インスタント沼

テーマ:
 

水道の蛇口を全開で自分を洗い流そう!!

【ストーリー】
出版社で編集長を勤めている沈丁花ハナメは担当している雑誌が休刊になった機会に会社を退社する。全てをリセットして人生をやり直すために家財道具一切を処分する。そんな折に彼女の母親が河童を捕まえるために池に落ちて意識不明になる。偶然、同じ池から発見されたポストには母親が「沈丁花ノブロウ」という人物へ宛てた手紙が入っており、母親の事故を調べている刑事からその手紙を渡される。その手紙の内容を観てハナメは驚愕する。「沈丁花ノブロウ」が父親の可能性があるのだ。真相を確かめるために「沈丁花ノブロウ」を見つけ出すが見事なほどのいい加減なおっさんだった。裕福な人物を想像していたハナメはもう会わないと決めていたが、彼が営む骨董屋にケータイを忘れたのを思い出して受け取りに行く。ケータイを受け取り、会話をしていく中で次第に二人は仲良くなっていく。


ドラマ「時効警察」の監督でもある三木聡監督作品です。時効警察や他三木監督作品の特徴である緩い雰囲気、映像を活かした笑いなど、三木さん作品の要素がこの作品でも豊富に入っています。

決してかしこまらずに身をそのまま映画に任せれば笑いの世界に入っていけます。そして観終わった後にはスッキリとした晴れた気分になるでしょう。

この作品は本当に細かい笑いが多い。何故こんなにもちっちゃな日常の出来事を笑いに繋げられるのかは本当に不思議だ。きっと監督の日常の洞察力や何気ない出来事を丁寧に観察しているからだろう。

また三木監督作品の常連でもある麻生久美子の演技もよい。シリアスからコメディまでこなせる彼女の演技力は本当に魅力的だ。今回はシリアスなしのコメディばかりの演技だが観ているこっちが明るくなる演技を見せてくれている。

落ち込んだ時に観るときっと世の中何とかなるし、クヨクヨするのを止めようと思わせてくれる1本だ。自分の気分が上がらない時に観るのをお勧めする。


インスタント沼 ミラクル・エディション [DVD]/麻生久美子,風間杜夫,加瀬亮
¥4,935
Amazon.co.jp
AD