{CB210064-76CB-4209-8D89-F360BD7FEEAA}

いつもアロマを楽しみにして下さっているFさん
今日は新聞の取材をお引き受けくださいました。




皆様、こんにちは
緩和病棟アロマセラピスト
英国IFPA認定芦屋サテライト校
佐々木 恵子です。




昨日、ご縁があり
「がん患者に寄り添う」というテーマで
産経新聞さんに緩和病棟でのアロマボランティアを
取材頂きました。




病院で取材をさせて頂くというのは
色々な手続きや配慮が必要で、




今回も、
病棟のドクター、ナースの皆様、
事務局の皆様、
そして何より、
快く取材を引き受けて下さった患者さま。




お陰様で無事に取材は終了いたしました。




最近ずっとアロマを楽しみに受けて下さっている
Fさん。



昨日も病室に記者さん、カメラマンも入れて頂き
写真を撮りながら、
インタビューを受けながらの
アロママッサージとなりました。




右足が痛くてマッサージできない中
今回も本当に楽しく
「アロマのマッサージで、
 足が凄く軽くなり走れそうな気がする」とか、




「本当にこの芦屋病院は
至れり尽せりで素晴らしいところ」と




病院の事も、アロマの事も
本当にいっぱい、いっぱい褒めてくださいました。




写真の笑顔がお見せできないのが残念なくらい
終始とても素敵な笑顔でした。



お陰様で
とっても楽しい取材となりました。



本当に、本当に
皆様ありがとうございました!




また、発売したらお知らせしますね。




どんな記事になるか
楽しみですね♡




1人でも多くの方に
緩和病棟でアロマセラピーが
患者さまにとても喜んで頂いていて
必要としてくれている事を知っていただけますように。


{D3381264-1E53-457E-B3BC-E1167B6ACBA3}



最後に
産経新聞の木村様
私達を取材してくださり
ありがとうございました。