フラガール

テーマ:

hura

ずっと観たかったのですが、ようやく。よくやっている映画館があったなぁ~という感じです。

でも正直DVDでもいいかな、と思っていたんです。でも観てよかったです。期待以上でした。

最近観た邦画の中では、№2の内容といったところ。ちなみに№1は「ゆれる」です。これはそう簡単に超えそうにありません。

「フラガール」 何がそんなに良かったかと言われると何でしょうね。

昭和40年頃を書きながら、変に郷愁を誘うようなことは一切なく、実話に基づきながらも実話にありがちなじめっとした辛気臭さはない。しっかりとエンターテインメントを創り上げていることでしょう。事実と虚構の狭間、でも嘘くさくなくちょっと事実寄りという立ち位置を見事に映像化しています。傾きゆく炭鉱町の厳しさを描きながら、そこに生きる人は優しすぎることなく冷たすぎることもなく、賢すぎることもないけれどバカでもない。その匙加減がリアリティを醸し出し、登場人物を生かしている。だから泣けたのです。


『フラガール』  李相日監督 松雪泰子/豊川悦司/蒼井優主演


旧常盤ハワイアンセンターの話です。今は名称が変わっていますが、この手の施設がどんどん潰れる中、堅調な業績を残している類稀な施設です。この施設はもともと炭鉱町だったいわきの町おこしのために造られました。その時代、炭鉱夫の娘が妻がリストラされる父親や夫のため、つまりは家計を支えるために、フラガールになっていく話です。その中で当然古い価値観に縛られている人たちとの対立があります。でも元炭鉱夫でありながら、新たなものに果敢に挑戦しようとしている男たちもいます。当然対立が生まれます。どっちが正しく、どっちが悪いわけではない。今だからこそ、炭鉱はもうダメなのにと言えますが、当時の炭鉱夫たちには誇りがあり、そう簡単に新たなものを受け入れることはできません。ましてや情報量も少ない時代の東北の田舎町のこと、なおさらです。でもこうした葛藤は十分今の時代にも通じることです。


この映画を観て感じたのは、今の時代の、とりわけ都市部の風潮は、贅沢な環境で最高の教育を受けさせ、いじめや虐待など、人と人との軋轢がない中で子どもが育つことが幸せだし、子どもの将来のためだと信じられています。もちろんいじめや虐待は問題外ですが、自分の人生を自分で選んでいく強さ、明日に向かっていく力は、何も順風の中だけで得られるものではないとも思います。閉塞感のある町の中でも、みんな強く優しく、時に柔軟です。


この映画を語るとき、女性の強さということがよく言われますが、それだけではなく、男性に支えられて女性が生きています。ハワイアンセンターの吉本部長(岸部一徳)は、よくあの時代に飄々と部長を引き受け、女の子たちを引き連れて、宣伝活動にまわり、時に平山まどか先生(松雪泰子)を叱咤激励し、無事オープンまでこぎつけることができたものだと思います。それを縁の下の力持ちで支えるスタッフの男性も出てきます。その人はフラガールの中の主役・紀美子(蒼井優)の兄・洋二朗(豊川悦司)の友人で、もちろん炭鉱夫からの転身組です。彼もまた、ヤシの木が枯れるからと、反対派に土下座をしてストーブを借ります。最初は頑固だった洋二朗もやがては紀美子やまどか先生の良き理解者になります。


生きる力というものは、逆境にこそ生まれるものだと、この作品を観て思います。それはキレイごとだけではなく。

AD
ブロークバック・マウンテン プレミアム・エディション
ジェネオン エンタテインメント

「ブロークバック・マウンテン」 をDVDで観ました。

美しい風景と音楽の良い映画でした。最近のハリウッド映画はいまいちだと思っていましたが、これは秀逸です。


一言でいえば、ゲイの話です。

保守的な西部の山で、1960年代に20歳くらいで2人の男は出会います。かたや親を亡くしたイニス(ヒース・レジャー)、かたや親との関係がいまひとつうまくいかないジャック(ジェイク・ギレンホール)。二人とも決して裕福ではなく、夏の間羊飼いの仕事に雇われます。山でキャンプしながら羊の管理をするのです。壮大な大自然の中で、二人は友情以上の関係になります。その後、その関係は20年続きます。その間、二人は女性と結婚し、子どもも生まれます。そして住まいもかなり離れるのですが、それでも時折会い、泊りがけで出かけます。二人の心がつながるほどに、現実の世界は二人から離れていきます。


