久々野智 小哲津(くくのち こてつ)の東京デートスポット

ブランドプロデューサー久々野智 小哲津(くくのち こてつ)が、デートを楽しくする場所、楽しみ方をレポ。


テーマ:
自由が丘は、
素敵で小さなお店がある場所と
オシャレな住宅街が
隣接してます。

 その住宅街の方にひっそりとあるのが、
ケーキの老舗『モンサンクレール』。

パティシエ辻口 博啓さんのスタートになったお店。
{74BBEA58-386F-4EF0-9470-A9801E29EF38}


店内は、ケーキにショコラ。
15席ぐらいでしょうか、
イートインもあります。
{3FC9FC26-7F6E-4C75-BDAD-4315900881D6}

{72792E5B-34B5-4CB0-9D87-37FE956B289E}

{C8E9290A-31B5-4074-91F6-C4185DBC867E}

{EC11A609-259B-4B69-B3D7-9C27947E3D29}

シュークリーム売り切れだ…

ケーキを食べました。
フランス流だけに偏らず、
日本人が好きなケーキにアレンジしているあたり
さすが!
{4931017F-013E-4ED1-B5AB-0120DFE0BD4F}


 駅から結構離れているこの立地で、
続いているのは地元のファンが付いている証拠。

食べたかったシュークリームは
売り切れで、
今度は、シュークリームを食べに行こう!
{1B98E45C-4A4F-44CB-9E8B-8AE64456E497}


 |  リブログ(0)

テーマ:
アイス専門店は、すべて行こう!

そんな意気込み。

好きなんです。アイス。

 下北沢に行きました。

下北はデート向きだわ。
ご存知、ヴィレッジヴァンガード!

小さな古着屋、お手頃な飯屋。

小道ぶらぶら。
うーん、いい感じ。

で、
たどり着いたのは、
アイス専門店 SWEET TWISTです。
{4148B83D-5ABC-40E0-98AE-9955C51FC7F6}


元は、中華料理屋さんだったそうで、
表に向いてるショーケースが
街の中華屋さんの名残。

今は、可愛くディスプレイされてます。
{33855C80-5239-46C7-817A-9151F9C960F2}

{745618B5-ABDC-436E-84BE-37BAFDFD1415}


店内も古い雑誌のアイスクリーム広告とかを
探してきてるあたり、
なかなか!
{6C93D7CB-2D1A-4DE7-8787-EAE23B4DF093}

{40D98333-AFAD-419A-94FB-FD5B347B9111}


ドアも、壁も、一体となった世界観が
お見事。
{B6A4AAD3-C540-4845-87A3-CA51CD1E6520}


で!
で!

味なんですが。

これが美味しいのです。
{0A669D1F-152F-4ED6-9598-41D7F1ED6C7F}
ミルクは、ミルク本来の甘さをうまーく引き出していて
ここでしか味わえないです。
{4ABC14A8-35D3-4CC9-9F9A-2AE283BA2CE3}

あと、紅茶、チョコ、ほうじ茶、ストロベリー、
ピスタチオを食べました。

紅茶、ほうじ茶は、お茶の深みが感じられます。
甘すぎない大人のアイス。

ピスタチオも豆の油分をうまくさっぱりさせてます。
{E4369897-13E5-474D-9CAE-9801C1019C01}

{7BC929E0-FC90-4391-9A82-7F44BF3F3022}

コンビニスイーツは甘いものが多いので、
専門店がこのように
白砂糖の甘さに逃げないのは
好感持てるわあ。

 接客していただいたのは、旦那さん。
奥からお子さんが出てきて、
奥様が見守る的な
小さなお店を切り盛りする暖かさが
感じられて
いい店だなあ。と。
{284EC01A-164E-4D96-B426-E06C8DD23671}


 下北沢ぶらりデートの際は、
探してまで
行く価値ありです。

また行こう!
 |  リブログ(0)

テーマ:
フランスの食文化を支え、
120年以上も歴史のある料理学校、
ル・コルドンブルー。

 代官山に教室とカフェがあります。

今の季節は、入り口のオープンスペースにも
席が置かれ、
気持ちよくカフェ飯ができます。

 中には、ケーキ、パンも売り場と、
ガラス張りの教室スペース。

ケーキはどれもかなりフランスっぽい。
{A5F78583-BD35-4847-9D3F-671F0580F1EF}

{2DD81C24-0AC2-41CF-A6B8-5D883BF056A2}
 今日は、シュークリームを
食べに来ました。

見た目は、フランスのオーソドックスなスタイル。

日本のシュークリームは、
クシャと柔らかめの生地で
たれぱんだのように潰れかかる
食感と形が多いですが、
本場フランスは
生地固めで上をカットするのが
一般的です。
{98725529-9377-4329-A87B-C1AC88778C92}

