keiba

傷ついた心

北海道の大地の上、人のぬくもりに触れ、また歩き出す―。

「兄さんが羨ましいよ。迷いがなくて」

「迷ってばかりだ」


『雪に願うこと』  根岸吉太郎監督 伊勢谷友介/佐藤浩市主演


ストーリーは至って単純。東京の大学に進学し、起業をした北海道の厩舎の次男・学(伊勢谷友介)が事業に失敗し、13年ぶりに帰省。ずっと家と厩舎を守り通している兄(佐藤浩市)と再会する。最初は強がり事情を隠しているが、比較的すぐにカミングアウト。もともと兄弟は確執があったが、それでも兄はそんな弟をあっさり自分の厩舎の使用人として受け入れる。この心情はなんとなくわかる。生きる道が宿命付けられていた(と長男として思っていた)自分に対して弟は自由だったからだ。しかも甘やかされ、母親は兄の金までも弟に渡していた。そんな弟を自分が使うことに少しは溜飲が下がる部分もあったのではないか。


学は小学校時代の同級生や、ちょっといけ好かない同世代の男、兄より年上のベテラン調教師、賄いの女性・晴子(小泉今日子)などと共に働き出す。そして彼らや若い女性旗手(吹石一恵)などとのふれあいを通して、次第に心を溶かしていく。


悪く言えばひねりも何もないこのストーリーに、ばんえい競馬(北海道の障害競馬)の憂いある情景が重なる。雪深い景色も美しい。ちょっと人を殴りすぎだが、朴訥とした兄と控えめにこの兄を愛する晴子の存在も深みがあって素敵。


真っ当な日本映画って感じだった。私は結構真っ当な日本映画が好き。といっても「釣りバカ日誌」「寅さんシリーズ」 ではなく、かといって、吉永小百合や高倉健が出てくる大作でもなく、こういう小粒の映画が…。


でも惜しいのは、主人公がいまいち、いまいち浅いし、甘い。確かに今の若い起業家なんてこんなものと言われればそうなのかもしれないが、東京で挫折したって重みがまったくない。佐藤浩市が上手すぎるのかもしれないけど、ちょっと彼を主役に据えるのはつらい感じがする。テーマが単純なだけに、かなり上手な人でないと難しいかもしれない。


余談だが、この映画に限らず、最近の映画はちょい役にもいい役者つかっている。最近出まくりの香川照之なんてちょっとしか出てこなかった。役もそれほど重要じゃないし…。製作資金集めなどの事情もあるみたいだが、あまり著名人ばかりだとリアリティもないし、視点もぼける。その人が出てくることで、なんか重要な役なんじゃないか、この後その人が絡んだ展開があるのではないかと思ってしまう。

AD
ポニーキャニオン
容疑者 室井慎次

室井管理官、逮捕!

「青島よ、約束は果たせそうにない…。」


『容疑者 室井慎次』  君塚良一監督 柳葉敏郎/田中麗奈主演


言うまでもなく、「踊る大捜査線」のレジェンドムービー第2弾。

第1弾の「交渉人 真下正義」 は映画館に観に行ったが、これは行けなかった。主演としてはユースケ・サンタマリアよりよほどこちらの方が適任だと思うが、内容は私的には交渉人圧勝かも。


室井慎次(柳葉敏郎)は、ある事件の関係者(被疑者)を誤って事故死させたことで、逮捕される(←やや無理ありの設定)。亡くなった被疑者の警官の母親が訴えたからだ。その裏にはおきまりの警察内の権力闘争あり、室井を追い詰める変わり者で性格の歪んだ弁護士(八嶋智人)の存在あり、そうかと思えば陰のある若い女弁護士(田中麗奈)の存在あり…。そして何より事件の真相があるわけだが。


盛りだくさんなのだが、焦点が絞りきれていない。登場人物が誰が主役ということもないような感じだし、事件も「交渉人 真下正義」と比べても地味すぎる。田中麗奈演じる弁護士の陰の理由も、いまひとつとってつけたようで説得力に欠ける。


早い話、全体の暗さと盛り上がりに欠ける部分がつらかった。


室井の正義も空回りしている感が最後までつきまとい、明かされる室井の過去も何だか中途半端。このシリーズに重みを求めても、結局そぐわないのかもしれない。レジェンドムービーもここまでかな、と思ってしまった。

AD
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
フライトプラン

高度1万メートルの

超高速アクション・サスペンス。

隠された真実を、暴きだせ。


『フライトプラン』  ロベルト・シュヴェンケ監督 ジョディ・フォスター主演


最新鋭のジャンボ旅客機の中で、女性航空機設計士カイル(ジョディ・フォスター)の6歳の娘が忽然と姿を消す。最愛の娘を必死で捜すカイルだが、娘の荷物や搭乗券、搭乗者名簿への記録すら消されている。