日本人はアメリカを誤解しているところがあります。自由の国だと。

でもそれはほんの一部の都市部の、一部の人々のことでしかありません。それは日本も同じです。でも日本以上にアメリカと宗教は密接です。異端を、マイノリティを排除する風潮は、日本の何倍も過激です。宗教保守派は一大勢力として存在するのです。何もこの話は一昔前の田舎の話ではないと思います。


彼らの閉塞感は理解を超えています。ラストに訪れる悲しみも、正直ノーマルな女性である私には、共感しきれない部分もあります。でも生きるということは、どこの国であっても、本来孤独で暗闇の方が多いのかな、と思います。人を愛するということは、必ずしも幸せに直結しないし、むしろそうではないことの方が多いのです。でも幸福感を超えたところに、愛情や誰か特定の人への執着があるとしたら、それは切なくも尊いことです。

AD

間宮兄弟

テーマ:
角川エンタテインメント
間宮兄弟 スペシャル・エディション (初回限定生産)

DVDが出ていたので、借りてみました。

一言でいうと、ちょっとぬるすぎました。最近ハードボイルドなものや重ったるいものを観すぎていたのかもしれませんが、「間宮兄弟」に関しては、正直「なんじゃ、こりゃ?」って感じがしました。

ドラマ性のようなものがほとんどない。ないことがいい、癒されるってことなのでしょうが、個人的にはそこまで癒されたいとは思っていないので、ミスチョイスだったかもしれません。


『間宮兄弟』  森田芳光監督 佐々木蔵之介/ドランクドラゴン塚地主演 江國香織原作


これ小説が原作なのですが、小説もこんなにゆるいのかちょっと興味があります。

内容はいい歳をした大人のオトコの兄弟が、仲良く2人で暮らしているって話です。それ以上でもそれ以下でもありません。兄は佐々木蔵之介、弟は塚地です。似ても似つきません。兄はビール会社に、弟は学校の校務員さんのようなことをやっています。弟の勤める学校の先生(常盤貴子)やら、ビデオ屋のアルバイトの女の子(沢尻エリカ)とその妹やら、兄の同僚の奥さん(戸田菜穂)やら、女の匂いはするのだけど、みんなそれぞれに別の彼氏やら、ダンナがいて、結局恋は実りません。そもそもこの男兄弟は恋に淡白に見えます。仕事もちゃんと持っていて、優しく、母親思いで、弟はともかく、お兄さんはかっこいいのに、何だか男としての魅力に欠けます。物足りないのです。


そして映画も同じように物足りなく感じました。

映画とかドラマって、もう少し意外性とか、感動とか、悲しみとか、そういうものがないと成立しないのではと思うのですが。


----------------------------

ところでこの映画の話ではないですが、先日エントリー した「遙かなる約束」 の放送が先日ありました。やはり書いていたように、以前見た舞台と同じモチーフでした。スパイ容疑でシベリアに戦後半世紀とどまることになった日本人男性と、ロシアで出会ったロシア人女性との生活、生を信じて待ち続けていた妻の話です。

映像でも20代から70代まで同じ俳優がやるのは無理がありましたが、それでも事実だけで何度見ても感動する話でした。特に私は待っていた久子より、日本に帰したクラウディアに強く共感します。最後に渡される手紙は特に感動モノ。

「他人の不幸の上に自分の幸福を築くことはできない」 何度聞いても涙が出る名言です。

AD

RENT/レント

テーマ:
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
レント デラックス・コレクターズ・エディション

映画で音楽に魅せられ、なぜ和製RENT(つまり劇団四季とかがやらないのかということ)がないのだろうと考えたのですが、あまりに陳腐になりすぎるからだろうと思い直しました。ならば、ブロードウェイ版を観るしかありません。NYに行くのは大変だし、と思っていたらすぐに来日公演が決まり、チケットをとったわけです。考えてみれば、日本でダンス以外の来日公演を観たのは初めて。やっぱり妙に字幕が気になってしまいました。

『RENT』 (来日公演) 於:東京厚生年金会館

ストーリーは至ってシンプルです。映画版よりさらにシンプルに感じました。

簡単に言えば、地方からNYにやってきて、家賃も払えず、自分の生き方を模索する若者たちの話です。 日本のフリーターと違うのは、そこにエイズやゲイ、麻薬中毒というテーマが絡まり、さらに心の根っこで宗教と密接だということです。それでも田舎の母親が心配して頻繁に電話をしてくるのは、万国共通です。


日本人にはやや理解しがたい背景があるにもかかわらず、多くの人を魅了するのは、家族と生まれ故郷から離れ、都会で生きていくことへの苦悩や迷いは、同じ経験をした都市生活者なら身につまされるからではないでしょうか。家賃が払えないなら働けばいいじゃないかと思う人がいるとすれば、それはこのストーリーのテーマとは離れてしまいます。タイトルにもなっているRENTは、家賃であると同時に人生の中の借り物すべてに通じる抵抗であり、妥協であり、許容であると思います。そして地方出身者にとっての都会、ここではNYの街そのものが「RENT」なのでしょう。


まあ、そんなことはさておいても、本当に音楽が素晴らしい。映画では冒頭だった「Seasons of love 」。ステージでは休憩後の冒頭でした。この曲がこのミュージカルのすべてではなく、他の曲もいいですが、ソウルフルな力はやっぱりダントツです。わけもなく涙が出そうになります。


ただ、ライブは音楽を楽しむには最高ですが、ストーリーはややわかりにくい。映画を観てから行って良かったと思います。それと頻繁に拍手を入れる観客のスタイルも私はあまり好きになれません。中島みゆきの夜会だったか、ちょっと記憶が定かではありませんが、拍手のタイミングが最小限で、落ち着いて観ることができました。ああいうマナーが他のミュージカルでも、浸透すれば良いのにと思います。それと東京厚生年金会館。やたら広く、客席そのものは狭い。肩が凝りました。今度こそ、NYで観たいです。多少英語に難があっても、もうストーリーは覚えたので。

遥かなる約束

テーマ:

Yahoo!ニュースで見つけたのですが、この記事にある「遥かなる約束」(阿部寛・黒木瞳主演 フジテレビ11月25日21:00~)の原作は、以前私が観た芝居の原作「クラウディア最後の手紙」(演劇のタイトルは「クラウディアの手紙」)ではないでしょうか?


*Yahoo!ニュース

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061103-00000078-sph-ent


詳しくは、芝居のレビュー(こちら )に書いていますが、すばらしい話でしかも実話なので胸に迫ります。しかし前回の舞台もそうでしたが、今回も少々ミスキャストでは?と心配です。特に映像だけにどんな仕上がりになるのか、楽しみでもあり、不安。(ちなみに舞台は、演技は2人とも悪くなかったのですが、何しろ演じる年代が長すぎる…森光子さんほどではないですが)


でも内容はいいはずなので、観てみようと思います。しかしロシア人女性役は誰がやるのでしょう?まさか黒木瞳?それだけは勘弁してほしいです。それでは『のだめカンタービレ』 の竹中直人になってしまいます。


とりあえず自分が忘れないようにアップしてみました。ちなみにモデルになった方は今もおそらくご存命です。少なくとも私が舞台を見たときにはお元気でした。まったく異なる原作や事実をもとにしているなら、大誤報ですが、同じような話がたくさんあるのだとしたら、それはそれで壮絶な話です。


蜂谷 弥三郎
クラウディア 最後の手紙

24-TWENTY FOUR- seasonⅡ

テーマ:

ちまたでは11月3日から、シーズンⅤのvol.10~12のレンタルスタートです。

たまたま今日TSUTAYAに行ったら、すごい数量が並んでいるにもかかわらず、すべて出払っていました。そしてアメリカでは年明け早々シーズンⅥがスタートするということで、プロモーション映像がインターネットで観られます。それを観ると、仮に英語がわからなくても、誰が健在に生き残っているか、誰が死んじゃったかもしれない…か、少なくとも前者はわかります。

ちなみに私は今頃シーズンⅡのレビューを書こうとしていますが、シーズンⅤのvol.9までは観終わっています。だから、正直どの話がどのシーズンだったか、既にごっちゃになっています。


