1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年11月13日(日)

カルマンギアで茨城の海へ

テーマ:旅・ドライブ

皆さんご存知のこととは思いますが、栃木は海なし県です。

まあ、海なし県といっても、北海道の真ん中あたりよりは海に近いので、都道府県単位で海のある無しを論じるのもどうかとは思いますが…

海が無いからこそ海に憧れるのか、全国主要都市のすし外食費用ランキング1位が宇都宮市(総務省「家計調査」2013年)だったり、人口あたりのすし店舗数ランキング1位が山梨県(総務省経済センサス2014年)だったりします。
今の時代、海が無い地域でも新鮮な魚介類を食べることは容易になってきましたが、海には、風景としての魅力も大きいものがありますね。
生まれ育った愛媛の実家の辺りだと、普通に生活している日常の中でちょいちょい海が目に入りますが、栃木で生活していて海を見ようと思えば、これはもうわざわざ見に行くしかないわけです。
 
さて、前置きが長くなってしまいましたが、昨日は第二土曜日でお休みだったので、カルマンギアで茨城の海を見に行ってきました。
というよりも、カルマンギアを走らせる行き先として、茨城の海を選んだだけかもしれません。
カルマンギアでの遠出は今年になって初めてです。といっても、1時間ちょっとの距離ですが…
 
行った先は、茨城の平磯海岸です。
 
{5EEB1914-A141-4CD5-83C8-619D65D20DBC}
{C3B9F587-D4CE-40C9-8548-71F8CC610DA4}

太平洋は、水平線が広がって、瀬戸内海とは違った魅力がありますが、初めて見た時はかなり不安を感じた記憶があります。
この海岸には岩礁があるので、打ち寄せる波が絵になります。
 
その後、帰り道に水戸の偕楽園に寄りました。
偕楽園は二十数年ぶりでしょうか。
 
{93AA39B7-8C60-4B2E-B3C7-3EFCC072D8F4}
{3A23F7CF-AFAF-41F6-BD36-9A957ED06567}
 
初めて入った好文亭が、意外に興味深くてとても楽しめました。
たまに出かけると新たな発見があるものですね。
 
オープンで走るにはちょっと寒かったですが、カルマンギアも快調で楽しいドライブでした。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016年09月24日(土)

カルマンギアじゃないドライブ

テーマ:旅・ドライブ
またまた長い間ブログの更新をさぼっているうちに、夏が通り過ぎて行きました。
ま、無理しても仕方ないので、これからもマイペースでいきます。
 
さて、この前の日曜日と月曜日が連休だったので、久々にカルマンギアでちょっと遠出しようと思い、一ヶ月以上前に河口湖畔の温泉旅館を予約してありました。
で、しばらくカルマンギアにも乗っていなかったので、出かける前にメンテナンスを。
 
{4B1F0634-213A-429A-9FA8-D713023CAD8B}
キャブレターを外して分解清掃
 
{E37F713B-5B3E-4285-A759-76820A61B242}
デスビも清掃して、ギャップの調整
 
{546EB144-5110-433E-9806-1A9B49927D06}

そしてオイル交換もして

 

{06E98AFE-BC8E-4F6B-80D1-643CE356D24A}

キャブのセッティングと点火時期の調整

 

その他、プラグコードやキャブのリンケージも新調したりと、着々と準備を進めたのでした。

 

 

しか~し、台風の影響もあって、二日とも雨の予報。

 

出かける時点でかなりの土砂降りだったので、やむなく社用車のスイフトで出かけることにしました。

 

{5F255747-AA45-4B93-A861-60403D3D345D}

 

昨秋に開通した圏央道を通って、途中少し渋滞したものの、河口湖畔には自宅から3時間ほどで到着しました。

いつもはたいてい宿に直行するのですが、今回は妻が行ってみたいということで、久保田一竹美術館に立ち寄ってみました。

 

{579E8E04-6A1C-490B-97CB-8422A0ABEA50}

{44517A69-9961-4252-B0F1-1864AC8F74CA}{5FD0F98E-284E-4CE6-ABCE-9E686E5C917B}{8229DB14-D7F7-4053-862C-A1207E2B242E}

 

正直、染物にはあまり興味がありませんが、いろんなデザインの建物や広々とした庭は、ちょっと楽しめました。

 

