怪我の功名

テーマ:
左足の肉離れから、暗黒の3か月を過ごしました・・・。

今までの努力が水の泡となり、せっかく計画していた家族旅行を兼ねたレースを棄権したり、地元最大のレースに出なくて周りの人にがっかりされたり、復帰戦の東根&寒河江と不本意なタイムでまたしても期待を裏切ってしまいました。

(怪我が怖くて追い込んだ練習ができるか?)

と思うものの、やはり怪我をして走れなくなるのはつらいです。
レースに出られないことよりも、走れないことの方が精神的にきついのです。

「せっかく怪我したんだから・・・。」

と言われましたが、なかなか怪我していいことなんか見つかりませんでした。

でも、5年かけてようやく寒河江で掴んだものがありました。

「かけっこは何て楽しんだ!やっぱり私は走るのが好きなんだ。」

と思いました。

結果としては全然ですが、今私は足が痛くない状態で走れるようになったことに喜びを感じています。

(怪我が治ってよかった。また走れるようになってうれしい!)

まだマックスでは走れませんが、この気持ちのせいで前よりも足が軽いです。
体重はまだ重いけどね。。。

東根で、悪意を持った人、邪悪な心を持つ人に触れて嫌な思いもしましたが、そうではない、純粋にマラソンが好きな人と接することができて、本当にマラソンっていいな~楽しいな~と思いました。

犬は、犬好きな人が分かるって言うでしょ?

マラソンランナーはお互いに、マラソンが好きなのかどうか?分かるんです。
かけっこ好きは年齢や性別に関係なく、すぐに仲良くなれます。
一瞬で意気投合します。

5キロ、10キロ、ハーフ、フル、ウルトラ、トライアスロン、トレイル・・・種目は違えど、大きなくくりではみんな同じなんです。

それが分かりました。

「ファンランで走る人、競技者で走る人、仮装して走る人、みんな違うけど、みんな同じなんです。」

トレーナーさんがいつかの飲み会で言っていたことが、本当に理解できたような気がしました。


怪我が治って、本当に良かった!!

優勝できた時も嬉しかったけど、また走れるようになって、今、一味違った喜びを感じています。

5年かけてようやく手にした、楽しさと喜びです。

もちろんタイムも順位も気にして練習していますが、その根底にあるのは

「かけっこが楽しい」

という気持ちだったということにホッとしている自分がいます。

優勝したくて練習していますが、でも優勝が目的でもなく、たぶん優勝できてもできなくても私は走り続けていると思います。

マラソンは趣味です。
一般の市民ランナーなので、あくまで自己満足だと思うのですが・・・

私は自己が満足していないぞ!!笑

満足するまでは走り続けます。

今日は午後にペース走、夜にジョグで久しぶりに2部練をしました。
1日に24キロ走って、おけつがちょっと筋肉痛です。苦笑


怪我して、ようやく「光明」が見えてきました。

今年の秋ごろには、去年とは違う私がいると思います。

この怪我は、ただの怪我にはしたくないです。
怪我から得るものも、確かにあることを証明したいですね。

必ず復活して見せます!

秘書・マシャ
AD
日本で一番速い人を決める「かけっこ」の頂上決戦です!

日本選手権の10000mを見ました。
私の注目選手は、もちろん大迫傑選手。

彼はフォームがきれいで、あの美しい走りには憧れます。

レース展開もずっと見ていましたが、設楽君が何やらいつも後ろを気にしていて、振り返ったり、集中力を欠いていたように思います。

一方、大迫君は冷静で落ち着いた走りで、最後のラストスパートは圧巻でした。
これは、ラスト200mぐらいをがむしゃらで走る、誰かさんのようなインチキスパートではありません。

明らかにギアチェンジでした。

最後は短距離かと思うような驚異的なスパートで、あんなに足が残っていることに驚きでした。

私は腕振りの悪さを指摘されているので、終始、大迫選手の腕振りを見ていました。
上半身でリズムをとっていて、足の動きがとてものびやかです。
姿勢もいいです。

あの伸びがある走りは、ばねではなくてリズムの良い腕振りにあるのかもしれません。
足のばねではなくて、全身がばねになって走っているように見えます。

さすがアメリカに渡っただけはありますね。
武者修行して、一回り強くたくましく、そして切れがある走りだったように思います。

雨の日でしたし、あれがベストの状態ではありませんから、リオにさらに期待です☆

私もあの走りを真似したいところですが、一般人にはそんな簡単じゃないですね。。。


私が短距離時代に憧れた長距離っていうのは、トラックの5000m、10000m。

「なんで長い距離を、こんなに速く走れるんだろう?」

というのが原点だったので、タラタラ走る市民ランナーのファンランなんて見るのも自分が走るのも、面白くないわけです。

この辺はなかなか分かってもらえなくて、フルマラソンにあまり興味が沸かない原因にもなっています。

大迫選手の走りを見ると、やはりトラック競技の方がいいな~と思ってしまう自分がいます。

(走るなら、速く走ってなんぼのもん)

