ハケンの品格

テーマ:
中島美嘉
見えない星

日本テレビで1月10日(水)22:00から始まった『ハケンの品格』 を観ました。


こんな素材、ドラマになるのか?と番宣では半信半疑でしたが、キャラの濃さがリアルすぎる素材をうまく料理していて、単純に面白かったです。スポンサーに派遣会社が2社くらいついていたのは、ご愛嬌ということで。


通称スーパー派遣、時給3,000円の大前春子(篠原涼子)が大手食品会社にやってきます。就業時間キッカリしか働かない。飲みに行くなどの付き合い、部署以外の仕事、一切しない、いわゆるコミュニケーション能力はない、など、扱いづらいがパソコンは速い、お茶はうまく入れる、とにかく仕事と割り切ってやることについては超優秀で、直接事務職と関係ない資格もたくさん持っているというキャラです。彼女が今時いるのかってくらい、古臭いタイプの隣の課の東海林主任(大泉洋)、仕事はいまいちっぽいが気が小さく優しい直接の上司・里中(小泉孝太郎)などと関わっていくというのが、初回の展開。


リアルな素材だけに実際は突っ込みどころ満載。大前春子のオフィスでの仕事の能力は、まあこういう人もいるわな、という感じですが、西村知美じゃあるまいし、そんなに資格(フォークリフトとか)をとる暇があるなら、もう少し自分を活かせる働き方があるでしょう。里中のような社員はいるだろうが、30歳そこそこで東海林のような社員(派遣にやきそばパンを買いに行かせたり)、あまりいないよな…とか。そもそも入社当時の正社員中心の家族主義的な会社を懐かしんで、派遣を毛嫌いしているような台詞が出てきたけど、30歳だとしたら長くて社歴10年くらい。その時代、既に派遣社員がうじゃうじゃいたと思いますが…。リストラだって始まっていたし、本人だって氷河期入社では?最初にデータ的なことを出していたわりには設定がやや甘め。


でもまあ、篠原涼子が今回は結構はまり役かも。というか、篠原涼子をあてて書かれているような気も。東海林役も少し古臭い匂いのする大泉洋だから許せる部分も大きい。あと、突っ込みどころに目を潰れるのは、展開が結構面白いから。設定の現実性とドラマらしい非現実性(いきなりフォークリフトに乗った主人公が現れるとか)のバランスもいい感じです。


最近日テレの水曜日のこの枠、好きなドラマが多いです。ドラマはフジテレビのように言われていますが、最近のフジテレビのドラマって、どうも印象が薄い。月9の『東京タワー』 もちょっとだけ観たけど、速水もこみちを主役したことからして、もう結構という感じだった。2話目からは観ないと思う。そもそも『東京タワー』、2時間ドラマだけの映像化で十分だと思います。この時も大泉洋、結構はまっていました。リリーフランキー役は、せいぜい大泉洋くらいでしょう(バカにしているわけではなく、はまり役だったし、そもそも大泉洋は良い役者さんだと思います)。映画化も要りません。二匹目、三匹目のドジョウを狙うほどの話ではないと感じるのは私だけでしょうか。

AD