その後、14時半頃に宿にチェックイン。

今回の宿は、若草の宿・丸栄さんです。

14時チェックイン、11時チェックアウトということで、ゆっくりと過ごすことができるのが魅力です。

 

{76471568-F860-407A-B4EB-546CA25D6A04}

あいにくの天候なのが残念でしたが、部屋からは河口湖が一望できます

 

{9E86AA65-2CC6-4687-8924-D1FAAB649D34}

貸切展望風呂からは富士山の絶景が見られるはずでしたが…

 

{626B78A3-5582-40B8-ACF2-A596382E85ED}

屋上展望台にも上ってみましたが…

 

{28E9B091-F0C3-4188-9967-54F01B86A5E0}

気をとりなおして、部屋に帰って湯上りのビールなど

 

その後は、昼寝して部屋で夕食をいただき、爆睡。

 

{6D69B9D3-E12C-44DF-995F-53CA8F43493C}

翌朝、露天風呂にも入ってみました

 

10時半頃に宿をチェックアウトして、途中のSAで昼食をとるだけで真っ直ぐに帰宅。

ずっと天候は悪かったのですが、今どきの国産車は空調もよく効くし、エンジンも快調で、何のトラブルもありませんでした。

しかし、運転していてもあんまり面白くないのです。

次こそは、カルマンギアで遠出したいと思うのですが…

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015年08月18日(火)

夏休みの記録

テーマ:旅・ドライブ
栃木に越してから、お盆と年末年始はたいてい愛媛の実家に帰省しているのですが、なぜかここ数年のブログ記事には帰省時の様子がほとんど登場しません。
あんまり面白いところに出かけていなくて写真もあまり残っていないというのもあるのですが、FaceBookに気軽にアップできてしまうので、わざわざブログ記事にしてアップするのも面倒だというのが一番の理由です。
しかし、このブログは自分の日記がわりという位置づけもあるし、この拙いブログを読んで下さる読者の方もいらっしゃるので、ここに今年の夏休みの思い出を記録しておこうと思います。

【8月13日(木)】

{799AB4F2-BF42-4C20-8B97-3D411607721B:01}
{D409F41B-9E49-4E8C-A2DE-0B97F3777797:01}
玉之江駅

たいして珍しくもない風景ですが、ここが駅だと言ったら妻が驚いていたので、写真に撮ってみました。


【8月14日(金)】

{202125D2-DD78-44EA-84FD-12705C95CD29:01}
{FA70DFE5-1391-49C0-B199-5A3EE9668E2E:01}
「休暇村 瀬戸内東予」の展望大浴場に入った後、極みみかんジュースをいただきました。


{AA87E543-0D87-41C0-90F5-712EC9E7FE80:01}

{64BC6C62-9463-4EAB-B501-36BF1D9BD70B:01}


その後、しまなみ海道の橋が見えるおしゃれなカフェ「海岸通りcafe」にて、遅めのランチをいただきました。
ロケーションはなかなか良いですが、料理の方はそれなりって感じでしょうか…(ゴメンナサイ)


{BAACC8ED-88E1-4BF0-8C1C-E3727E0A8ECC:01}
カフェの駐車場は海に落ちそうでちょっと怖い感じ

当然ながら僕は反対側に駐車しました。

壬生川まで帰ってきたら、道端に「みずたまcafe 」という洒落た看板を見つけたので、行ってみたのですが、残念ながらclosedでした。(写真も撮り忘れました)
こんなところにカフェがあるの?って感じの場所ですが、面白そうだったので、次に帰省した際にはまた行ってみたいと思います。

せっかくなので、埠頭の先の方まで進んでみると、

{704BBC79-A611-4F50-BE0C-6BFE38BF20A4:01}

{E34BD0E3-EB4A-4E50-BCDA-C674072F0692:01}

刑事ドラマで悪いヤツらがアジトにしている感じの倉庫を発見!


