インプラント埋入手術

テーマ:

西東京市ひばりが丘駅北口 鎌田歯科の院長の鎌田です。

 

今日はインプラント埋入手術を行いました。

骨の条件が良かったので、慎重に進めても30分で終了。

 

鎌田歯科では症例に応じて何種類かのインプラントを採用していますが

ボーンレベル埋入

(長期間骨の吸収が起こりにくいといわれています)

上部構造はスクリュー固定式

(必要な時上部構造の取り外しが可能なのでメンテナンスしやすい方法です)

のタイプを選んで埋入しました。

 

3か月後に補綴治療の予定です。

AD

3歳児検診

テーマ:

西東京市ひばりが丘駅北口 鎌田歯科の院長の鎌田です

 

今日はお昼に西東京市の3歳児検診に行ってきました。

ひどい虫歯の子は見られませんでしたが、虫歯予備軍のお子さんは多かったです。

 

アンケートの中に甘いものを食べる頻度という項目がありましたが

ほぼ毎日

というお子さんが半分ほど

ちょっとびっくりです

 

マスコミの報道では虫歯が激減してるはずなのですが、実際はそうでもありません。

意識と実情が乖離してると思います

 

歯磨きしてるけど、実際は不十分であることが多いですね。

 

AD

西東京市ひばりが丘北口 鎌田歯科の院長の鎌田です。

診療開始は明日からになりますが、今日は歯が悪くならない人になるための方法を書こうと思います。
とはいっても全てが悪くならない訳ではなく、与えられた寿命を無駄なく全うするための方法です。

①虫歯は極端に浅いもの以外は全て治療します。セラミックにするか、金属にするかはケースバイケース。
小さいものはコンポジットレジンで大丈夫です。

②歯磨きの名人になりましょう。
毎日の歯磨きはとても大事です。ほとんどの患者さんはあまりできていません。
鎌田歯科の患者さんで治療後に何年もどこも悪くならずに、検診とクリーニングだけの患者さんはほぼ大丈夫です。

③定期検診を受けましょう。
定期検診であれって思うことがあります。
お話しを聞いてみると、喉がイガイガするので毎日のど飴舐めてます、とか、頂き物の電動ブラシ使ってますとか、という話が出てきます。
本人は良かれと思ってやっていることでも、実はマイナスと言うことが、良くあります。
何故かわかりませんが、重曹で歯磨きして、歯が黒くなったりの方もいらっしゃいました。
悪いことは早く見つけて上げることが大事です。

④マイナーチェンジ
治療後10年近く経過して、かみ合わせが大きく変化したり、折れる歯が出てきたりで、ホントは治療が必要なのに、良い歯を入れたので、もったいないから、ダメになるまでそのままと考える患者さんもいらっしゃいますが、これは避けたいです。
その歯の最大限の寿命のためにはマイナスです。

もったいなくないように使い切るのがここでの目標です。

⑤嚙み方が一番大事です。
患者さんによって嚙み方は大きく差があります。
歯の形が崩れずに、綺麗なままの方は安心です。大きく削れたり、ひびか入ってる方は心配です。
無理をかけ過ぎれば、最終的には歯は割れます。
堅いものをかめば良いとか、30回噛めば良いとか、一概には言えません。
程よくバランス良く、壊さないように使い切る、そのためのアドバイスをさせていただきますが、このあたり事を正しく理解するのが大事です。



 

AD