ハケンの品格

テーマ:
中島美嘉
見えない星

日本テレビで1月10日(水)22:00から始まった『ハケンの品格』 を観ました。


こんな素材、ドラマになるのか?と番宣では半信半疑でしたが、キャラの濃さがリアルすぎる素材をうまく料理していて、単純に面白かったです。スポンサーに派遣会社が2社くらいついていたのは、ご愛嬌ということで。


通称スーパー派遣、時給3,000円の大前春子(篠原涼子)が大手食品会社にやってきます。就業時間キッカリしか働かない。飲みに行くなどの付き合い、部署以外の仕事、一切しない、いわゆるコミュニケーション能力はない、など、扱いづらいがパソコンは速い、お茶はうまく入れる、とにかく仕事と割り切ってやることについては超優秀で、直接事務職と関係ない資格もたくさん持っているというキャラです。彼女が今時いるのかってくらい、古臭いタイプの隣の課の東海林主任(大泉洋)、仕事はいまいちっぽいが気が小さく優しい直接の上司・里中(小泉孝太郎)などと関わっていくというのが、初回の展開。


リアルな素材だけに実際は突っ込みどころ満載。大前春子のオフィスでの仕事の能力は、まあこういう人もいるわな、という感じですが、西村知美じゃあるまいし、そんなに資格(フォークリフトとか)をとる暇があるなら、もう少し自分を活かせる働き方があるでしょう。里中のような社員はいるだろうが、30歳そこそこで東海林のような社員(派遣にやきそばパンを買いに行かせたり)、あまりいないよな…とか。そもそも入社当時の正社員中心の家族主義的な会社を懐かしんで、派遣を毛嫌いしているような台詞が出てきたけど、30歳だとしたら長くて社歴10年くらい。その時代、既に派遣社員がうじゃうじゃいたと思いますが…。リストラだって始まっていたし、本人だって氷河期入社では?最初にデータ的なことを出していたわりには設定がやや甘め。


でもまあ、篠原涼子が今回は結構はまり役かも。というか、篠原涼子をあてて書かれているような気も。東海林役も少し古臭い匂いのする大泉洋だから許せる部分も大きい。あと、突っ込みどころに目を潰れるのは、展開が結構面白いから。設定の現実性とドラマらしい非現実性(いきなりフォークリフトに乗った主人公が現れるとか)のバランスもいい感じです。


最近日テレの水曜日のこの枠、好きなドラマが多いです。ドラマはフジテレビのように言われていますが、最近のフジテレビのドラマって、どうも印象が薄い。月9の『東京タワー』 もちょっとだけ観たけど、速水もこみちを主役したことからして、もう結構という感じだった。2話目からは観ないと思う。そもそも『東京タワー』、2時間ドラマだけの映像化で十分だと思います。この時も大泉洋、結構はまっていました。リリーフランキー役は、せいぜい大泉洋くらいでしょう(バカにしているわけではなく、はまり役だったし、そもそも大泉洋は良い役者さんだと思います)。映画化も要りません。二匹目、三匹目のドジョウを狙うほどの話ではないと感じるのは私だけでしょうか。

AD

14才の母

テーマ:

14sai


日本テレビで10月11日(水)22:00からスタートした、志田未来主演の「14才の母」 を観ました。


今クールに目立つ社会派ドラマの雄は、これでしょう。「女王の教室」 のある種の成功がもとになっているのでしょう。同じ子役を主演に、今度は14才で子どもを産むというテーマへの挑戦です。臭いものに蓋をするように耳障りのよいテーマのドラマが多い中、この勇気と挑戦は歓迎です。どのように描かれるのかは今後ですが、第1回目はごく普通の14才の中学生・未希(志田未来)が1才年上の智志(三浦春馬)との関係を持ち、妊娠の兆候があらわれるまでが描かれています。ここまでで判断すると、いまひとつ引かれるものはありません。未希と智志が不良に絡まれるのが二人の関係のきっかけというのも陳腐だし、そもそも関係を持った場所、あそこはどこ?という唐突感。未希の性格も、「女王の教室」の神田さんそのままで、あまり成長していません。子役の演技の幅に配慮したのでしょうが、そう考えると、杉田かおる (←古い)は天才だったのだな…と思います。


