百万円と苦虫女

テーマ:
 

不器用な私は百万円で居場所を見つける。

【ストーリー】
就職に失敗した短大卒21歳の佐藤鈴子は仕方なくウェイトレスのアルバイトを続けていた。そんな彼女は友人からルームシェアの誘いを受ける。話に乗ったが、事件に巻き込まれて警察の厄介になってしまった。この一件で家族からの非難を受けた鈴子は「百万円貯まったら出て行きます!」と啖呵を切る。百万円を貯めるために新聞配達やビル清掃など数多くのアルバイトを掛け持ちして働く。やがて百万円の貯金を達成して鈴子は家を出て海辺の街に辿り着く。海の家アルバイトを始めて、ユウキという青年に何かあれば声を掛けられる。だが、貯金が百万円になると次の土地を目指して出て行く。彼女の行く先に落ち着く場所はあるのか。


この映画は女優・蒼井優の魅力が詰まった作品だ。不器用な等身大の女の子を演じている。思うように世の中を渡っていけない中で何とか自分の場所を探す彼女に共感する人は多いだろう。大学生頃の年齢の人は自分を重ね、年配者は今の若者について知る機会にもなる。そして同時に当時の自分を思い起こすのではないだろうか。

この作品は一人の女の子の成長物語。ラストの映像にこの映画のメッセージ性が詰まっているはずだ。この成長物語を観た後に自分はどうだろうと思えればこの作品を観た価値は十分にあるだろう。

蒼井優の演技の幅には常に驚かされる。落ち着いた女性が得意なイメージだがこの映画のようなちょっと粗削りな女性を演じても実に引き込まれる演技をする。

もし蒼井優の作品でお勧めを言われたらこの作品を押すことにする。大々的な公開はされなかったためこの作品の存在を知らな人がいるかもしれない。そのような人たちにこそこんなに良い作品があるんだよと伝えたい。

百万円と苦虫女 [DVD]/蒼井優,森山未來,ピエール瀧
¥4,935
Amazon.co.jp
AD