uragiri
ずっと更新していなかったのは、忙しくてずっと劇場に行っていなかったからです。観たい映画は数あれど、DVDになるのを待とうといくつか出かけることを諦めた作品もありますが、この映画『あるいは裏切りという名の犬』だけは観たい!と大晦日の午前中の上映に出かけました。それでも満席。私は少しだけ早く出かけたので、どうにか整理券をGETしました。なぜこんな良い映画が単館なのでしょう。東京で唯一というだけでなく、日本中で銀座テアトルシネマだけみたいです(後日他の地域でも上映予定あり)。でも何とか観られ、今年のシネマライフを締めくくるには大満足な作品に出会えました。珍しく邦題まで洒落ています。


『あるいは裏切りという名の犬』  オリヴィエ・マルシャル監督 ダニエル・オートゥイユ/ジェラール・ドパルデュー主演


実話をもとにしているらしいのです。多少脚色しているにしても、こんな実話があるなんてすごい。そしてフランスの警察ってこんなにカッコよくて無茶苦茶なのでしょうか?ラスト近くにはドレスアップしてパーティを催すシーンまであります。冒頭ではエディという刑事の送別会で、プレゼントに警視庁のプレートを強奪したり、店をぐちゃぐちゃにするシーンも出てきます。あり得ません。


まあ、それはともかくストーリーと人物描写は秀逸です。何よりも中年男たちがカッコイイ。やっぱり映画は登場人物がカッコよくなくてはダメですね。


パリの警視庁のレオ(ダニエル・オートゥイユ)は、現場主義のベテラン警視。そんな彼も彼を目にかける長官の出世により、次期長官が目前に迫る。けれどもあまり管理職には関心がない。一方、長年のレオのライバル・クラン(ジェラール・ドパルデュー)は、出世欲が旺盛で何とか認められようと模索する。そんな折、パリの警視庁の最大の課題は、連続現金輸送車強奪犯の検挙だ。この犯人を検挙すれば出世できるチャンスがあるが、この事件の指揮を長官は、レオに命じる。どうしても自らの手で検挙したいクランは、ゴリ押しでねじ込んでレオたちとともに現場に向かう。そこでクランはレオの指揮に逆らい、勇み足をしたことで、レオの親友であるエディが犯人に撃たれ死んでしまう。この件をきっかけに二人の争いは激化…。最初は追い詰められていたクランだが、最終的にはレオの決定的な弱みをつかみ、立場は完全に逆転する。


レオが主演、クランが悪役的な位置づけだけれども、必ずしもそんな浅はかな話ではありません。クランがレオに決定的なダメージを与えた密告は事実であり、道義的に責められるものではないはず。けれども同僚たちに絶大な人望があるレオとは対照的に、まったく人望がないクランは、結果的に精神的に追い詰められ、権力を振りかざすことでしか満たされない。そしてラストでは…。クランが必ずしも悪役というわけではないところがこの作品の肝だと思います。


でもこの作品が完璧かというと、そうでもない部分もあります。2時間弱に凝縮されすぎて、人間関係の隅々がわかりづらい。特に冒頭は内容を頭で整理するまで時間がかかりました。ラストもやや説明不足で納得しにくい。そもそもレオを尾行していて、逆につかまり、トランクに載せられた2人の刑事はどうなったのでしょうか?なぜ真っ先に疑われるはずのレオは無罪放免なのでしょう?


でもまあ、全体としてはシブくて深い大人の映画。ハリウッドでもリメイクされるそう。ハリウッドは自力で作品を創りだせなくなったのでしょうか?この映画の深みはフランス映画でこそ、成立するような気がしてならないのですが…。

AD


kazino
これまであまりこういう映画は観に行かなかったのですが、「24-TWENTY FOR-」ですっかりアクション映画づいてしまいました。テレビドラマのほうは24時間近く観続けなければすっきりしませんが(観続けても次に余韻を残すのですっきりしない)、こちらは2時間強ですっきりできるなら、ラクチンです。

でも実は007シリーズと私の相性は最悪です。前シリーズのダイ・アナザー・デイはDVDを持っているのになぜか観ていない。観られないのです。DVDに問題があるのか、私に問題があるのかわかりません。かけてもかけても本編が始まらないDVD、私も初めてです。