それはそうと志田未来は、同世代の演技派といわれる子のなかでは、非常に正統派イメージの子役だと思うのですが、逆にその子どもっぽさが特異で目立つということに驚きます。彼女の無邪気で、罪のなさそうな感じが、おそらく今後の展開の中で生きてくるのだと思います。


以下は直接ドラマとは関係ありませんが…。

それにしても「母になるということ」「母性」がこれほど大きなテーマになる現代社会を、歴史の中で予想したでしょうか。本来、子どもを産むという根源的なことに、これほど社会が悩み、また女性を悩ませる社会は、必ずしも健全とは言えません。もちろん例えば江戸時代、女が子どもを産まない、産めないということは、その女性個人にとっては今では想像もつかない苦悩だったでしょう。そういう意味では自由になった社会で、本当はもっと自由に母性を考えればよいのに、古い規範や女としての本能や社会の目に女たちは縛られているのです。


14才で子どもをつくらないに越したことはない。その共通認識には賛成です。でもできてしまった以上、安全に産み、そして母親の家族を含めて力を合わせて育てられるのであれば、何も中絶する必要はないと思います。学校には戻ればいいし、経済的に許すなら高校にも大学にも通えば良いのです。子どもを育てながら働く母親は多いのですから、まだ若い自分の両親の支援があれば子育ての傍ら学業を続けることはできるはずです。いずれ自分の両親が年老いた時、義務教育も終えていない自分では改めて働こうとしても社会はなかなか受け入れてくれません。


しかしそれには14才の母のその両親が精神的に成長した生活力、人間力のある大人でなければなりません。このドラマもそういった点も重要なテーマになっているような気がします。第1回で描かれていた両親(生瀬勝久・田中美佐子)は、必ずしも大人とはいえません。今の両親ってこんな感じだろうな、と思える両親です。子どもをあまり叱らない、自分自身にもまだまだ生臭さや自信のなさがある、普通の両親像です。ここにはとてもリアリティがありました。

AD

僕の歩く道

テーマ:

bokuno


フジテレビで10月10日(火)22:00からスタートした、草彅剛主演のドラマ「僕の歩く道」 を観ました。


今クールは社会派ドラマ目白押しです。軽薄な連ドラへの視聴者のマンネリ感がようやく製作者やテレビ局に伝わったのでしょうか。このドラマもある種これまでタレントが主演するようなテレビドラマではタブーだったテーマに果敢に取り組んでいます。私はそれだけでも十分に評価されることのように思います。


人はさまざまな事情や病気を抱えて生きているのに、語ることや表に出すことが悪いことのように目くじらを立てる、事なかれ主義のテレビ界、それが象徴する日本の社会のそうした側面は好きではありませんでした。でも最近ではようやく心の病や今回の自閉症のような誤解を招きやすいテーマにも取り組むようになりました。私は身内がそうした悩みを持っているので、こういうことに敏感ですが、まったく悪いこととは思いません。


このドラマも、まだ初回だけなので内容の評価はできませんが、語り口は悪くない。そして草彅さんの演技もなかなか良いと感じました。人気タレントがやると美しくまとまりすぎて現実感がないのですが、彼の場合、どうもそうならないのは役者としては良いことでしょう。ドラマでは草彅さん演じる自閉症の31歳の青年・大竹輝明が幼なじみの獣医の女性・都古(香里奈)の紹介で動物園に就職します。そこで起こるさまざまな出来事が核となり、今後周辺のドラマも描かれるということでしょう。今のところ、特別意地悪な人も、特別善人も出てこない。そういう意味ではリアリティもあるように思います。あえて言えば、都古の存在がドラマ的ファンタジーのように思います。この人の役なくしては物語は成立しないのですが、ちょっと演技が下手すぎると思うのは私だけでしょうか?