10000m2位だった村山君は、宮城県出身です。
トレーナーさんには、

「大迫君はスーパーカーでとても真似できないから、お手本にするならバランスがいい村山君の方。」

と言われておりますが、今回は大迫君ばかり見ていて村山君をあまり見ていませんでした。

かけっこの祭典=リオオリンピックではちゃんと見ようと思います。

秘書・マシャ
AD

大人の…

テーマ:
先日ジョブチューンを見て、早速買ってみました!

{C8BB7A50-14C9-4E4A-B481-23ABDA89E061:01}

大人のたけのこの里と大人のきのこの山

昔から、たけのこの里派か?きのこの山派か?の論争がありましたが、

普通のやつは、圧倒的にたけのこの里の方が売り上げがいいらしい…。

でも、チョコレートの量はきのこの山の方が多いそうです。

昔、遠足のおやつ300円以内という制限の中で、私は必ずたけのこの里をチョイスしていましたね~

大人の…バージョンは、カカオが効いていて深い味わい。
確かに大人向けですが、ジュニアくんも美味しいと言っていました。

ブラックコーヒーが飲みたくなりましたよ。

番組でもおっしゃっていましたが、大人向けの方はきのこの山の方が美味しいです。

売り上げも、大人のきのこの山の方が逆転しているそうです。

きのこの柄の部分が香ばしくて、きのこのチョコ部分とマッチしていて、絶妙な組み合わせ!

これは美味いぞ!

減量しなくちゃいけないのに、また太りそうなものを見つけてしまいました。。。

最近は、ちょっと高くても美味しいもの、プレミアが付いたものの方が売れてますね。

大人のきのこの山とたけのこの里、まだ食べていない方は是非。
お勧めです。

秘書・マシャ
AD

才色兼備

ジムでこんなポスターを発見!

{8D5583D1-0B9D-4C3E-9751-B84C2643CACC:01}

我がジム出身のオリンピック選手、伊藤華英さんのスペシャルスイムレッスン

私はマスターズに出ることは諦めましたが、速く泳げるようになりたいという欲求は今だにあります。

他のトレーナーさんに習ったら気まずくなりますが、オリンピック選手のスペシャルレッスンだったら、別に受けても大丈夫だよね?

伊藤華英さんは、美女スイマーの先駆けで、鈴木大地さんと共にうちのジムを代表するオリンピック選手。

トレーナーさんも、実物のご本人に会って、別格に綺麗だと言っていました。

私はかなりやる気満々です。
ジュニアくんも、ママと一緒だったら行きたいと言っています。

親子で出たら恥ずかしいかな?

でも、今年はオリンピックイヤーだし、人気スイマーだからすぐに定員いっぱいになっちゃうかも…。

来週火曜日、仕事帰りにジムに直行します!

秘書・マシャ

寒河江のさくらんぼ

テーマ:
東根さくらんぼマラソンの参加賞は、佐藤錦8粒でしたが…

{D85F1033-4798-4DB6-B8B2-02AC18BF9FCB:01}

寒河江さくらんぼマラソンの参加賞は、こんなにたくさんのさくらんぼが貰えます!

まあ、東根ではつや姫のおにぎり2つもついてきますが、おみやげに買った佐藤錦のさくらんぼも寒河江の方が美味しかった!!

