「クライングフィスト」


【ストーリー】

北京オリンピックで銀メダルに輝いたカン・テシク(チェ・ミンシク)。今では当時の輝きはなく、路上で「殴られ屋」をやって、日銭を稼いでいる。また、経営していた工場は家事で燃えるは、妻からは愛想をつかされるなどの辛い日々を過ごしている。追い討ちをかけるように妻の再婚話、借金のカタに取られるなど散々な出来事が起こるが、仲のよい店主に「ワケありの人生を送っているのはお前わけではない」と叱咤され、そのことが心に響く。その時にちょうど「新人王戦」のポスターを発見した。己の人生・誇りを賭けてトレーニングの日々を始める・・・。

ユ・サンファン(リュ・スンボム)は家族の愛を知らずに、喧嘩とカツアゲのすさんだ日々を過ごしている。とある喧嘩に巻き込まれたユ・サンファンは示談金が必要となり、老人を暴行するが、このことで刑務所行きとなる。その場所でボクシング部入りを進められてボクシングを始めた。ボクシングをなめていたサンファンは最初はボコボコにされてしまい、喧嘩とボクシングの違いに気付く。そんなときに建設現場の事故で父が死亡し、祖母は過労とショックのあまり倒れて孫の顔さえわからないようになってしまう。今までの家族の愛を知り、自分を悔いる様に「新人王戦」に出場することを決意し、過酷なトレーニングが始まった・・・。


2005年カンヌ国際映画祭 国際批評家連盟賞受賞作品です。本当にいい映画だと思います。二人の主人公が己の人生を賭けて、ボクシングで戦っていく!キャッチコピーは「過去と闘え、未来と闘え。」 まさにこのキャッチコピーのような映画ですね。映画は二人の主人公の人生を追っていく展開。物語が進み、最後の「新人王戦」で初めて二人の人生は交叉する。今までにこのような演出のボクシング映画はあっただろうかと唸り、二人の試合にかける想いを知っているからこそ、どちらも試合に勝って欲しいと思ってしまう。思わず手を握りこぶしを作ってしまう熱い内容!!心からよかったと思える映画です。自分も頑張ろう!!と思える作品でしょう。是非、見てみてください!!お勧めです。

AD

お知らせ 3

テーマ:

★お知らせ 3★


4月16日をもちまして・・・


ブログが1周年となりましたо(ж>▽<)y


長続きしない性格ですが、なんとか続けてこれました☆


このブログを楽しみにしてくれている方がいるかはいるのだろうか!?という疑問は残りつつも、これからもブログを更新していきます!!


今まで見てくれた方、これから見てくれる方、皆さんこれからもよろしくお願いします。

AD

連理の枝

テーマ:

「連理の枝」


【ストーリー】

これが私にとって生涯最後の恋になる・・・

若き青年実業家ミンス(チョ・ハンソン)は恋をゲームとしか思っていない男。そんな男がへウォン(チェ・ジウ)と雨の日に偶然出会う。ミンスはへウォンのことを気に入り、色々な手段で彼女に近づいていくが、へウォンはミンスの印象は悪かった。だが、ミンスと一緒に過ごすことでどんどんと彼に惹かれていく自分に気付く。楽しい日々を過ごしていたが、ミンスに経ウォンの秘密がばれてしまう。彼女は不治の病にかかっていた。お互いのことを気遣ってもう会わないことにするへウォン・・・それでも彼女を愛するミンス。二人の愛は連理の枝のように絡み合い溶け合う。


有名な「涙の女王」チェ・ジウの初主演の映画です。涙の女王が出演しているだけとあって王道かつ楽しめる映画となっていたと思います。内容は泣けると評判の映画とは思えないほどのコントの要素が詰まっていました。本当に泣きの映画なのか?と思うほどです。ですが、ラスト30分にギュッと泣ける韓国映画の要素が詰まっています。ほのぼのとした部分・そして泣けるための設定があるからこそ、ラストの部分でグッと来るんでしょう。劇場では泣いている女性の方が多かったです。実際、女性に向いている映画と思います。二人の愛に感動したい方、普段韓国映画に触れていない方などにはお勧めの映画でしょう。


※連理の枝とは二つの木の枝が絡まって1本つの樹になったことです。当然映画の中でも出てきて重要なファクターになっています。

AD