Just a Day ♦映画日記♦


歪んだ一族の歪んだ愛情。


【ストーリー】

汚職事件の告発記事を書いたため名誉棄損で敗訴したミカエル・プロムクヴィストは共同経営をしている雑誌「ミレニアム」を辞めざるおえないと頭を抱えていた。ある日、スウェーデン有数の財閥ヴァンゲルの元会長ヘンリック・ヴァンゲル老人から家族に関する執筆の依頼が舞い込む。しかしそれは表向きで、本当の目的は40年前に起きた姪のハリエット失踪事件の真相究明だった。40年前に一族が住む孤島から突然消えた少女ハリエット。ヴァンゲルは彼女が一族の誰かに殺害されたと信じていた。依頼を受けて調査を開始したミカエルは、成功の裏に隠された過去があることを知るが手がかりを掴めずにいた。そこで一族の弁護士から天才ハッカーのリスベット・サランデルを紹介される。彼女は小柄でガリガリに痩せており、肩口から背中にかけてドラゴンのタトゥーが彫られていた。そして二人はハリエットが残していたメモは聖書に関係しており、未解決の連続猟奇殺人事件との関連を突き止めるのだが・・・。



全世界で大ベストセラーとなった小説「ミレニアム」シリーズの映画化です。この小説は三部作になっており、この映画も続編の製作が決定されています。「誰がハリエットを殺したのか」というナレーションと謎めいた演出のTVスポットの効果もあってか劇場は満席でした。皆さん、サスペンスが好きなんですかね。


実はこのハリウッド版ドラゴンタトゥーの女以前にスウェーデン・デンマーク・ドイツで映画化された3部作があります。それも世界ではヒットしたんですが日本だとあまり良い結果は残せませんでした。スウェーデン版を観ていないのであまり適当なことは言えないのですが、ハリウッド版だと順調なランキングになるのは実に日本人らしいなと感じます。もちろん宣伝展開・予算の違いや俳優女優の魅力の違いなどあるためこの様な結果になるのも妥当な気もします。


映画の内容はかなりスリリングな展開が待ち受けている。更に魅力的な登場人物たちがこの映画を盛り上げています。特にリスベット役の彼女の魅力にはまる人が続出するのではないだろうか。やはりどのような登場人物もキャラクター付がしっかりしているとより魅力が増しますね。


これはサスペンス映画のため謎解きの面白味もありますが、結構グロい演出もあるため受け付けない人もいるかもしれません。ですが、この映画の世界観でそれがなかったらつまらないでしょう。


「誰がハリエットを殺したのか」


皆さんも主人公のミカエルと一緒に謎解きに挑戦してみてください。

断然お勧めの一本です。


ドラゴン・タトゥーの女 (ダニエル・クレイグ、ルーニー・マーラ主演) [DVD]/出演者不明
¥3,990
Amazon.co.jp

AD

逆転裁判

テーマ:


Just a Day ♦映画日記♦


裁判には人間ドラマがあるからこそ面白い。


【ストーリー】

未来の日本では凶悪犯罪の増加に対応して新たな司法システム“序審裁判”を導入した。序審裁判とは弁護士と検事の直接対決で、わずか3日で判決を下す制度である。ある日、新米弁護士・成歩堂龍一の優秀な上司・綾里千尋が、ある事件に関する新たな証拠を見つけたというメッセージを残して事務所で何者かに殺される。逮捕されたのは千尋の妹で霊媒師の卵・綾里真宵だった。成歩堂は真宵の無実を信じ、弁護を引き受けることにする。法廷では天才検事と評判の幼なじみの御剣怜侍と対決するのだが、二人は多くの証言の矛盾に気づき、綾里真宵の無実は証明される。だがその裁判の後に御剣が殺人容疑で逮捕される。成歩堂は自ら御剣の弁護を名乗り出るが40年間無敗を誇る検事・狩魔豪と法廷で争うことになる。審理を重ねていくうちに、15年前、御剣の父・御剣信弁護士が裁判所の証拠品倉庫で射殺された「DL6号事件」という事件が深く関わってくる・・・。



SEGAのゲーム「逆転裁判」の映画化です。これまでゲームの映画化での成功事例はあまり聞いたことがないのですが、この作品は成功と言えるでしょう。


ゲームをプレイしたことがないのでゲームの内容と今回の映画が一致しているのかはわかりません。


ただ今回の映画は日本の街並みは今の日本とあまり変わらないが科学技術が発達した日本、だけど幽霊を信じている人たちという何とも不思議な世界観。きっとゲームの世界観を忠実に再現した登場人物の衣装やセットは間違いなく観客を不思議な未来の日本へ連れて行ってくれます。


ストーリーの展開も二転三転しており、予想外の結末はきっと楽しませてくれるでしょう。タイトル通り「逆転裁判」です!!