ここで銃撃戦が繰り広げられたりして…


地元にも意外と知らないところが多いなと実感したのでした。



【8月15日(土)】


この日は夕方から中学の同窓会がありました。
楽しくて話に夢中になって、写真も残っていません。

{93C04603-D845-488F-BC61-2C99F674F441:01}
なぜか夜中に歩いて帰る途中に休憩で立ち寄った神社の写真が


以上、iPhoneに残った写真から、今年の夏休みを簡単にまとめてみました。


【おまけ】

この夏休みに(主に行き帰りの電車内にて)読んだ本。


{253A4504-F17A-4BF1-999B-EBE0FE60201B:01}


せっかくなので、簡単に感想など。


「拉致と決断/蓮池 薫」

北朝鮮での生活がどのようなものだったのかに興味があって読んでみました。

それなりに面白かったのですが、やはり、書き手が小説家やノンフィクション作家ではないためか、物語に引き込まれるような臨場感が感じられなかったのがやや残念。


「狭小邸宅/新庄 耕」

平積みで目に付いたので、初めて読んだ作家。

もっと軽い内容で痛快な結末を想像していたのですが、意外と結末が重くてモヤモヤした感じ。

ただ、営業の姿勢として、自分の仕事にも参考になる点があったのは収穫です。


「避暑地の猫/宮本 輝」

今まで何十冊も読んだ作家で、安心して物語に引き込まれる感じは他の作品と同様です。

他の作品にはあまりないサスペンス感があって、衝撃的な結末はちょっと意外でした。

たまにはこういう物語も良いですね。


「ギンカムロ/美奈川 護」

こちらも初めて読んだ作家。

花火師という職業が詳細に描かれていることで物語にリアリティと深みが生まれて、とても面白く読めました。

とにかく花火が見たくなる小説です。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2014年09月17日(水)

カルマンギアで山形の瀬見温泉へ

テーマ:旅・ドライブ
先の3連休に、カルマンギアで山形の瀬見温泉に行ってきました。
僕自身は仕事で何度も山形に行ったことがありますが、妻とマイカルマンにとっては初めての山形です。

photo:01
土曜日の午前中、出発する時点では良い天気でしたが

photo:02

那須高原SAで昼食をとる頃には雲行きがあやしくなってきました


やむなくここで幌を閉めることにしましたが、その後の道中は雨が降ったり止んだりの繰り返しだったので、幌を閉めて正解でした。

渋滞もほとんどなくて、宿には午後3時半頃に到着。

photo:03

今回の宿は「ゆめみの宿 観松館

photo:04
宿の方のご配慮で、カルマンギアは屋根の下に駐車させていただくことに

チェックイン後にはさっそく温泉に入って、

photo:01

風呂上がりのビールを


その後、夕食をとって早々に就寝。


翌日曜日は朝から、車で40~50分の距離にある銀山温泉へ。

photo:07
photo:08

趣のある建物が並ぶ魅力的な温泉街なのですが、思ったほど感動的ではないというか、イマイチ期待外れ感がありました。
想像していたよりもスケールが小さいことと、自分も含めて観光客が多すぎて、テーマパークのようで風情が感じられないことがその要因でしょうか。
夜や雪の季節だとまた印象が違うと思われるので、いつか冬に宿泊してみたいものです。
あ、もちろんその時はカルマンギアでは行けませんけど…

photo:09
昼食に蕎麦を食した後、そばソフトクリームをいただきました

蕎麦の実のトッピングが新鮮な食感で、とても美味しかったです。

その後、早々に銀山温泉を後にして、午後2時半頃に宿に帰り着きました。

photo:10
貸切状態の温泉に入って

photo:11

風呂上がりのビールを飲んだ後、ちょっと休憩して


photo:12
温泉街を散歩


すると、温泉街のはずれの橋の上で、地元のお祭りが始まっていました。

photo:13
photo:14

一人一尾、鮎の塩焼きが無料で振舞われていました


今年はじめて開催した第1回のお祭りだそうで、運営はちょっとグダグダな感じだったものの、地元の人はとても楽しそうでした。

来年以降も盛り上がると良いですね。


鮎の塩焼きをいただいた後は、


photo:15
足湯につかりながら焼き鳥&ビール

photo:16

その後、宿に帰って夕食を頂いていると、


photo:17
部屋の目の前の川から花火が上げられ始めました


あまりに近すぎて、高く上がった花火は半分くらいしか見えませんでしたが、思わぬところで花火が見られてちょっと得した気分です。



月曜日は宿をチェックアウトした後、帰り道にある天童木工本社ショールームへ。


photo:18


この天童木工ショールームが、今回の旅で最も印象的だったかもしれません。


その詳細は、またあらためて…

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2013年11月24日(日)