{A70C3837-652F-4938-BC4D-8C40BB5C9CED:01}

東根で買ったLサイズの1000円のさくらんぼより、寒河江で買った450円のさくらんぼの方が超甘かったぞ~

私だけでなく、大渕先生もジュニアくんも、お土産を渡したマラソン仲間も同様に感じたそうです。

日曜日、ジムに寄ったときにたまたまトレーナーさんにも会ったのですが、彼だけは、

「どっちも美味かったっす!農家の方が一生懸命に作ったものですから、優劣をつけてはいけません。」

と言っていました。
さすが農家の次男、無難なご意見です。

ただ、参加賞のさくらんぼはハネものなので、買った方が美味いのは仕方がないとか。

さくらんぼの初物は、毎年東根で買ってきたものに決めていましたが、来年は買わずに副賞で頂きたい。。。

買うなら、東根より寒河江だな…。

でも、完熟だったので水曜日に会う予定の友人には渡せませんでした。

さくらんぼは賞味期間が短いから、月曜日に会えた人まででしたね。


今日のパーソナルの時も、引き続き寒河江の話ばっかりしていました。

私は、速いランナーを見つけると嬉しくなります。

宮城県の社会人最強ランナーのあの人は、トレーナーさんと同じ年で知り合いなのですが、その人よりも速いランナー発見!

10キロのスタートダッシュも見たし、5キロがゴールしてから10キロの先頭がゴールするので、バッチリ観察できました。

なんかね、一般人と走りが全然違いました。
当然、名前をチェックしていて、あとからトレーナーさんに聞こうと思っていました。

すると、…

「あいつは箱根ランナーですよ。」

やっぱり?
なんか違いましたよ。

東京農大卒で、今年社会人一年めらしい。
トレーナーさんの所属する社会人チームは、宮城県で1、2を争う有名なチームですが、そのライバルチームに所属しているとのことでした。

役場に勤めていて、他の社会人より練習時間は取れているらしい…。
現段階では、東北で一番速い社会人ランナーかもしれないと言っていました。

ほ~~~

(私もなかなか見る目あるな…)

だって、招待選手より速かったですもん。
かなり目立っていて、オーラがありました。

寒河江の大会でしたが、宮城県のランナーがたくさんいました。
私の部門もそうですが、宮城県出身のランナーがかなり優勝を掻っ攫っていましたよ。

当時移動でも余裕で行けましたからね~
そして一度行ったら、また出たくなる大会ですから出場選手が増える訳ですわ。

お土産に買った笹巻き、食べてしまってなくなりましたが、ドーナツも美味しかったです。

東根の時は体調が悪くて何も食べられませんでしたが、寒河江では食べ物でも満喫しました。

次の山形のレースは、11月の酒田です。
山形まるごとマラソンがエントリー出来なかったことが、残念でなりません。

秘書・マシャ

WOX

テーマ:
寒河江さくらんぼマラソン後、調子が上がっております。

温泉に入ったら、湿布被れの部分がヒリヒリしましたが、上がったら赤みと痒みが消えました。
今はもう全然痒くないです!

当日は痛み止めが効いて、走っている最中に痛みはありませんでしたが、単に痛みを感じていないだけ…。

でも、大会が楽しくて痛みはどこかに吹き飛んでしまったのか?今は全然痛くありません。

やはり、筋肉痛ではなく内蔵疲労からくるもので、ストレスが原因だったかもしれません。

気持ちが軽くなって、背中の重苦しさはもうありません。

同行した女性は4週連続のレースで、しかも岩手銀河50キロ走った後なのに、非常に元気でした。

私たちの年代になると、練習方法も大事ですが、いかに疲労を蓄積しないか?も同様に大事になってきます。

暑さ対策に、東根の時も寒河江も、ウォーターローディングをしておりましたが、今回は走っている最中に喉か渇きました。

こちらでの練習時には、まずそんなに暑くないというのもありますが、たった5キロ走るのに途中で給水はしません。

だから、走る前にまとめて飲んで、あとは走っている最中は給水しないことに決めています。

走った後に、彼女に秘密のアイテムを教えてもらいました。

高濃度酸素水WOX

あの羽生君も飲んでいるらしく、酸素カプセルに7時間入っているのと同じ効果があるそうなんです。

ただ、高い!
一本600円以上もするらしい…。

でも、騙されたと思っていわて銀河の前日からチビリチビリ飲んでいたら、予想外に当日疲れなかったそうです。

寒河江の時も、暑いのに彼女はピンピンしていました。

帰宅してから、私も騙されたと思ってネット注文してみました。
商品が到着したのは火曜日の夜で、昨日初めて飲んでみました。

{B811D6CB-32AD-4D5C-88AE-81E3DAC8D026:01}

味は特になかったのですが、飲んでしばらくすると頭の中の霧が晴れた感じがしました。

これは、昔、私が富士登山をした時に、酸欠になって酸素ボンベを吸って頭の中の霧が一気に晴れたあの感覚と同じです!

