昨日参加しました

「農」と言える四国

第一部 四国農を考える

のイベント

http://ameblo.jp/k-kazue/entry-10130852600.html


にて、特別協力されていらした

株式会社メルガード東京農大さんからの

ご提供で、

「カムカムドリンク」をいただきました。


 

 ドリンクのパッケージの

説明をみると・・・


 カムカムとは、南米ペルーの

アマゾン河流域の水辺や湖沼に

自生する果実とのことです。

 ビタミンCがレモンの56倍とは

驚きです。


東京農大のOBの方が

現地でカムカムの栽培指導・普及に努め

 カムカム協会東京本部にて商品開発の企画がされ、

東京農大が商品開発し商品化したそうです。


 カムカム協会は苗を育て農家さんに配り、

果実を買い取り、農民が安定した収入が得られ

平和な生活を送ってほしいとの願いを込めて

支援活動に取り組んでいるそうです。


 1本のジュースにいろいろな

思いが詰っているのだと知り

 ただ飲むのではなく、

知って飲むことの大切さを感じました。

 ジュースは飲みやすかったです。


参考ページ:

日本カムカム普及協会

http://blog.canpan.info/camucamu/

農大市場

http://www.ichiba-n.co.jp/profile/noudai.html



AD