西東京市ひばりが丘駅北口 鎌田歯科の院長の鎌田です

 

もったいなくない歯の手入れ法はこんな感じです

 

はじめに悪い歯、悪くなりそうな歯をしっかりと治療します。

ここからがスタートです。

歯の汚れや、歯石はちょっとついてきたら早めにとること

1回の処置で落とせる以上にはためません

あまりガリガリ取る必要がない位しかためずに、キレイにしていきます。

まだまだ何十年もこのまま使うためです

 

部屋のお掃除と同じです

ちょっとの汚れのうちにささっときれいにするのと、ごみ屋敷にしてからまとめてお掃除するのの違いと同じですね。

 

そうすれば無駄なく最後まで自分の歯を使い切ることが可能になります。

かみ合わせも微妙に変化してきますので、違和感が出たら微調整

歯の掃除とかみ合わせの微調整が長持ちのコツになります。

AD

西東京市ひばりが丘駅北口 鎌田歯科の院長の鎌田です

 

歯のクリーニングと歯石除去について考えてみたいと思います。

 

 

歯石を1回で全部取ってもらいたいという希望の患者さんがいらっしゃいます

お話を聞いてみると歯石を取るのは数年ぶり

歯肉縁下の歯石もついています

 

この状態は実は患者さんにとってもったいないことになってるのになかなか気づかないことが多い様です。

 

まず第一に歯周病の進行が考えられる事

第二に一度にたくさんの歯石を取るのは、歯に目に見えない小さなひびを入れる可能性があるということです。

 

それではもったいなくない歯石の取り方とは?

 

まず第一は歯を傷つけないこと。

超音波スケーラーは出来るだけ弱いパワーで使いたいです

後ハンドスケーラーで少しずつていねいに

何十年も使う歯ですので優しくていねいに

 

たくさんの歯石を一度に全部取るのいうことは、歯を雑に扱ってくださいとお願いするのと同じことです。

もったいないですね~

 

 

 

AD

夏休みのお知らせ

テーマ:

西東京市ひばりが丘駅北口 鎌田歯科の院長の鎌田です

 

8月11日(木)~8月18日(木)夏季休診いたします

 

8月19日より通常通り診療いたします。

AD