AD


Just a Day ♦映画日記♦


破滅に向かう血にまみれた黎明期。


【ストーリー】

長大な剣を振るう屈強な剣士ガッツは、ある日、傭兵集団「鷹の団」を率いるグリフィスと出会う。グリフィスはガッツを気に入り、入団するよう勧めるがガッツは拒む。入団を賭けた剣でのサシの決闘に負けたガッツは渋々「鷹の団」に入ることになる。これまで独りで戦場を戦っていたガッツは数年後、鷹の団の仲間たちと数々の激戦を潜り抜けることで固い絆で結ばれてゆく。だがある日、ガッツはグリフィスの夢に従うのではなく、対等な友となるためグリフィスのもとを離れていくことを決意する。



長期連載中のダークファンタジー作品「ベルセルク」の映画化三部作の第一弾です。


原作を読んでいる方はご存じだとは思いますが、この漫画は戦場が主な舞台なため血が飛び交うシーンが多々あります。映画化を聞いた際はどこまでそれを再現するのだろうかと気になっていましたが、きっちりと原作通りでした。また映画のすべてが原作と全く同じなため原作ファンは抵抗がないと思います。


映画としての遊びがないのも残念かもしれませんが、まだ第一作目のためそこは今後に期待です。中世ヨーロッパを彷彿とさせる世界観でのアクションは大変力強く、観客を興奮させるのではないでしょうか。


「鷹の団」の繁栄期である第一作目。原作を知っていると今後は衰退してく悲しく血みどろな展開が待っているのために新鮮な気持ちでの映画の楽しみは減るかもしれません。ですが原作を知っている人にとっては漫画ではなく動くキャラクターたちを楽しめるのは間違いないでしょう。


原作を知らない人はきっと驚きの展開でシリーズを楽しめると思います。


ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵 [DVD]/出演者不明

¥5,040

Amazon.co.jp


AD

ペントハウス

テーマ:


Just a Day ♦映画日記♦


上流社会のクソ野郎は落ちぶれろ!!


【ストーリー】

ニューヨークにそびえる65階建ての超高級マンションがある。そのマンションの管理マネージャーのジョシュ・コヴァックスは最上級のサービスを取り仕切っている。ある日、ペントハウスに暮らすウォール街の大富豪アーサー・ショウが誘拐される現場を見たジョシュはショウを助けに向かう。しかしショウは証券詐欺罪でFBIに逮捕されたのだった。ジョシュはショウにザ・タワーの使用人の年金運用をお願いしていたが、そのお金をショウは私的流用していた。年金だけでなく全財産をショウに巻き上げられたレスターは、ショックのあまり自殺を図る。ショウはペントハウスでの自宅監禁を条件で保釈品を払い、ペントハウスに戻ってくる。ジョシュはショウのもとに乗り込み怒りから車などを破壊する。この事でクビになったジョシュだったが、FBI捜査官クレアからショウが逃亡資金として用意していたはずの隠し金20億円が見つからないという情報を得る。ペントハウスの壁に埋め込まれた金庫に金があると睨んだジョシュは使用人たちとそのお金を盗もうと計画を立てる。


泥棒モノの痛快な映画です。泥棒としては素人の登場人物たちが自分たちが熟知しているマンションの構造を利用して盗むのが面白い。


ベン・スティラーやエディー・マーフィーといったコメディ映画俳優が出演しているだけあって掛け合いの調子がかなり良い!勧善懲悪のいかにもアメリカのコメディ映画といった内容です。


アメリカでは投資家ばかりが潤い、貧富の格差が拡大している昨今。きっとこの映画もその背景があったからこそ一般市民が活躍して投資家が大損をするといった内容の映画を製作したんだと思います。


このことは日本にも当てはまるのでもしかしたらこの映画を観てスッキリするといった人がいるのかもしれない。