(500)日のサマー

テーマ:
 

恋をして知った500日の僕

【ストーリー】
グリーティングカードの会社に勤めるライター、トム・ハンセンが会社のボスが新しいアシスタントとしてサマーを紹介した。それがサマーとの1日目。運命の恋を信じるトムは一目で恋に落ちた。4日目。エレベーターの中でトムのヘッドフォンから漏れる音がきっかけでサマーと次第に会話を交わすようになる。28日目。カラオケパーティの席で、トムはサマーに恋人がいないことを知るが、彼女は愛を全く信じていなかった。しかし、サマーは「友達になって」とトムにキスをする。34日目。二人は一緒にIKEAへ行き、展示されているソファに並んで腰かけたり、ベッドに寝そべったりして新婚夫婦ごっこを楽しんだ。「真剣につきあう気はない」と言うサマーに、トムは「気楽な関係でいい」と答える。二人の関係が始まった。


運命の恋を信じるトムと愛は絵空事と思っているサマーの500日間。決して甘いラブストーリームービーではない。むしろ女に振り回される男の心情を描いた映画だ。

この映画は実に男にとって「わかる!」と言いたくなるような要素がいっぱい入っている。急に不機嫌になる彼女、あっさりと恋愛関係が終わる彼女等、実にその振り回され具合が滑稽でもあり、現実味がある。

「俺だったらヒロインは選ばない」や女性なら「ヒロインの気持ちがわかる」等、鑑賞後は会話が盛り上がると思う。

サマーに振り回されて決着が着くのが500日目。そこから新たなスタートを切るトムから教えられるのは偶然が運命であり、運命を運命として手に入れるためには行動が大切だということ。

運命を信じますか?個人的にはあまり運命は信じませんが行動は大事だと思っている。

恋愛で改めてスタートを切りたい時や行動力が試されるときに観てほしい一本だ。

(500)日のサマー [DVD]/ジョセフ・ゴードン=レヴィット,ズーイー・デシャネル,ジェフリー・エアンド
¥1,490
Amazon.co.jp
AD