富士山をバックにカルマンギアの写真を撮ってきました

テーマ:旅・ドライブ

昨日は全国的に天気が良いという報道だったので、急きょ、来年の年賀状用に富士山の写真を撮りに行ってきました。

photo:01

photo:02

撮影場所は、富士宮市の朝霧高原に位置する「ふもとっぱら 」というところです。
妻がネットで見つけたので行ってみたのですが、ロケーションは最高でした。

ただ、カルマンギアが置かれた原っぱは太陽光が雲に遮られていたのですが、富士山の方は陽の光が射していたので、何だか合成写真のように見えてしまうのが残念なところです。


日帰りの行程だったので、朝7時半頃に自宅を出発したのですが、

photo:03

出発する時点では、窓ガラスも車体も凍っていました



出発して間もなく、スピードメーターの針の挙動がおかしくなりました。

その後、高速に入った頃には、メーターの針が時速120マイルを振り切って1周するように。


で、気がつくと、

photo:04
針が無くなっていました(涙)

おそらく、リターンスプリングが切れるか外れるかしたために、押し戻す力が無くなって、ストッパーに勢いよく当たって針が折れてしまったものと思われます。
外れた針は、下の隙間から中に落ちてしまったようなので、今度、修理を試みたいと思います。

それから、運転席側のウィンドウガラスが前後に大きくガタついてきて、おそらくレギュレーターに固定するボルトが1本外れているものと思われますので、こちらも要修理です。


ところで、昨日は行きの首都高から東名高速海老名あたりまでがかなり渋滞していたので、現地到着は14時半頃、遅めの昼食も含めて現地滞在時間はわずか2時間程度でした。
帰りは中央道から関越を回って帰ってきたのですが、小仏トンネル手前はお約束の渋滞。
結局、自宅に帰りついたのは21時頃だったので、計11時間ほど運転していたことになります。
距離にして往復500km以上、1日にこんなに長くカルマンギアに乗っていたのは久々だったのですが、良くも悪くもカルマンギアを満喫した1日でした。
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2013年09月24日(火)

カルマンギアで久々の山中湖へ

テーマ:旅・ドライブ

photo:01


この週末、先週に引き続きカルマンギアでちょっと遠出を。

今回の行き先は、懐かしの山中湖です。

photo:02

日曜日の午前中、肉とワインなどを積み込んで


11時半頃に宇都宮を出発。


東北道→北関東道→関越道→圏央道→中央道

というルートで、八王子まではずっと上り線と環状線のみだったので、ほぼ渋滞とは無縁の道のりでした。


photo:03

15時頃に山中湖畔のトレーラーハウスに到着


photo:04

恒例の、信州1959さんの蕎麦打ちが始まった頃


ビール班がガス欠のような症状で立ち往生しているとの連絡が…


その後、蕎麦も茹で上がった17時頃、

photo:05

ようやくビール班の2台が到着


photo:07
蕎麦をいただいた後にBBQへと移行


その後、宴は深夜まで続くのでした。



翌朝。

photo:06
お約束のカルマンギア集合写真を撮影

その後、信州さん発案のミニラリーを行い、昼食をとった後、きららにて世界遺産に指定された富士山と一緒の写真撮影にチャレンジ。

photo:10

が、残念ながら富士山は雲に隠れています

少し待っていると、

photo:11

雲の切れ間から富士山が少しだけ見えました


なかなか思うような写真は撮れませんでしたが、次の機会の楽しみにとっておこうと思います。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2013年09月15日(日)

