硫黄島からの手紙

テーマ:


iouzima
ようやく観てきました。『父親たちの星条旗』は観ていませんが、ぜひこちらを観てみたいと思いました。

『硫黄島からの手紙』は、いわずと知れたクリント・イーストウッド監督の「硫黄島2部作」の日本側からの視点の作品で、日本では圧倒的にこちらの方が観られているようです(興行期間も長いですし)。でも勝者の視点というのも非常に重要だと、こちらを先に観たからこそ思いました。

ただ一つ言えることは、この映画は日本人では撮れないでしょう。欲を言えばこの作品はアメリカ人が撮り、『父親たちの星条旗』を日本人が撮って、どちらも秀作と言われたとき、本当に両国の関係は成熟したと言えるのでしょうが、それもまた現時点では不可能でしょう。『硫黄島からの手紙』は、アメリカ人が撮ったからこそ価値があり、また素直に感動できる。今回は作品としての素晴らしさもありますが、まずは企画がよくできていると思います。


『硫黄島からの手紙』  クリント・イーストウッド監督 渡辺謙/二宮和也主演


内容はもはや観ていない人にも周知でしょう。太平洋戦争末期に硫黄島を舞台に繰り広げられた36日間に及ぶ激しい戦闘が描かれています。本来兵力の違いから5日程度で終わるとされていたこの戦いに奇策をもって戦い抜かせたのは、当時の日本軍人としては稀な経歴の持ち主であるアメリカ留学経験のある栗林中将(渡辺謙)と、その良き理解者として支えた西中佐(伊原剛志)でした。この西中佐もまた、オリンピック選手として渡米経験があり、英語を話せる国際人。このストーリーは、彼らと身重の妻を残してきた元パン職人の若い兵士・西郷(二宮和也)の家族に送った手紙を軸に描かれるが、手紙は重要なモチーフではあるが、必ずしも必要ではありません。重要なのは日米の兵士ともに家族を気遣い、また気遣われながら、それでも国のために戦い抜いた戦争の事実です。

だから戦争はいけない、悲惨だ、やめようというのは、簡単だけれど、今なお人は世界で戦っています。私は必ずしも人にとってもっとも重要なものは家族だとは思いません。だからといって戦争賛美者ではないが、家族、愛する者だけが、戦争を抑止したり、戦争の悲惨さを伝えることのできるギミックにはなり得ないのです。

例えば9.11のテロの時も、家族の悲しみが大きくとり上げられたが、だからといってアメリカや各国は戦争をやめなかった。むしろ戦う原動力になっていたように思います。

愛以外に何が戦争を止めることをできるのか、私たちはまだなおその答えにはたどりついていません。おそらくこの映画の後にも戦争映画はつくられるでしょうし、つくられるべきだとも思います。できれば日本人がこの映画を超える戦争を総括する映画を、国際的に通用する映画を撮る、そのことが敗戦国として、少なくとも60年以上戦争をしていない国としての役目なのかもしれません。だからこの映画は太平洋戦争を描いた映画の最高峰であってはいけない。でも少なくもと私がこれまで観た太平洋戦争を描いた映画の中では傑作でした。

AD