BMW2002 エアコン取付から旅立ち

テーマ:
梅雨真っ只中ですが、当社の周りではセミが鳴き始めました。

さて今日はBMW 2002 です。

{52AAA328-162C-4C60-91EE-474A564B32B9}

この車もご成約頂きまして整備してきました。
お客様にはかなりお待たせしてしまいましたが、本日無事にうちのお店から旅立っていきました。

この車とても綺麗な仕上がりでエンジンも内装もとても綺麗に作られています。

ではなぜ時間がかかったかと言いますと、A/C付きで販売していたからです。

実際には付いているわけではなく、当社にある汎用のエアコンキットを取り付けして販売ということだったのです。

そこでキットと車両をにらめっこします……

(´△`)ガーン!!コンプレッサー取り付け位置が物凄く狭い、コンデンサーの取り付けられるスペースがない。電動ファンも勿論……。

コンプレッサーはなんとかクランクプーリーが、最初からダブルだったのでそれを利用して...って言いますか、付ける場所はココってくらいに限られてました。ステーを作成して取り付けます。
ステーに溶接してテンショナーも作成します。

{8A4BFE35-B12B-489E-B702-0E7E124C3CF3}

次にリキッドタンクを取り付けていきます。

{BC9B7ED4-4B45-4A2E-BC93-4BA978E5737D}

本当に狭い^^;

さて次に問題なのがコンデンサーと、電動ファンの取り付け位置。

グリル以外に腹底や、側面、トランク内といろいろ考えてみましたが、どれもスペース的に難しいです。

と言うことで、コンデンサーぶった切って加工してもらいグリルの中に取り付けていきます。

{95C63FD9-7E2B-4637-9D77-1F753897D9D2}

このラジエターとグリルの僅かな隙間によく入ったものです。

最後に室内に吊り下げ式のユニット(エキパン)を取付け、ホースをオリジナルサイズに作成して取り付けていきます。
{0A6EAD77-E003-4E6B-ADD2-819E2D873C0F}


あとはガスを入れてバッチリ冷えました。

各部作成、加工がとにかく大変でお客様にはだいぶお待たせしてしまいご迷惑おかけして申し訳ありませんでしたが、バッチリな1台となりました。


AD