 粉糖がかかって、上品な感じに。

食べてみると。

カスタードに練度があって
これも本場フランスのものと同じ感じ。
フランスのものと同じレシピでしょうか。
{37D00E77-23F2-414A-BE9A-D4B4D38DF122}

素朴なお菓子、シュークリーム。

大好きだー

シュークリームとコーヒーだけで
幸せな時間を過ごせます。
{BA38712E-3DC2-4FC9-8E1A-0E76C900EF35}

このカフェ、
結構混んでることが多いから
代官山に来て
のぞいて空いてたら
必ず使ってます。

 今度は、ケーキ食べに来よう。
{CC0A598F-257B-4AD2-B495-50DCB80FB112}

 |  リブログ(0)

テーマ:
 1977年生まれのヌード中心の写真家、
ライアン・マッギンレーのBODY LOUD!
をオペラシティのギャラリーに
見に行きました。

こんな、物憂げな表情。
{22DB84C9-0145-46AC-877D-911D2239381A}

これバッチを買っちゃいました。
{9AB77A24-B169-46CE-ABE6-945EAB5B26E0}



あとは、ヌードヌードヌードです。

 ヌードと言っても色々な撮り方があり、
ライアンマッギンレーは、
自然をバックに、ある動きをつけて
コンセプトフォトとして撮ります。
{CCEC8804-3D64-4701-B904-82591675A52D}

{9752C3C1-7957-4CA5-85AF-7E64E514826B}

{6DBEBD11-B354-49AF-900A-529A5D3AC45A}
何かの動物が、
突撃ー!ってなってるやつ。

 私の所感は、エロくない。
エロくなさすぎる。

自然に取るというより、
やはり作品として撮っているからでしょうか。

壁全面が男性女性、様々なタイプの方のヌードで
埋め尽くされた部屋があります。

なんか、明るくカラッとしてる。

恥じらいのないヌードは、やらしくないのか?
{86F71693-EAE4-4F55-96BB-E9859074FC2A}

{4EB9AFFC-1883-448B-91CE-336C49B02E13}

{1CB5711F-0961-4CD9-B6C2-43E04B498C03}

その辺を
ライアン本人に聞きたいなあ。

素敵なポートレートがあったんだけど、
やっぱり本人に知らせず撮ってるのが
自然な表情で素敵なんだよな。

これから注目のアート展が東京で連発される。
どんどん見に行きます。
{259F8599-B811-4F6F-A812-74C106B91181}

{99B9B45B-0E5B-4A22-BB31-4E4279CB3378}


 |  リブログ(0)

テーマ:
和風?

和風アイスだと?

もう行くしかない。

恵比寿駅からすぐの
ジャパニーズアイス櫻花(オウカ)に
行ってきました。

わ、並んでます。
{B80DA281-F15C-4E65-AB2A-4F608253B898}


店内、10席弱のイートインあるけど
いっぱいです。
お店もちょっと和風。
{BAED5ADE-D8F7-4D82-A105-95B3AAA31486}


で、アイスの種類が全て和風です。
{0F0D9C41-4ACC-40EB-B182-6BA8783D03ED}

食べたアイスは、
ほうじ茶、玄米茶、牛乳、
抹茶、イチゴ、あと忘れた・・・
{6D8CC60C-01D8-4B41-921B-181040BC1DE2}

 確かに、お茶の味。
意外と甘みがあるなあ。

周りを見ると、
団子にアイスをのせてあるのを
食べてる人がかなりいました。

今はやりのハイブリッドスイーツね。

イートインの周りの3、4組の女性グループは
アイスを食べながら、
みなさん、恋話をしてました。

盗み聞きじゃないんです・・
自然に聞こえてきたんです。

思わず、それは男ごごろに響かないよー
と言いそうになったりならなかったり・・

 乙女は恋話が好きってことで。
{FE40950D-6A07-4B08-A2F0-0F042229B86F}


ここにきたら、お茶のアイス3種盛りを食べるよー

 |  リブログ(0)