昨日は1000mのインターバル×3本の後に、仲間と仙台国際ハーフのアップダウンがあるコースを1時間ぐらい走ったのですが、呼吸がいつもより楽でした。

雨が降っていて、湿度が高いせいもありますが、これは確実に違います。

羽生くんと同じ喘息持ちの私にとっては、酸欠になるのは命取りなんです。

これはいいものを教えてもらいました。

なんか、お通じも調子がいいんです!

2部練の翌日の今日ですが、疲労は感じていません。
最近、完全休養してないのに。笑

高いので頻繁には飲めませんが、私は確かに効果を感じました。

次は伊達ももの時ではなくて、ランニングクリニックの時にまた試してみようと思います。

高い水を飲んだからといって、足が速くなるわけではありませんが、酸欠でいい走りが出来るはずはありません。

手術明けのトレーナーさんですが、彼もまた復活予定ということで、また来月も一緒に走ってもらうことにしました。
敢えて暑い時にね?!

羽生くんにあやかって、私も結果が出せるように上手に疲労を抜きながら頑張りたいと思います。

来月は、WOっとびっくりするような走りを疲労…じゃなくて、披露しますわ。

秘書・マシャ

北上京だんご本舗

最近、さくら野地下の開拓をしておりますが、不発が続いております。

でも、昨日自分へのご褒美に食べたこれは美味しかった!

{02A68CCE-345C-4C79-9D22-83A3F6948600:01}

新しく出来た北上京だんご本舗のずんだソフト

{502CD558-24D7-4F74-8086-6E515412AAB2:01}

マツコさんが宣伝して爆発的人気に発展した「ずんだ茶寮」のずんだシェイクより、個人的にはこっちの方が甘さが抑えられていて美味しい!

私がライターの仕事をした時に、こちらの北上京だんご本舗の紹介記事を書きました。

この時は、こちらのおだんごを取り上げたのですが、基本的に自分が美味しいと思うもののみを紹介しました。
お金を貰っても、嘘は書けませんから…。

素朴なずんだの餡が美味しいお店ですから、不味いはずはないと思って注文したのですが、期待を裏切らない味でした。

同じ色のイゲタの抹茶ソフトよりも、私好みかもしれません。

この写真を見せたら、大渕先生も食いつきました。

「今度3人で食べに行こう!」

ですって。
お団子もいろいろありました。
みたらし団子が大渕家では一番人気ですが、なんだかいろんな種類があったような…。

こちらのお店は、また食べに行きたい度No.1です。

次はおだんごセットにしようかな~

北上京だんご本舗は、見た目も中身も裏切りません。

秘書・マシャ
先日、さくら野地下一階のガーデンで夏野菜カレーを食べました。

{3EEC352F-76DD-4EE6-A7A1-DAFEAD1DBCE7:01}

「今日から始めました~、どうぞ食べて行ってくださ~い。」

という元気なお姉さんの呼び込みに捕まって、さらにプラス150円でサラダも付けるハメになりました。

見た目、凄く美味しそうでしょ?

でもね…見かけ倒しでした。

まず、ルーが私が好きじゃないタイプの味。
焼き野菜のゴーヤは苦いし、ズッキーニも個人的に苦手な野菜です。

トマトは嫌いじゃないし、パスタに生トマトを入れると美味しいのですが、カレーに焼きトマトは好きじゃなかった…。

このお店は、生ジュースがメインで軽食も発展的に扱っている感じのお店です。
スイーツが充実しています。

ソファー席でゆったり寛ぐにはいいのですが、食事するには椅子が沈んで低くなり、食べづらかったです。

見た目に対して味がイマイチで、残念なカレーでした。。。

隣の500円の金沢カレーの方が、断然美味しかったですよ。


見かけ倒しといえば…私もそうでした。

今回ご一緒したサブスリーランナーの男性には、以前に練習会で会ったことがあり、初めて会った時に

「フルマラソンどれくらいで走るの?」

といきなり質問されたことがあります。
フルマラソンは走ったことはないと言ったら、びっくりされました。

2回目に会った時は、ターサーJAPANを履いていて速そうに見えたらしくて、声をかけられました。

今回は、「かっぱで優勝した人」という紹介を受けました。

私は見た目が速そうに見えるらしいのですが、全く中身が伴っていない結果で、恥ずかしい限りです。

今回も会ってすぐに、

「何位だった?」

と聞かれました。

「10位でした。」

「あ~、残念。」

「来年は入賞できるように、頑張ります!」

と言いました。
入賞してもタイムが悪ければダメですが、入賞しないのはもっとダメらしい…。

(大会のレベルもあるし、入賞して当たり前になると、キツイな…)

