保険の義歯と保険外の義歯

テーマ:

西東京市ひばりが丘駅北口 鎌田歯科の院長の鎌田です。

 

保険の義歯と保険外の義歯とどう違うかと言うご質問を良く受けます。

それぞれ違いがあるので、経験してみないとわからない事もあります。

 

「保険外で作ったのに具合が悪くて使えなかった」

という患者さんもいらっしゃいますが、保険外だから何でもいいとは言えません。

 

保険の義歯を上手に作れる医院でなければ、保険外の義歯も上手には出来ないと思います。

 

鎌田歯科での治療のスタンスは

まず最初は保険の義歯を作ります。

そのまま使い続ける患者さんも多いです。

 

それでも壊れやすかったり、違和感が強かったりという場合は保険外の義歯をお勧めすることも有ります。

 

薄くて装着感が良い

丈夫で壊れにくいので長期間使える

見た目もより自然に出来る

 

費用がかかることも有りますが、大きなメリットがあります。

両方経験した患者さんは

「最初から保険外の義歯にすればよかった」

とおっしゃる患者さんが多いです。

 

 

AD

大切な咬合調整

テーマ:

西東京市ひばりが丘駅北口 鎌田歯科の院長の鎌田です。

 

歯がしみて痛い、違和感があるという理由で来院される患者さんがいらっしいますが、必ずしも虫歯というわけではありません。

かみ合わせの不調和が原因の場合も多くあります。

長期的には歯の移動が起こったり、詰め物の金属や、セラミックやレジンと自分の歯の摩耗性の違いによる変化なども起こります。

 

そうするとある場所だけが強く当たって、ある場所はかみ合わくなります。

 

ただし患者さんにはその自覚症状は無く、違和感や痛みという変化が出る場合、何も感じずに歯の動揺が大きくなる場合なども出てきます。

 

そのまま放置しておくとどうなるかというと、ある場所だけ強い力がかかり続けるので、歯にひびが入ったり、歯槽骨の吸収が起こる場合も出てきます。

そのために検診のつどかみ合わせの全体のバランスをチェックして、ほんのわずかの咬合調整を行います。

患者さんも慣れてくると、「先生ここをちょっとだけ削ってください」とリクエストするまでになれば咬合調整のベテランといえます。

逆に「自然の歯を出来るだけ削りたくない」という患者さんもいらっしゃいますので、起こっていることを説明の上経過観察とします。

回り道ではありますが、患者さんの気づきを待つことも必要です。

AD

歯周病になるのが普通?

テーマ:

西東京市ひばりが丘駅北口 鎌田歯科の院長の鎌田です。

 

検診の患者さんに

「お友達は皆歯周病になってるみたいなので、私は大丈夫?」

と聞かれました。

 

ずーっと前から定期的にチェックしている患者さんです。

半年に1度なので多少の歯石とか、茶渋汚れはありますが、歯周病は大丈夫です。

歯磨きも覚えていただいて、上手に出来ています。

 

「全く心配はありませんよ。歯や歯の根が折れる以外には悪くなる要素は見当たりません」

とお答えすしました。

 

「少しずつ歯の移動や咬耗が起こってくるので、かみ合わせの微調整は必要になってくる時がありますよ。」

 

昔からの積み重ねが良い状態を保てる秘訣です。

 

歯が悪くならない人になりましょう。

AD