『007/カジノ・ロワイヤル』  マーティン・キャンベル監督 ダニエル・クレイグ/エヴァ・グリーン主演


今回のシリーズは、ジェームズ・ボンドが殺しのライセンス「007」を持つ前から始まります。いきなり国際テロ組織を壊滅する初任務につくというのも、今っぽくもあり、「24-TWENTY FOR-」を彷彿させます(といっても、こちらがシリーズとしてはかなり先ですが)。もちろんボンドガールも出てきて、派手なアクションと、恋愛感情も描かれるのですが…。


でも私的には任務が中途半端だったような。テロ組織との対決といっても、所詮は資金源であるル・シッフルとのカジノ対決がメイン。最初と最後は派手なのに、核となるはずのモンテネグロのカジノシーンがやや退屈。ポーカーゲームのルールがよくわからないからかもしれませんが…。


ただ、ヒロインとの恋愛感情の動きは、なかなか良かったと思います。最後のどんでん返しはありがちだなぁ~と感じましたが、心がなかったわけではない、むしろジェームズ・ボンドを救ったという設定は泣かせます。しかしラスト近くのアクションシーンは、ここまでやるかというくらい、破壊的で、優雅でオシャレなカジノシーンとのギャップが凄まじかったです。


シリーズ最高傑作かどうかは、全部観ていませんので(というかほとんど観られずにいる)、まったくわかりませんが、気軽に楽しむには悪くない感じです。でも正直前評判から期待したほどには…とも思います。最近評論家がやたらめったらテレビや新聞で映画を褒めちぎっているような気がしますが、逆効果です。辛口で的確なほうが、観に行こうという気がしますし、観た後にがっかりすることもありません。

AD

メゾン・ド・ヒミコ

テーマ:
角川エンタテインメント
メゾン・ド・ヒミコ 通常版

邦画人気が洋画を超えたと言われています。実際に興行成績でも、邦画のシェアが50%を超えました。それはとてもいいことだと思うけれど、私的には2点だけネガティブな見方もしています。

一つは、テレビドラマとの境界線が曖昧になったことです。テレビドラマが悪いとは思いません。素晴らしい、あるいはおもしろいテレビドラマもあります。でもそれが映画になると、どうも深みに欠けるものが多いのです。商業的に作っていることがミエミエなのです。儲けなければ立ち行かないわけでそれもかまわないのですが、結局DVDで十分だと思えるものが多いです。

例えば「ゆれる」や「フラガール」のような良い映画は出てきません。


この『メゾン・ド・ヒミコ』 も一応日テレが絡んでいるのですが、日テレは比較的良い映画づくりをするアビリティがあるのか、わりといい映画でした。なんで今までDVDを借りなかったのだろうと、ちょっと不思議に思いました。


犬童一心監督、主演は決して個人的に好きではないのだけど、うまいなぁ~味があるなぁ~としみじみ思えるオダギリジョー。柴咲コウもいい役どころを演じています。何よりも脇がみんなイイ。


ストーリーはあるようなないような感じだけど、ドラマツルギーはしっかりしているように思います。だからやや2時間より長い尺ですが、飽きません。物語としては、母親と自分を捨てた父親がオーナー(実際は出資者が別にいるのですが)のメゾン・ド・ヒミコというゲイだけが入居する老人ホームに、春彦(オダギリジョー)という若い男性の要請でアルバイトに行く沙織(柴咲コウ)。毛嫌いしていた場所でなぜアルバイトするかという理由が母親の医療費のための借金返済っていうのは、ややベタでお粗末な感じがしたけれど、まあそれはともかく、余命いくばくもない父親(田中泯)と再会するわけです。そこから父親や春彦に反発しながら、ゲイを軽蔑しながらも、少しずつ理解を示していく、という流れもありふれています。


でも描写が素晴らしい。そして理解しそうで完全に理解しない、結局父親の死に目にも会わず、春彦と男と女の関係になることもない(なりそうにはなるが)というところがリアルで、安直な感じがしない。ところどころに爆笑ではないレベルのユーモアもあって、基本的には静かだけど眠くならない作品でした。


しかしゲイも確かに歳をとるわけで、現実でもこういうことって、今後あるのかもしれません。というか、こういうケアハウスは必要かもしれませんね。いや、ゲイじゃなくても、非婚の天涯孤独の単身者は増え続けるのです。

AD