お二人のフルマラソンの話を聞いていると、何だか私も興味を持ち始めました。

どうせ走るなら、タイムを狙います。
そして、マイナーな大会よりは公認コースの大きい大会がいいです。

まだ積極的に出たいとは思っていませんが、

(東京マラソン、今年もダメ元で応募してみる?)

という気にはなっています。

フラットで記録が出やすいという、つくばも候補ですが、かっぱの前の週なのがネックです。

見かけ倒しの人が、見た目と同等の結果を出すのは、いつになるでしょうね?

ここのカレーはイマイチでしたが、私はイマイチなまま終わることはありません。

まあ、気長に待っていてください。

秘書・マシャ

寒河江さくらんぼマラソン

テーマ:
初めて参戦して来ました!
心配した移動でしたが、同行する女性が事前にタクシーを予約してくれていて、運転手さんも最短距離で急いでくれたおかげで、山形駅から予想よりも早く会場に到着しました。

仙台から、当日移動も可能です!

東根に比べるとこじんまりしている大会ですが、室内の待機場所があったし、トイレも綺麗だし、アップする場所もありました。

到着してすぐに高橋尚子さんに遭遇!
相変わらず、身体は切れていましたよ。

ただ、スタート位置を示すゲートがなくてよくわからず、迷いました。

5キロと10キロでスタート位置が違うんです。
しかも、10キロがスタートしてから4分前ぐらいに慌てて整列でした。

コースはほぼフラットでしたが、暑い!

仙台は曇りで涼しかったのですが、トンネルを抜けたら青空が広がっていて、さすが山形は気候が違いますね。

ぐんぐん気温が上がって、走る30分前にバームをがぶ飲みしましたが、走っている最中に喉が渇いて来て、給水しようかと迷いました。

でも、ロスが怖くて取りませんでしたが、やはり喉が渇きました。

今日は歩かないで完走しようと思っていて、ロキソニンを飲んで走りましたが、やはり動きが鈍く、脚は浮腫んでいました。

東根よりはマシでしたが、やはり復活にはまだ遠い状態です。

グロス24分37秒  10位

手元の時計では24分30秒でした。
まあ、今はこんなもんです。

やはり体重落とさないと、重いですね。

{84DBB13B-28FB-4A11-ADC1-02941D1CC079:01}

参加賞のさくらんぼとTシャツ

実はこの後の行動については、仙台店で1番速いというサブスリーの男性ランナーが、全て段取りしてくれていました。

(私は当日知った)

走った後は会場近くの温泉へ行き、私たち2人が温泉からあがると、そば屋へ先に移動して鳥そばを既に注文してくれていました。驚

{39E6A46A-9EF8-471F-B626-3010FFDCCDCA:01}

600円にしては美味い!

もう、凄い至れりつくせりでした。
この男性、放送局に勤務していてジムでは有名人。

名前は噂で伺っていて、練習会で一緒になったこともありましたが、今回同行させてもらって紳士的で大人な行動に感動しました。

先をみて分単位で動くし、ものすごく段取りがいい!
さすがサブスリー、仕事ができる男だと思いました。

一緒に行った女性ランナーは私よりも5つ上で、東京マラソンでサブ4達成しています。

しかも先週、いわて銀河50キロ走ってきたらしい…。

この男性は私よりも一回り上です。

鳥そばのあとは、またタクシーを事前に予約しておいてくれて、寒河江駅まで移動しました。

ここでも休日限定のトロッコ列車の指定席を予約してくれていて、感動!

