781-C23F-4133-886C-0B21EDD53122}


AD

愛情と悪意

テーマ:
愛情と悪意

愛情があっても、伝え方が間違がっていると、
そこに怒りや悲しみや、憎さが生まれます。

どんな親でも、根っこには愛情はある。

でも、愛情を伝える時、なんとなく無意識なのだと思います。

自分がされてきたことや、夫や両親や、
世間の常識の思惑をなんとなく感じ取って、
それに合わせた事を無意識にしてしまう。
自分が親からされたことを繰り返したり、
家系から受け継いだ気性や価値観をそのままむき出しにすることもあります。


でも、受け取る子どもの側は、
素直に愛情が欲しいのに愛情が伝わってこない。
親がそんな事をするのは「悪意」があるからと思ったりします。

親も根っこには愛情があるのに、それが伝わらないで、子どもに憎まれる、

本当に悲しいことだなと思いました。

そして、愛情の空箱から生きづらさを抱えて生きるのもとても大変なことだと思います。

でも本当はどこにも悪意はないし、
そもそも探しても意味のないことなのかも知れません。

池川先生は、
親も前の世代や世間の常識と言われて、間違っているのを知らなかっただけだから、

どこかで、あ、違ってたわと、気がついた人が連鎖を止めればいいだけ、

というお話しでした。

本当に簡単な事ですね、
寒くなって来たなと気付いたらエアコンを止めるとか、
暗くなって来たなと思ったら電気をつけるとか。

それくらいの感覚で行けばいいのですね。
池川先生がお話しされると、
とても不思議な深さがあって、
聞いているだけでじーんと心が癒されます。

{628816B8-64C6-417F-9E40-485979DC8117}






AD
「愛しているのに伝えられない」の連鎖

胎内記憶はまだ明確には科学では証明されていませんが、
赤ちゃんはお腹の中にいた時に聞こえたことや、お母さんの気持ちなどを知っていて、
理解したり記憶したりしているという事です。
これまでたくさんの出産に立ち会われた池川明先生のお話を聞きました。

さらに、お母さんのお腹に入る前の記憶を語る子もいます。

池川先生のお話しで、
ちょうど昭和39年前後に生まれた子供たちが、
15才前後になった頃から突然校内暴力や家庭内暴力が顕著になりだした。

その理由を考え続けたある時、
その頃生まれた子供たちの一部の母子手帳に、

子供は抱き癖がつくので、抱っこしないようにしましょうという文面か冊子がついていたようだという情報があったそうです。

母子手帳は国から配布されて、国が責任者となって書かれている文章が書いてあります。

その指導に、赤ちゃんは抱っこしてはだめと書いてあり、
たくさんの家庭で考え方の主流になりました。

赤ちゃんにとっても生まれてくるという体験は、とても大変なことです。
やっと生まれてきて、抱きしめてほしいと思っている時に、
新生児室でひとりぼっちにされてしまう。

やっと退院してお母さんと一緒にいられると思っても、赤ちゃんは抱っこしてはダメという教えがあって、

なかなか抱っこしてもらえない、

言葉では言えないけれど、人間不信になってとても傷ついているのではないか?

そして15才くらいになると、言葉にできない思いで暴れたくなるのでは?

それから、自分が嫌いという気持ちを持つ人たちがたくさんいるというお話しでした。

お母さんも家族も、生まれてきた赤ちゃんが憎いはずはないのに、

ある知識や方針、そして世間の圧力から、
愛情の表現方法を間違えてしまいます。

それがお母さんのお母さんも、という風に、
ずっと連鎖して行くというお話しでした。

{E9812554-761E-4AF3-BBB0-46FB5E02B3CE}




家系からの連鎖を止める
生き方が変わるとき
☆占星術☆

こうした負の連鎖が止まるのは、
気がついた人が止めれば良い、というお話しで、

連鎖が止まると、それまで苦しかったことが苦しくなくなって、
生きづらさも少しずつ解消されます。

それがいつ訪れるのか、
そしてそのことがどんな意味を持っているのか、
占星術からも読み解くことが出来ます。

占星術では生まれた時の星の配置と、
象徴的な時間の流れから内面の成長を見る部分、
そして環境とリンクしながら変化して行く運勢を見ていきます。

負の連鎖を断ち切って、生き方が変わる時、

大まかな例で言えば、
例えば出生の太陽に運行の天王星か土星が0度か180度になるとき。

この時にその人の生き方が変わることが1番多いと思います。

また、解放されるという意味では運行の木星の0度か180度などもあります。

太陽よりは影響は少なくなりますが、
癒しが訪れるという意味では、
出生の月や金星に運行の木星の0度か180度、

こだわっていた事に興味を失って切り替わるのは、
運行の天王星か土星が0度か180度に来た時です。

それから進行の太陽のサイン移動や、
実際の日食が出生図の関連した時、

また、本人の出生図とは別に、
運行の大きな星のサイン移動や、
特殊な配置から影響を受けることもあります。

今は、天王星は牡羊座を運行していますので、牡羊座や天秤座生まれの方には度数に応じた時期になんらかの転機が訪れます。

土星は射手座を運行中なので、
射手座や双子座生まれの方も、これからの生き方の方針を新しく見出す時です。

来年のお正月ころに、山羊座に移りますので、
そのテーマは山羊座、蟹座生まれの方に引き継がれます。


木星は今は天秤座です。天秤座と牡羊座生まれの方には、
自分が幸せになって過去を水に流せる時です。

今年の秋に木星は蠍座に移るので、
そのまま蠍座と牡牛座の方に流れて行きます。

心の変化と
星の持つ時の力を上手に合わせて、

幸せの大きな波に乗って行きたいと思います。



{08C66C1C-C6CF-4D7B-8A0A-7BA0C1724CF8}