全体としては丁寧に作られていると思います。落ち着いて観られるドラマです。来週以降が楽しみです。

AD
藤井フミヤ, 佐橋佳幸
下北以上 原宿未満

前回書いた「サプリ」 と同様、一昔前のにおいがある作品だが、こちらは心地よいノスタルジー。下北沢という体温を感じる街を舞台に規定しているところからも、ドラマそのものに同じ温度を感じる。今も厳然とある街なのに、妙に懐かしさを感じる。

実はいま、下北沢には再開発の波が押し寄せている。ドラマのなかにそのことへのアンチテーゼも含まれているのだとしても、「サプリ」にあるCM文化への自画自賛的な裏ミッションより何倍も文学的で価値のあるもののような気がした。


『下北サンデーズ』  テレビ朝日 木曜21時00分~ 主演:上戸 彩


ストーリーは、夢を持たず、山梨の田舎から国立大学の理系学部に進学のために上京した里中ゆいか(上戸彩)が偶然出会った劇団、演劇とともに成長する青春群像劇、といったところか。ちなみにゆいかは千葉大学に進学。劇団員のなかには早稲田大学出身の女性もいたり、学歴コンプレックスを持っている劇団員がいるところはリアリティがある。小劇団という世界観を少しでも知っている人なら、確かに描かれ方は大げさだけれど、嘘っぽいというほどではなく、共感できるものがあると思う。


第1回目はありがちな設定と人物紹介で終わったが、なかなかみんなキャラがユニークで引き込まれる。ゆいかが上京早々で電車の乗り継ぎ時間の勘がなかったり、ちょっととんちんかんなのも、昔どこか地方から東京に出てきた経験のある人なら懐かしく思うかもしれない。


ゆいかは大学の入学時の余興(ゲリラライブ?)で観た「下北サンデーズ」の芝居に感激し、入団オーディションを受けるところまでが描かれていた(もちろん受かる)。


キーマンになりそうな佐々木蔵之介の役(座長)もおもしろそうだし、雰囲気のあるいい作品になりそうな予感がある。でもテレビドラマだから仕方がないけど、上戸彩がいちばんムリがあるかも。嫌いなタレントじゃないけど、ちょっと出すぎ。今回は髪を切ったりして、古きよき下北文化の雰囲気に合わせているみたいだけれど、そのあたりの真価が来週以降に出てくるかどうか?

ドラマ評-10【サプリ】

テーマ:
絢香
Real voice

典型的なトレンディドラマ、久々にきた!という感じ。

キャスティングもいかにもという感じで。ただ、最近映画を中心に硬派な役が多かった佐藤浩市に少し違和感あり。全体の軽々しさを締めるという意味では、良いキャスティングだと思うけれど…。

でも伊東美咲は不思議な存在。必ずしもセックスアピールがないという点では、ハセキョーと同じなのに、この人なら視聴率がとれるのか…。女性にも人気があるのが決め手なのかもしれない。私には理解できないが。


『サプリ』  フジテレビ 月曜21時00分~ 主演:伊東美咲/亀梨和也


ストーリーは、広告代理店でCMプランナーをする藤井ミナミ(伊東美咲)はワーカーホリック。ある日、同じ職場に上司である今岡(佐藤浩市)の知人の息子・石田勇也(亀梨和也)がバイトとして入ってくる。彼はミナミがゆりかもめで移動中にケータイを拾って、非常識な電話をかけてきたオトコの子だった。そのことに気づいたミナミは、あきれながらも少し気になる存在として意識する。

ミナミには忙しい中でも仕事で知り合った4年越しの恋人がいた。ところがミナミが忙しすぎてほとんど会えず結局ふられてしまう(←定番の展開)。


「サプリ」の意味は、一生懸命仕事をする女性にとって、気持ちのいい恋愛はサプリだということ。まあ、展開としては年下の石田との恋愛か…。


今時よくやったな、ってくらいのトレンディドラマ。キャスティングで最後まで引っ張るつもりか、今の時代を反映した意外性のある展開があるかは、2話以降のお楽しみといったところ。


でもあんな鬱陶しい女(ミナミ)、職場にいたら嫌われると思う。ドラマ中も悪口を言われているけど。

福耳, スキマスイッチ, 山崎将義, 杏子
惑星タイマー (初回限定盤)(DVD付)

