新たなコンビ誕生。挑むは難解な黒魔術事件。

【ストーリー】
1891年のロンドン。名探偵シャーロック・ホームズは、相棒のジョン・ワトソンはある夜、とある家に侵入する。これまでに女性が多数惨殺された事件を追っていたためである。家の地下には怪しげな儀式を行っている人物が一人。生贄の女性を救出した際に犯人として捕まえたのはブラックウッド卿であった。彼は貴族でありながら秘密結社を結成し、魔術でイングランドを手中に収めようと企んでいた。ホームズに捕まり、絞首刑で死刑になったはずのブラックウッド卿は復活を遂げて蘇ったという話がホームズに届く。ホームズとワトソンは改めてブラックウッド卿を追うのであった。


これまでシャーロック・ホームズはきっと全員が同じイメージをしているはずだ。知的で頭脳明晰の紳士―幾度となく冷静な頭脳で犯行を暴き、犯人を追いつめる。それが彼に対するイメージだろう。

だが今回のガイ・リッチ―版シャーロック・ホームズは違う。得意の変装で人を欺き、時として格闘で相手を倒す。紳士とはかけ離れており、家の中で発砲、飼い犬に薬を与えて仮死状態にもする。ましては人に対しては皮肉たっぷりに話す時もある。

まさに新しいシャーロック・ホームズの誕生だ。

だがこのホームズが気に入らなという人はいないだろう。あまりにも頭脳明晰で近寄りがたい雰囲気があったホームズが今回はとても人間味あふれる人物となっている。相棒のワトソンとの掛け合いも程よいテンポが魅力だ。

「スナッチ」のガイ・リッチー監督ということであり、映像の面白さがこの映画の魅力でもある。スロー映像の多用とカット数が多い映像は迫力もあり、斬新な映像となっている。この映像もシャーロック・ホームズの世界観を上手く作っているのだろう。

今回の結末は第2作を作ることを前提とした終わりとなっており、次回作が非常に楽しみだ。

是非、新しいホームズとワトソンの事件を楽しんでもらいたい。
シャーロック・ホームズ [DVD]/ロバート・ダウニーJr.,ジュード・ロウ,レイチェル・マクアダムス
¥1,500
Amazon.co.jp
AD


奪うのは信じる心。信じる者が馬鹿なのか?


【ストーリー】
女子大生・神崎直は巨額のマネーを賭けて騙し合う謎のゲーム“ライアーゲーム”に巻き込まれた。彼女は天才詐欺師・秋山深一の力もあり、次々と難題をクリアして決勝戦に残る。ふたりが挑むファイナルステージ名は「エデンの園ゲーム」。これは失われた楽園を意味する禁断のゲームだ。1回の勝負で動く金額は最低でも1億円。優勝賞金は最低50億。プレイヤー全員が信頼し合い、協力すれば、参加者11名全員でゲームに勝つことができる。だが、優勝賞金を求めるプレイヤーは騙し合いの醜い争いになる。頭脳戦で勝利するのはいったい誰か・・・。


騙し騙される緻密な頭脳戦!!原作は週刊ヤングジャンプに連載中の「LAIER GAME」。今回のゲームを考えたのは原作者なのだろうか。それとも脚本家か。どちらにしてもこのゲームはよく作ったなと唸らせる出来前であることは間違いない!!

このゲームは「信じる」という事がキーだ。これがプレイヤーに試される。全員がお互いを信じ合って協力すれば一人13億は確実に手に入る。だが優勝賞金は50億円・・・裏切れば途方もない金額を一気に独り占めで手に入れることもできる。そして勝者もいれば敗者もいる。ゲームのある条件を満たせば10億の借金を背負うことにもなる。

最終ゲーム「エデンの園ゲーム」に残った11名はこれまで騙し合ってのし上がってきた猛者ばかり。当然50億円を目指して裏切りが出てくる・・・。一度裏切れば止まらない。疑心暗鬼に陥ったプレイヤーは知力の限りを尽くして騙し合いを始め出す。

この騙し合いがこの映画の実に面白いところ。演出上、映像に映らない裏のやり取りもあるため全ての騙し合いを映画を観ながら見破ることは出来ないが騙された方も気づかない展開は常に予想を裏切り、観客を驚かしてくれる。

映画のテーマは「信用」という点であろう。そして観客も自分の「人を信じる」という人間関係で大切な部分を試されるのではないだろうか。例えば観客が映画に感情移入してプレイヤーの一人の行動を予想する。だが果たしてそれは正しい選択なのだろうか?

このゲームがもし仮に現実にあるとしたら誰もを疑ってしまう相当えげつないゲームになるだろう。あなたは勝てる自信はありますか?

私はこのゲームをやりたくない。
ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ スタンダード・エディション [DVD]/戸田恵梨香,松田翔太,田辺誠一
¥3,990
Amazon.co.jp
AD