しかし楽しんで24を観ていられる平和な国「日本」ですが、北朝鮮でつくられた核兵器が外貨稼ぎのために第3国のテロリストに売られるかもしれないなんて、話が実しやかに語られると、24の世界が必ずしも絵空事じゃないような気がして恐ろしくなります。

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
24 -TWENTY FOUR- トリロジーBOX (初回限定生産)
シーズンⅡはまさに核爆弾テロの話です。
シーズンⅠで妻を失い、傷心のジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)のもとに、シーズンⅠで助けたパーマー大統領からSOSの連絡が入るところから、物語が始まります。ロサンゼルス(なぜかいつも狙われるのは、ワシントンでもNYでもなく、LA)のどこかが核の標的になっているというのです。最初は協力を渋り、シーズンⅠで生き残った娘のキムと一緒にロスを離れようとしますが、結局CTUに復帰することに。

まあ、毎度のコトながらストーリーを全部書くのは、バカみたいなので割愛しますが(見たい方はオフィシャルサイトのエピソードガイド を)、私はこのシーズンがいちばん好きですね。キムのストーリーがアナザーストーリー的に構成されていて、家族的なあたたかさを感じられる部分もありましたし…。24はとにかく人がどんどん死んでいき、よほどの中心人物でない限り、あまり共感したり悲しんだりできないのですが、今回の支部長であるジョージ・メイソン(ザンダー・バークレー)の死は衝撃的でした。おそらく24全シーズン観た中で、私が唯一涙したシーンです。


キム(ジャックの娘)のアナザーストーリーは、最初は邪魔だな~と思っていたのですが、殺伐とした話のある意味良い清涼剤になったような気がします。ただ、清涼剤というには、かなりハードな味ですが…。それにしても、キムのまだ10代の女の子と思えない度胸抜群の立ち回りは一体何なのでしょう。荒唐無稽ではありますが、なかなかかっこよくて私は好きですけど。

ペテン師と詐欺師

テーマ:

peten


いきなりおかしなタイトルですが、ミュージカルの話です。

なんといっても主演の2人が楽しみで観にいきましたが、鹿賀丈史がいまいち滑舌が悪く聞こえたのが残念。もしかして席が悪すぎたのかもしれないけど、全体にちょっと台詞が聞こえにくかった。そのなかでもやはり市村さんは安定感が違います。コミカルでちょっと情けない男の役ははまり役だと思います。

『ペテン師と詐欺師』  宮田慶子演出/鹿賀丈史 市村正親主演 於:天王洲銀河劇場

この物語は南仏の高級リゾート地を舞台に、秘書までついている優雅なイギリス人詐欺師ローレンス(鹿賀丈史)と、たまたま出会ったアメリカ人ペテン師フレディ(市村正親)のお話。ローレンスが華麗に女性をだますところをみて憧れたフレディが弟子入りをするあたりから物語は始まる。最初は追い出したくて仕方がないローレンスだが、フレディの才能と特異なキャラに関心を持った彼は、フレディを受け入れカモを探す。

新たなカモとして目をつけた純情可憐な旅行者クリスティーン(奥菜恵)をネタに、縄張り争いをかけて一世一代の大勝負に出る二人。負けたほうが街を出て行かなければなければならない。ところがあまりに優しいクリスティーンに二人して惚れてしまうから訳がわからなくなる。でも結局本当の詐欺師は…というお話。

内容は単純なのだけど、ウイットに富んでいてコメディとしては秀逸。ゲラゲラ笑う感じではない、上品でオシャレなブロードウェイミュージカルです。奥菜恵の甲高すぎる声が役作りなのかも知れないが、ちょっと癇に障ったけれど、全体に完全な商業演劇にしては芸達者ぞろい。愛華みれ が舞台映えするのは当然としても、鶴見辰吾が意外とうまく、舞台でも堂々としていたのが新鮮な感じでした。実際には結構舞台に出ているみたいですね。私は初めて見ましたけど。最初鶴見辰吾とは気づかず、舞台俳優だと思っていました。ストーリーもありがちではあるのだけど、最後までオチがわかるようでわからない、微妙な線で引っ張っていたのは、きっと構成力と人物描写のうまさだと思います。

2008年に再演決定だそう。決定が早すぎるのは、まあご愛嬌ということで。