この衝撃の着想が注目を集め、公開時にも随分話題になった。

…と同時に、観に行った人の評判は散々だった。それもあり、映画館には足を運ばなかったが、ビデオがリリースされたので借りてみた。


冒頭から娘が消えるまでが辛気臭くて暗い。その影響で娘が消え、捜索後しばらくもカイルに感情移入できないばかりか、彼女が悪者ではないかとさえ思う。これが狙いなのかもしれないが、アラブ人に詰め寄るところなどはちょっといただけない。カイルがとてつもなく嫌な女に思え、真実が暴かれる終章までその印象を引きずってしまった。


犯人もそのカラクリも着想そのものはなかなかおもしろいと思った。でもやっぱり大方の意見通り、ご都合主義が否めない。犯人はなぜカイル一家に目をつけたのか。単にカイルが旅客機の構造に詳しいというだけでは説得力がない。娘が消えた時に彼女がああいう行動に出るということが予測できるほどの、犯人とカイルにかねてからの人間関係があればまだしも、そのあたりがはっきりしない。


何だか着想とストーリーに溺れて、肝心のドラマがない感じがしてならなかった。犯人が犯人である理由が希薄すぎる。カイルの娘への愛情がメインテーマだとしたら、それも何だかなぁ~って感じ。そんなことのために、壮大な展開の映画をつくってしまったのね…というほかない。

AD

DVD評-8【深紅】

テーマ:
アミューズソフトエンタテインメント
深紅


愛する家族を奪われた少女が、

犯人の娘に出会う。

親が犯した罪は、子に引き継がれるのか?

胸に残る哀しみが、少女たちに愛と憎しみの選択を迫る―


『深紅』  月野木 隆監督 野沢 尚原作 内山理名/水川あさみ主演


最近凶悪事件が相次ぐ。その犯人はいわゆる市井の人々、日常生活に溶け込み、家族や友人とともに生きてきた人たちの場合が多い。当然加害者にも残された家族がいて、その家族の悲しみと苦悩の深さは計り知れない。


この主人公の一人である都築美歩(水川あさみ)もその境遇。しかも母は既に亡くしており、父(緒方直人)は一家4人を殺した死刑囚だ。悲劇の日にたまたま修学旅行先にいたために難を逃れたのが秋葉奏子(堀北真希→内山理名)。奏子は20歳になり、美歩に会うため、彼女の働くバーに出向く。奏子は素性を隠して、美歩に近づき親しくなる。美歩は自分が死刑囚の娘であることを隠さない。


奏子は叔母に育てられ、大学に通っているが、美歩は暴力を容赦なく振るうスカウトマンの夫と暮らし、バーテンダーをしている。2人とも陰があるが、美歩の陰の方がはるかに深い。やがて夫の暴力により宿した子どもを殺された美歩は、夫を憎むようになる。その時には親友のようになっていた奏子は、美歩に「夫を殺せばいい」とほのめかす―


何とも暗く怖い話だけれど、救いは主人公の2人にまだわずかに屈託のなさが残っていること。特に美歩が魅力的に描けている。水川あさみという人も魅力的な女優だな…と思った。奏子はちょっと何を考えているかわかりにくくて怖い。結果的にトラウマの発作が狂気を救うが、自律的に思い直す形に持っていった方が観る者に安心感を与えると思う。


サスペンスということだが、謎解きみたいなものはなく、すべて心理戦。それでも2時間飽きずに観られたのはさすが野沢尚の原作・脚本。ただ映画館ではなく、DVDで十分なレベルのものだった。

野沢 尚
深紅

書評-8【女たちは二度遊ぶ】

テーマ:
吉田 修一
女たちは二度遊ぶ
女の生態と男の心理をリアルに描く、
著者会心のイレブン・ストーリーズ。
…って帯に書いてある。

『女たちは二度遊ぶ』  吉田修一  角川書店
ちなみにこのブログは、観た映画や芝居、読んだ本の勝手な備忘録だが、最近書評は書いていなかった。ボチボチ本は読んでいたのだが、映画の感想を書くより面倒くさい。でも何読んだかも忘れてしまって、同じ本をまた買いかけたりするので、これまでのものも含めて遡って書いていこうと思う。

ところでこの作品、はっきり言ってタイトルで買った。
良かったのはタイトルだけだった。タイトルは大事だと改めて思う。

内容は冒頭の通りで11の短編だが、軽くてすぐ読めるので、暇つぶしにはいいと思う。
でもどうも男の描く、この手の短編に出てくる女は浅いというか、その女性の温度を感じない。その女がいくつで、どんな人生を歩んできて、何を考えているのか、書かれていること以上のプロファイルも感情も伝わってこない。
それぞれの話で男と女の関係性も希薄で、そこが今っぽくてオシャレでもあるのだが、男女どちらの痛みもうまく伝わってこない感じがする。何だか普通の話ばかりで、人間的に魅力的だなと思う人が出てこないのだ。短編なんて、そこが勝負だと思うのだけど、男性がこれを読めばちょっと違うのかな?実はこういう女たちが魅力的なのかなぁ~。