TBS日曜21時枠、困った時の正和サマのホームコメディである。ここ何クールか視聴率がとれなかったに違いない。私も「行列のできる法律相談所」 を観ていたもの。日曜日の21時って、テレビを観ている率が高い時間帯だと思う。それだけに各局高視聴率番組をぶつけてくる。TBSは伝統的にドラマだけど、ちょっとでも面白ければそれなりの視聴率をとれる枠なのだと思う。

ところがハセキョー主演の月9の出来損ないみたいな作品だと、いくら甘い視聴者もちょっとつらいものがある。正和サマなら少々不出来でもいいかなっって感じもある。しかも今回はシナリオを「女王の教室」遊川和彦 さんが担当。期待が膨らむというもの。(ちなみに今までの田村正和ホームコメディシリーズも同じ脚本家です)

そしてつい今回もチャンネルを合わせてしまった。


『誰よりもママを愛す』  TBS 日曜21時00分~ 主演:田村正和


ストーリーは、弁護士のママ(伊藤蘭)を支え、主夫に徹するパパ(田村正和)の話。子女は長男(玉山鉄二)、長女(内田有紀)、ボク(長島弘宜)という豪華な家族。ボクの視点で物語が進んでいくのは、「あいくるしい」 の二番煎じか?ちなみに「あいくるしい」はとても良いドラマだった。こっちは脚本野島伸司さん。


第1話はおきまりの設定紹介なので、とにかく毎日仕事で夜遅いママを献身的に世話をして、家族の面倒も全部みるパパのコミカルな毎日を描いたもの。ところかまわず、ママを愛していることを吹聴し、ママの自慢話をするので、特にまだ小学生のボクは恥ずかしくてたまったものではない。そのボクの授業参観がメインのエピソードで進んでいく。


はっきり言ってマンネリ感が漂う。多分それを避けるために設定を大胆に主夫という形に変えたのだと思うが、ちょっとそれが裏目に出そうな感じである。この枠で主夫の本当の悲哀とか葛藤を描くわけにいかず、こういう世界観で押し通すしかないのだろうが、正直今の視聴者のニーズに合っていないような気がする。少し前なら主夫という設定が物珍しかった。もう少し月日が経てば、とりたてて話題にするまでもない普通のことになるかもしれない。でも今の時代性から考えれば、中途半端というか、はっきり言ってテーマとしてはどうでもいい。しかも愛妻家ゆえの行動なんて気持ち悪いだけ。それならば働くことへの疑問とか、生き方への熟慮の末とか、年の差カップルで先に定年(早期定年でもいい)してしまいました、といったきっかけのほうが理解しやすい。早い話、今の設定のままなら、ああいうパパを愛せないような気がする。田村正和だからいいけど、もし自分の身近な人に投影したら、鬱陶しいだけの存在と思う。


そんなことないですかねぇ。女性のみんなはあんな男好きなのかなぁ?私も働く女だけど、私なら要らないけど…。もちろん田村正和ならちょっと考えるけど。

hanayome

篠原涼子は、好きな女優のひとりだけど、しゃべり方がいつも同じだな…と思っていた。OLや刑事役ならあまり気にならないけど、キャスターはどうなのだろう?と思っていたら、やっぱりいまいちだった。前クールの天海祐希のキャスター(『トップキャスター』 フジテレビ)が、内容はともかく役柄的にはまっていただけに比べてしまう。もっと言えば矢田亜希子の方がそれらしかった。


『花嫁は厄年ッ!』  TBS 木曜22時00分~ 主演:篠原涼子


ストーリーは、30歳を過ぎてメインキャスターを外された主人公竹富明子(篠原涼子)。起死回生の仕事はなんとバラエティで農家の嫁に潜入取材をするというもの。学生時代の元カレ・安土一郎(矢部浩之)の実家が古い桃農家であることから、頼み込み実家に入り込むことに…。この桃農家の面々が、一郎の母親の幸恵(岩下志麻)をはじめ、一癖も二癖もある人たち。


まあ、骨子はこんなところで第1話は設定の説明に終始。着想はおもしろいけど、だからどうだ?という部分は農家でのストーリー展開次第といったところ。1話で駅前で桃を売っている幸恵と出会う場面はベタすぎ。設定もベタだけど、一応顔も売れているキャスターが、桃を食べて売っている人の前で「ヤバイ、この桃!」(←もちろんおいしいって意味だけど)とは言わんでしょ?