私はこの存在すら知りませんでした。
屋根はありますが、風を感じられる開放感たっぷりな列車でした。

{B4BD4188-1E8C-4A5F-978E-F376FB2B664A:01}

寒河江の駅の看板はさくらんぼのかたちになっていて、可愛いかったです。
出発ギリギリだったので、時間がなくて写真はなし。

さくらんぼ畑を眺めながら、ゆっくり山形駅まで移動しました。
マラソン客であることがバレバレの格好をしていたので、車掌さんに話しかけられました。

車掌さん、東根さくらんぼマラソンは新撰組の袴の格好をして走ったそうです。

いわきサンシャインでフルを走ったとも言っていました。

記念写真も撮ってくれるという、サービス満点でした。

(残念ながら写真はなし)

トロッコ列車の中では、もちろんマラソン談義。

全国各地を転戦している人の話は興味深かったです。

実は、東根の時、私は凄く嫌な思いをしました。
自分のことではないのですが、鬼コーチをライバル視するあるトレーナーの行動にかなりカチンときたし、苛立ちと嫌悪感を抱きました。

(これは私だけではありませんでした。)

マラソンランナーでもいろんな人がいて、腹黒い人や性格が悪い人、走るのが好きなんじゃなくてプライドのために走る人もいるのです。

邪悪な心を持つ人に触れて、嫌な気分になっていました。

でも、今日は同じジムに通うマラソンを愛するレベルが高い人たちと一緒に行動をして、やっぱりマラソンは楽しいと思いました。

タイムは良くありませんでしたが、今までの大会の中で1番楽しかったです。

サブスリーの男性が仰っていたのですが、

「マラソンは考え方を変えるだけでも、結果は変わる。フルマラソンの30キロ地点で、あと12キロもあると考えるのと、あと12キロしか走れないんだ!と思うのとではゴールタイムが全然違う。」

そうです。
この方は同じサブスリーでも、私がカチンときたあの人とは全然違います。

もちろん向上心もありますが、何よりも走ることを楽しんでいます。

今日は結果はイマイチでしたが、今まで体験することがなかったマラソンの楽しさを堪能することができました。

これは今後、大きなきっかけになると思います。

今日の大会は、3人にとっては暑さ対策のための練習レースです。

私が伊達ももに出る日、あとの2人は同日開催の北海道マラソンに出るそうです。

仙台は夏も涼しいので、あまり暑くありません。
山形、福島の大会に出ないと、暑い中走る練習にならないんですよ。

今日も、仙台での練習通りには走れませんでしたし。。。

サブスリー、サブフォーの刺激を受けて、また明日から頑張ろうという気持ちになりました。

サブフォーの女性の妹さんが私と同年代で、私が去年優勝して、表彰式でりんご一箱もらう所を見ていたらしく、目標にしているらしいと言われました。

それにしては、今日は不甲斐ない走りでした。

必ず、復活します。
来年も寒河江さくらんぼマラソンに出場することを決めました。

今度は6位入賞を目指します!

山形駅からは、高速バスで寝て帰ってきました。
これも手配してもらったものです。

充実した寒河江遠征でした。
東根より寒河江の方がいいという通なマラソンランナーの言うことは、本当でした。

次は、8月末の伊達ももに備えたいと思います。

秘書・マシャ

毎度毎度ですが、レース前日はバタバタです。

遠征の準備もそうですが、子供の宿題を見たり、洗濯したり、買い物したり、旅費の現金を下ろしに行ったり・・・

今回は寸前にマイナンバーの申請をしなければいけなかったり、来月のK塾の仕事のマニュアルが届いたり、次の仕事のエントリーをしなければいけなかったり、あとは派遣会社の研修をネットで受講しなければならず、何だか寝不足気味です。。。

背中が痛くて貼った湿布にかぶれてしまい、今は痛みよりもかゆみとの闘いです。

持ち物チェックして、明日同行する人に連絡もしました。

朝は4時半起きで、5時過ぎに出発です。
痛いと集中できないので、ロキソニンを飲んで走ります。

前日である今日はストレッチとウォーキング5キロ、ビルドアップ5キロで切り上げました。
ラスト4分22秒まで上げましたが、最後きつかった。。。

あとは当日次第かな。

到着がギリギリなので、すぐに走り出せる格好で家を出ます。
ノーアップで出走もあり得るかもしれません。

寒河江がどんなに暑くても、想定内!

…と思うことにします。

東根の時もそうでしたが、ウォーターローディングやってるし、飲みものと塩熱サプリ持参で、暑さ対策は万全です!

泣いても笑っても、これで前半戦のレースは終了です。
しっかり走ってきます!

前日の準備からマラソンは始まっていて、大会から帰宅して、1日の家事を済ませるところまでが私のマラソンのゴールです。

明日は、暑くて長い一日になりそうです。

秘書・マシャ