だからそれこそ、備忘録でも書かないと、1ヶ月もすれば本に書かれていた内容なんてすぐに忘れてしまいそう。

soukan

1992年春、

私(キム・ドンウォン)は、刑務所から出獄したが

身を寄せる所のない老人をボンチョン洞に連れてくるよう

神父から頼まれる。

この老人たちは、非転向(主体思想からの)長期囚として

長い獄苦から解かれた、北からのスパイ…


『送還日記』  キム・ドンウォン監督 ドキュメンタリー作品


このドキュメンタリーは、1992年春の出会いから12年もの期間をかけて撮られた渾身の作品だ。出獄時点で、約20~35年の刑期を耐えた老人たちは、さらに10年以上先にいわゆる太陽政策のもと、北に送還される(中には南に残った人もいる)。


私はどうしても日本人として、西側の資本主義社会、民主主義に贔屓目になる。だから登場人物たちに共感できない部分も多くある。この作品を撮った監督は非常にフラットな視点を持っていて、素晴らしいと思うのだが、それでも時々心の揺れを感じる部分がある(そこがまたこの作品の良さなのだが…)。それ以上に私は、特に拉北被害者(韓国の拉致被害者)や北に抑留されているという韓国人たちを差し置いて、送還されることにやるせなさを感じずにはいられなかった。


でも長期囚であった彼ら一人ひとりは、本来はどこにでもいる老人であり、宿命が彼らに極限の苦痛を与えたことには違いがない。韓国がスパイに刑を与えることは国家として当然のことと思うが、その上で激しい拷問でイデオロギーの転向を強いたわけだ。後者に対しては、正義とは言えない。同時に、民主主義の社会しか知らない私は、個人のイデオロギーって何だろうと思う。生まれた国、場所、時代によって、翻弄される人生…個人の人生は、必ずしも個人のものではないということを私たち若い日本人は忘れているだけなのかもしれない。


先日も日韓の拉致被害者の出会いをただドラマチックなものとして、あるいは双方のズレを浮き彫りにしてただ浅く問題提起するだけで、マスコミ報道をしていたが、この映画を観れば違って当たり前だということに気づく。日本のテレビでも時々見る韓国の拉致被害者の会の代表の女性(比較的若くてきれいな人)がこの映画にも出てくる。長期囚たちの送還が決まり、面会を求めるシーン、送還の日に休戦ライン近くで右翼団体とともに阻止しようとするシーンで。


彼らの悲しみ、ひたむきさ、強さ、国家や北に対して示さざるを得ない配慮は、日本人の被害者たちとは異質のものであり、それは仕方ないことなのだと気づかされる。日本の報道だけを見ていると、彼らは何もしていないとか、生ぬるいと思うかもしれないが、とんでもないことだ。


そんなこんなで簡単に感想を書けるようなものではなかったわけで、おススメしたい映画でもあるのだが、東京での上映は昨日まで。今日から神戸で上映されるらしい。

rent

未来も過去もない。

僕らはこの一瞬を生きる。

最期の瞬間まで。


『RENT/レント』  クロス・コロンバス監督 ロサリオ・ドーソン/テイ・ディグス主演


ニューヨークでミュージシャンや映像作家を目指して生きる若者たちの群像劇なんて言ってしまうとダサいけれど、この映画はそんな一言だけでは括れない。


家賃も払えないくらい貧しく、ドラッグや同性愛に溺れ、エイズによる死の恐怖と戦いながら生きる。彼らにとってもはやニューヨークは夢をかなえる、芸術家をありのままで受け入れる街ではない。それでも両親のいる故郷は最悪だ。この街で今を生きるしかない。


ミュージカル映画なので、音楽、歌唱部分がほとんどだから、ミュージカルが苦手な人にはちょっとつらいかもしれない。でも愛を語る甘い音楽ではなく、圧倒的な迫力、生きることへのほとばしる魂を感じる素晴らしい音楽なので、ミュージカル嫌いの人にも意外と受け入れられるかもしれない。


音楽が何よりも良かったが、ストーリーも特にクライマックスからラストにかけて、感動。仲間の一人がエイズで逝き、見送るシーンは必見だ。もちろん全体の内容的に自己に投影できるような話ではないが、まったくかけ離れた世界観でもない。若い頃何かを目指した経験があったり、危なっかしい恋愛や友人関係のなかで群像劇もどきを実生活で演じた経験がある人なら、共感できる部分があると思う。


私は映画としてより、ぜひ舞台で観たい。ミュージカルの素材としては、これまで観たミュージカル映画、舞台のなかで私的には最高だった。秋にステージとしても来日するのだが、今からチケットは無理かなぁ~。


とりあえずサントラを買おうと思う。

サントラ
レント