篠原涼子のキャラ設定は一事が万事この調子で、知的キャスターの様相はまったくなく、飛ばされてもしょうがないという感じだ。ただ気になったのは、しゃべり方や物事への対峙の仕方、エピソードは、何度も言うように子どもっぽくバカっぽいのだけど、性格や人柄がにじみ出てこないというか、まったく体温を感じないのが残念。このまま展開したら、ありふれたストーリーとエピソードの積み重ねになりかねない。


脚本の秦建日子 さん(篠原涼子の前作「アンフェア」の原作者、私的には天海祐希主演の「ラストプレゼント」が良かった)は大好きな人なので期待しているのだが、男性ゆえのことなのか、女性の描き方がいつもややあっさりしている気がする。


まあ、今回はまだ1話だけなので、来週も観てみて続けて観るかどうか決めようと思う。

kekkon

ねむい設定というのが第一印象。まあ、連ドラの王道といえば王道だけれど、40男を主人公にしてこの子どもっぽさはないだろうと思う。結婚していないから、子どもがいないから、子どもっぽいということではなく…。でも確かに現実でもこういう中途半端な男って、多いっちゃあ、多いんだけどね。


『結婚できない男』  フジテレビ 火曜22時00分~ 主演:阿部 寛


建築デザイナーの桑野(阿部 寛)は、独身・ひとり暮らし。顔はいいのに(…って、そういう設定かどうかはわからないが、事実阿部ちゃんだしね)、不器用で少々変わり者。仕事面では頑固でもある。

結婚できないのではなく、結婚しないと思っているが、誕生日に一人でバースデーケーキを買ったりして、寂しがりやでもある。

ある日下腹部に強烈な痛みに襲われ、隣人の田村みちる(国仲涼子)に付き添われ、義理の弟が副院長を勤める中川総合病院に運ばれる。そこでやはり美人だが、不器用な独身医師・早坂夏美(夏川結衣)に出会う。


ここまで書いただけでも、ねむい設定という感じがする。ベタ過ぎる。最近は隣人との安易な出会いを設定しているドラマも増えている。隣人づきあいが珍しい都心のマンションなのに…。

まだ1回目だからよくわからないけど、年齢設定も中途半端。子どもっぽい展開にするなら、せめて30代前半くらいまでの男女が中心の話の方がいいし(それじゃ、テーマと合わないか)、阿部 寛、夏川結衣世代を中心に据えるなら、安易なラブコメは内容と登場人物の軽さだけを強調する。


でもまあ、このままいったら、多分夏美か、まかり間違ってもみちるとのラブコメになることは間違いなさそうだし(殺人ミステリーには絶対になりそうにないし)、深みのあるドラマを期待してもしょうがないだろう。でもなぜか男が主人公のこの手のドラマって、成功したことがないようが気がするのだが、気のせいかな?

ちなみに笑っちゃうのは、高知東生・高島礼子夫妻が揃って脇で出ていること。何でこんなところで共演?最後この2人も結ばれるというオチもあるのかもしれない。

wagahai

昼の連ドラを多分初めて観た。

真珠夫人牡丹と薔薇 ですら、観たのは特別編のみ(真珠夫人は観ていない)。

といっても、さすがに毎日観ているわけではない。

でも時々観ても十分楽しめる。

宮藤官九郎は天才だと、このドラマを観て初めて思った。


『吾輩は主婦である』  TBS 月曜~金曜 13時00分~


普通の専業主婦(←実は全然普通じゃないが)みどり(斉藤由貴)は、学生時代から付き合っていた、矢名たかし(及川光博)と結婚し、息子と娘をもうけている。もともと二人は大学でミュージカル研究会に所属していたという設定。だからドラマでも時々踊って歌い出すが、一応の整合性がとれている。つまりミュージカルドラマ特有の唐突感がない…いや、やっぱりある。


家族はたかしが勤めていたレコード会社を辞めたことで、生活が一変。たかしの実家がある下町の古本屋に身を寄せることになる。実家には父は既になく、母親が1人で暮らす。この母親がまたユニークで、クドカンワールドな人物設定。しかも竹下景子が演じている。


なぜかたかしは郵便局員になり、その初任給があまりに安いことにショックを受けたみどりに千円札の夏目漱石が乗り移るという、くだらないっちゃぁ、くだらない設定だが、何ともテンポのいいホームドラマで楽しい。昼ドラ=ドロドロのイメージ(←私だけの勝手なイメージか?)はなく、登場人物は今のところみんなクセは強いが良い人ばかり。


クドカンワールドといっても、ちゃんと昼の帯ドラマであることを意識して、主婦向けにつくっているので、他の作品とまったく同じようなものを求めて観るとがっかりするかも。でも逆にその辺が彼は天才だと思う。誰が観ているかをちゃんと意識して、それでも自分の世界観を出しているところがすごい。役者の人たちも生き生きしている。もしかしたらヒットはしないかもしれないけれど、よくできたドラマだと私は思う。


ちなみに空気感は「マンハッタンラブストーリー」 に似ていなくもないが、内容はこっちの方がいい。マンハッタンラブストーリーは私はあまり好きではなかったので。

宮藤 官九郎
マンハッタンラブストーリー
宮藤 官九郎
ピンポン・シナリオブック
別冊宝島1006号「宮藤官九郎 全仕事」

top

この連休でやっとビデオを2話連続で観た。天海祐希そのものは好きな女優ではないし、矢田亜希子はさらに嫌いだけれど、天海さんの出るドラマは結構好き(←)。最近では「女王の教室」が秀逸。

というわけで、期待して観てみたが、まあ月9の限界って感じがした。月9も木村拓哉の「HIRO」くらいまでは悪くなかったが、最近なんか呪縛にかかっているみたいだ。つくる側もプレッシャーがあるのかもしれないけど…。まあ、今回は大人である天海さんが主演ということで、ギリギリ観るに耐えるものではあるのだが、中途半端な甘ったるさがある。せっかくキャスターが1話ごとにスクープという形で事件を解決していくという、月9にしてはおもしろい手法(あ、HIROもそうだったっけ?)を使っているのだから、もうちょっと骨太のつくりでも良かったのではないかと思う。まあ、そういう視聴者をターゲットにしていないということかもしれないが…。


『トップキャスター』  フジテレビ 月曜21時00分~


椿木春香(天海祐希)は、かつてスクープの鬼といわれた名物キャスターだった。ある件をきっかけに米国に飛ばされたが、8年ぶりに戻ってくることに。そしてプライムタイムのニュースを任されるが、スクープにかける情熱は昔と変わらず、さまざまな事件に鋭く大胆に切り込んでいくというもの。その切り込むスクープの内容が毎回変わるわけだが、1回目はセレブ婚を決めた缶詰工場で働く女にかけられた前の恋人に対する殺人未遂容疑の謎、2回目は医療過誤疑惑。これはなんと、疑惑をかけられた医師の名前が「財前」であるがゆえに、白い巨塔疑惑と名づけられるのだが、この財前教授役が温水洋一というのは勘弁してほしい。その上矢田亜希子(春香のアシスタント役)が台詞の中で、「里見先生がカッコイイ」というものだから笑ってしまう。コメディっぽい部分も必要だとは思うが、あまりに安直過ぎる感じがする。

一事が万事この感じ。人物設定も敵味方が曖昧で、みんなただの良い人に見える(←今のところ)。どうも緩い感じが否めない。1時間の事件解決モノはテレ朝の定番という感じだし(今クールも「7人の女弁護士」 でやっている)、今回のクールで言えばNHKの「マチベン」がやはり貫録勝ち。マチベンは、1時間事件解決モノの限界まで深く切り込んでいる。シナリオのレベルが違うように思える。

天海祐希にこのレベルの役をやらせるのならいっそ温存しておいて、月9はやっぱり若い人か、女性に人気の男性が主役をやった方がいいと思うのだがどうだろう?