診断ざむらい 大渕一彦ブログⅡ

大学受験予備校講師&中小企業診断士の大渕一彦のブログを、秘書が留守を預かっております。
中小企業診断士2次受験生のために、過去問解説「俺の解答」はそのまま保存しています!

NEW !
テーマ:

昨日お会いした日体大の秋山君に、

 

「2年連続区間賞って凄いですね。」

 

というと、

 

「そんなことないです。たいしたことではないですよ。」

 

と返されました。

謙遜して言っているのではなく、ましてや箱根を軽く見ているのでもありません。

 

彼はもっと先の大きなもの、「東京オリンピック」のフルマラソンを見据えているので、一地方の駅伝大会の区間新なんて、それに比べたら大したことないと言っているのです。

 

箱根を目指して入学してくる人もいるだろうし、走りたくても走れない人も大勢います。

 

でも彼は見ているところが違うんです。

 

今日は「秋山君」の話がしたくて、鬼コーチに会いに行ったようなものなのですが、

 

「彼は下りのスペシャリスト。ものすごく、えげつない走りをしますよ。」

 

と言っていました。

もちろん誉め言葉です。

 

「見た目細くはなかったです。男性にしては小柄な方ですが、意外と骨太で筋肉質なところはSさんに近いと思いました。あと、きっと彼は性格がまっすぐでいいと思います。」

 

というと、

 

「日体大の身体の作り方は、ああなんです。僕は嫌いではありません。」

 

という評価でした。

 

私は赤羽で3位入賞しましたが、記録はたいしたことはないです。

これは、謙遜でもなくて素直にそう思います。

 

次は新宿シティハーフに出ることを伝えると、ちょっと驚いていました。

 

「めっちゃ、メジャーな大会じゃないですか。エントリー大変だったんじゃないですか?」

 

「大変でしたよ。PCとしばらくにらめっこして、ようやくエントリーしました。被災者枠を知っていれば、事前に申し込んだのに去年は知りませんでした。」

 

新宿シティハーフに比べれば、赤羽なんて大したことはありません。

規模も知名度も違います。

 

今度は40歳以上とか区分がなく、一般女子枠なので大変です。

でも、もしここで入賞できたら本物だし、「たいしたこと」になると思います。

 

センター試験が終わったばかりで、自己採点で一喜一憂している受験生も大勢いると思います。

たった今だけ見れば大変な出来事でも、二次試験から見たらセンター試験は「たいしたことはない」のです。

センターで思うように点が伸びなかった生徒さんがいるらしく、

 

「センターで失敗しているようでは・・・。」

 

と大渕先生は嘆いていました。

 

東京赤羽は「失敗」ではなくて、いくつかの「選択ミス」を犯した結果だと指摘されました。

 

鬼コーチは、まず秋山君と私のツーショット記念写真を見て、

 

「これを見ただけでも、Oさんは防寒対策が万全でないのが分かりますよ?」

 

と言いました。

私は選択ミスを改善して、来年はいい記録でもっと色のいいメダルがもらえるでしょうか?

 

楽しみに1年、待っていてください。

4つのうち2つはすぐに対策できます。

 

あと残りはお金がかかるので、すぐには無理かな~?

遠征費がかかる今は、ちょっと検討中。。。

 

2週間後は寒波が来ないことを祈るばかりです。

 

秘書・マシャ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「つれづれ」 の記事

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。