【ストーリー】
視庁湾岸署管轄内で開催されている国際環境エネルギーサミットの会場で誘拐事件が起こる。数時間後には誘拐された被害者が射殺体で発見されるという事件が発生した。警察が押収した拳銃が使用されたと見られ、全ての捜査情報を文面にて管理官・鳥飼へ報告すること、所轄の捜査員には情報開示されないことが捜査会議にて発表される。異例と言える捜査方針が敷かれる中、第2の殺人事件が発生。さらに、今では湾岸署署長となった真下の息子が誘拐されるという第3の事件までも起こる。青島は疑念を抱きつつも事件解明に向け懸命に捜査するが……。


日本のエンタテインメント作品の代表例『踊る大捜査線』がシリーズの幕を降ろすことになりました。今回が本当のFINALらしく、この作品を観たいという観客が大勢劇場に押し寄せている。休日の早い時間の上映なのにスクリーンは満席状態。公開してから数カ月が経つのにこれは異例なことである。改めてこのシリーズの人気を再認識しました。

作品は青島の活躍を描く中で警察官僚の腐敗がクローズアップされています。今回は犯人逮捕劇というよりは警察内部と敵対する図式となっている。

この腐敗の度合いがひどいものであり、青島を辞職に追い込む警察官僚には腹立たしさを感じるはずだ。

それだけ各出演者のキャラクターが立っており、観客を引き込ませているのだろう。

各キャラクターの結末もちゃんと用意しており、これで終わるのはもったいないくらいだ。
ファイナルとタイトルにも入れているためこれで終わるだろうが、是非続編かスピンオフが作られるのなら作ってもらいたい。

AD

鍵泥棒のメソッド

テーマ:


二人が入れ替わった喜劇

【ストーリー】
銭湯に入ってきた金持ちそうな男が転倒する。偶然その場に居合わせた貧乏役者のうだつの上がらない桜井が様子を見ていると、男は頭を強打した影響で記憶を失っていた。桜井はちょっとした出来心から男のロッカーの鍵と自分の鍵をすり替える。案の定、自分を桜井だと思い込む男。しかし男の正体は誰も顔を見たことのない伝説の殺し屋・コンドウという者だった。コンドウに成り代わった桜井のもとに大金が絡む危険な仕事の依頼が舞い込み、桜井はやむなく引き受けてしまう。一方、自分は桜井だと思い込んでいるコンドウは一流の役者となることを目指して真面目に努力する。そんなひたむきな姿に胸を打たれた女性編集長の香苗は彼に求婚。三者三様の事情が複雑に絡み合う。


監督は『アフタースクール』で有名な内田けんじ監督。『アフタースクール』では秀逸な脚本を書いており、今回の作品でも脚本に期待していた作品です。

結果から言わせてもらえれば今回も笑って楽しませてくれた作品と言える。人生が入れ替わった桜井とコンドウ。そしてコンドウは記憶喪失状態。

お互いの生活は一変するがその生活に振り回される姿に笑わせてもらえる。

殺し屋と記憶喪失の役を見事に演じ分けた香川さんと殺し屋と売れない役者を演じた堺さんの演技は本当に観ていて素晴らしく、観客を映画の中へ引き込む魅力が満載でした。

『アフタースクール』然り、今回の作品も脚本が練りに練られており内田監督の脚本を書く力は素晴らしいと思う。

是非、凝りに凝ったストーリー展開を観たいときはおすすめできる一本です。


鍵泥棒のメソッド [DVD]/出演者不明
¥価格不明
Amazon.co.jp
AD