診断ざむらい 大渕一彦ブログⅡ

大学受験予備校講師、中小企業診断士、バイク乗りでイクメンである大渕一彦のつれづれ・・・。秘書の目を通した観察日記と、物理や数学に関するエトセトラを綴っております。
中小企業診断士2次試験の過去問解説「俺の解答」を公開中!


テーマ:

センター物理のズバリ的中があり、大渕先生も物理講師として一安心。


私も喜んでいたのですが、実は・・・直前に大渕先生が個別で担当している生徒さんに


「2009年の追試験」と「2007年の本試験」


の問題をやらせていたとかで、一番喜んでいるのは生徒さんの方でしょうか?


「信じる者は救われる」


ですよ~。


さて、物理の問題は去年よりもちょっと難しかったということですが、ここで平均点の予想です。


大渕先生の予想は・・・


ズバリ64点!!


「確かに去年よりも問題は難しいんだけど、実はひっかけがなくて、選択肢を見ると意外と当たるということも考えられるから、ちょっと予想するのが難しいところ・・・。前半で40点はとれそう。」


ということだそうです。


ちなみに各予備校での予想は・・・


代ゼミ 66点

河合塾 65点

東進  64点

駿台  63点


別に東進の回し者ではありませんが、たまたま東進と同じでした。



今年のセンター前に大渕先生が言っていたのですが・・・


「センター試験の問題で、正答率50%の問題を全部取ると、大体毎年88点ぐらいになる。正答率が低い問題も必ずあるから、80点は取れるけど90点以上とるのは結構難しい。」


ということです。


自己採点で一喜一憂しているかと思いますが、明日から私立の医学部の入試が始まるということです。

大渕先生担当の生徒さんは、どうでしょう?!


ブログ担当秘書・マシャ

PR
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード