テーマ:
外国人11人の参加者を交え、来場者58人。
「しゃべらん会」は無事、それも楽しく終わりました。

次回の開催日も決まりました。
10月29日(土)。
場所、未定(残念!)。
詳細はまた、追ってお知らせさせてください。

ありがとうございました。












AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

「あのときが、ターニングポイントだったのか?!」

って、人は、たいてい、あとから、気づく。

人の移動手段が変わった。
船で、海を渡って、異国と交流していた時代があった。
それがプロペラ飛行機になり、
音速ジェット機になった。


人の通信手段が変わった。
異国の人とエアメールが行き交った。
国際電話が出てきた。
テレックスが、ファックスが出てきた。
携帯電話も出てきた。


メディアが変わった。
ラジオが、短波があった。
テレビが出てきた。
海外放送も受信できるようになった。


今、通信とメディアの区別が消えた。
eメールが出てきた。
ネットが当たり前になった。

その結果、


誰もが情報の発信者になり、受信者になった。
誰もが放送局であり、
新聞社であり、出版社であり、通信社なのだ。

国境なんて、とうの昔に消えた(のかもしれない)。
残ったのは、言語、民族、宗教・・・・の違い。


さて、その違いに、私達は、
好むと好まざるに関わらず、直面することになる。
きっと、もっと、もっと。


そこで、こんなことをちょっと、考えてみた。
さて、いかがでしょうか?

詳しくは、また、続報をアップさせていただきます。



AD
 |  リブログ(0)

テーマ:
清瀬国際交流会(KIC)恒例の
国際親善パーティ
清瀬市には、世界の結核研究をリードする結核研究所があります。
毎年、春と秋、世界の国々から研修生が、来「清」します。

その方々や、市内、あるいは近郊在住の外国人、その方々は、
KICの日本語教室に通われている方々が多いのですが、
一同に会しての「国際親善パーティ」が開かれます。
日本ならではの伝統的なパフォーマンスや、
KICの他の事業の「KICコーラス」もこのイベントに参加するなど、
春秋恒例の行事になっています。





AD
 |  リブログ(0)

テーマ:
ある著名な大学の先生が、言っています。
「教えることは、最高の学ぶこと、になるのですよ、ね」と。
(KIC「日本語学習支援ボランティア養成講座」の講師の方)

そうですよね、歌を聴いていただいている私たちの方が、
力や元気をいただいていると感じます。
だからこそ、こうして、歌えるのかもしれません。

KIC(清瀬国際交流会)の5つの事業のうちの、その一つ。
KICコーラスが、毎年恒例としている慰問コンサート。
ノーチェ・デ・ココとのジョイントコンサートで、
今年も、清瀬市にある「清雅苑」を訪れました。

いつも、終わって感じることがあります。
歌っているこちら側が、
元気をいただくような、清々しい余韻が残るのです。
歌は、コミュニケーションということでしょうか。


ノーチェ・デ・ココとKICコーラスのジョイントコンサートです。



ノーチェ・デ・ココのみなさん。


KICコーラスのみなさん、です。


拍手拍手のアンコールでは、「ふるさと」を歌いましたが、
さらなる拍手で、「ともしび!」と曲までリクエストが出たほどでした。

ありがとうございました。
 |  リブログ(0)

テーマ:
日本語教室って、こんな感じです。

ボランティアの人たちがやっている
日本語教室って、
どうやっているのか、分かりにくい、
イメージしにくいかもしれない。

あくまで、個人的なやり方ですが、
少しでも、日本語教室のことを、
わかっていただけたらと。




 |  リブログ(0)

テーマ:
できる人ほど、時間の使い方が上手。
気分転換の達人だとも言われています?!


きっと、だれもが、なんとかやりくり
できる時間が、1週間に、数時間あるのではと、
勝手に推察してしまいます。

確かに、現役バリバリ、週何十時間の残業とか、
家庭サービス、保護者会とか、
女性だって働いている。
学生も忙しい。バイト、勉学、友との飲み会などとか。
体がいくつあっても足りないという方々も
いらっしゃる。

ただ、ご多忙を極めれば極めるほど、
上手な気分転換が、必要で、
オーバーに言えば、精神安定上も必要不可欠、
ですよね。

そんなとき、ちょっと、
「あなたの日本語」が、
力になることを、一度お考えください。


清瀬にある日本語教室です。





 |  リブログ(0)

テーマ:

航海日数75日、航海距離約19,400海里(35,900km)
7月9日~9月25日(2014年)
                               
”日常”から”非日常”
への船出

クルージングの醍醐味

科学技術士 気象予報士
講師:馬場 邦彦


世界の海、それは南極まで含めて、を、
それこそ気象の学問、実践の両面の視点からも
熟知されている講師の馬場氏。
海を語っていただいたら、
三日三晩でも、足りないご様子だった。

旅に出ずとも、お話しをお聞きしているだけで、
ふと自分の日常って、なんだろうという気になってきた、

そんな貴重なひとときをいただけた。
これだけで、非日常と言ったら、叱られそうだが・・・。




 |  リブログ(0)

テーマ:

速    報
清瀬でも英語しゃべらん会

2016年2月27日(
於:清瀬けやきホール午後2時~4時

この笑顔が語ること。
みなさま、ありがとうございました。

テーマ「私の好きな食べ物」のせいばかりではないですね。
定員60名を超える、うれしい心配をしてしまいました。

(つづく)

 |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。