カルマンギアで伊香保温泉へ

テーマ:旅・ドライブ

昨日から今日にかけて、カルマンギアで伊香保温泉に出かけてきました。

photo:01

昨日は良い天気だったのでオープンで出発


11時過ぎに自宅を出て、宿に着いたのは13時前。

北関東自動車道が開通して、栃木から群馬は本当に近くなりました。

東京に住んでいる時にはそのありがたみが実感できませんでしたが、今は存分にその恩恵にあずかっています。


チェックインまでまだかなり時間があったので、宿に車を預けて、有名な石段まで歩いていきました。

photo:02
photo:03

石段の途中にある蕎麦屋でちょっと遅めの昼食を


石段の上にある神社にお参りしたり、石段をひと通り散歩したりした後、パラパラと雨が降り始めたので、急いで宿に戻ってチェックイン。

今回の宿は、和心の宿オーモリ です。


photo:04

すぐに1階の大浴場と屋上の露天風呂に入った後に、風呂上りのビールを


この後、夕食までひと眠り。

で、これ以降は写真を撮り忘れてしまいました…



今日は台風が近づいているということもあって朝から雨だったので、10時半過ぎに宿を出て、早めに帰路につきました。

お昼過ぎには自宅近くまで帰ってきて昼食をとったのですが、そこでちょっと気になることが…


メニューの中に「丼ぶり」と言う文字を見つけたのです。


以前から、周りの若い人が「丼」という漢字を「どん」と読んでいるような気がしていたのですが、文字で「丼ぶり」というのを目にすると、これはもう気のせいではなくて、「丼」が「どん」として認識されているに違いないと感じたわけです。

「丼」=「どんぶり」なので、「丼ぶり」だと「どんぶりぶり」ってことになってしまうのですが、なぜこんな間違いがまかり通ることになってしまったのでしょうか。

考えるまでもなく、「牛丼(ぎゅうどん)」や「カツ丼(かつどん)」などの略称がその要因だと思うのですが、試しに「丼ぶり」をぐぐってみてビックリ。

自分が想像する以上に「丼ぶり」が市民権を得ている様子です。

「丼」を「どんぶり」と読むのは、井戸の中に石を投げ入れたときの音を表現しているとも言われていますし、「丼勘定」とか「丼鉢」などの言葉も「どん」だとおかしいことになりますよね。


言葉は時代とともに変化するもので、そこでは間違った用法が許容されて定着しているものも多いわけですが、そういうことが気になるのもそれだけ自分が歳をとっているってことなんでしょうか…

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年07月12日(金)

新加坡

テーマ:旅・ドライブ
photo:01

結婚10周年の記念に、妻と二人でシンガポール旅行に行ってきました。

新婚旅行にも行っていないため、妻と二人の海外旅行は初めてですし、僕も妻も海外は十数年ぶり。

旅慣れない二人なのでお手軽なツアーが良いかと思ったのですが、行くことを決めたのが一ヶ月ほど前だったので、希望するツアーの予約がいっぱいで、仕方なく航空券とホテルを別々に予約しました。

その方が、行程の自由度が高い上にツアーより安上がりだったので、若干の不安はあったものの、結果オーライでした。



7月7日(日)


早朝に自宅を出て、成田空港からJALでシンガポールへ。

17時過ぎにチャンギ国際空港に到着し、タクシーでホテルへ向かいます。

ホテル にチェックインしたのは18時過ぎでした。


部屋に荷物を置いて、屋上へ直行。

photo:02

芋洗い状態のプールを横目に

photo:03

クラブラウンジでシャンパンと軽食など


僕たちが泊まったのはグランドクラブルーム という部屋で、朝食だけでなく、ティータイムとカクテルタイムにクラブラウンジで無料で飲食ができるという特典があったので、さっそく利用させていただいたわけです。


その後、巨大なショッピングモールをブラブラしたり、カジノの下見をしたり、ホテルの周りを散歩したりして初日は終了。

photo:10



7月8日(月)


遅めの朝食後、屋上のプールへ。

photo:04
photo:05

今回の旅行の主目的はこのプールに入ることだったので、この時点でとりあえず主目的は達成。

photo:06

せっかくなので、プールサイドでカクテルもいただきました


昼食後は、前日に下見してあったカジノへ。

photo:07
photo:08

カジノの中は写真撮影禁止なので写真はありませんが、けっこう楽しめました。


スロットマシンは日本のパチンコよりも少ない金額で長く楽しむことができましたし、ルーレットでは、100ドルで始めて早い段階で300ドルくらいまで増やすことができたので、増減を繰り返しながらかなり長く遊ぶことができました。ちょっと厳しい女性ディーラーとのやり取りも面白かったです。


夕食後は、電車に乗ってマーライオン公園へ。

photo:09

20時からの光のショーを対岸から鑑賞


こうして夜間に出歩けるのも、治安の良いシンガポールならでは。


この後ホテルに戻って、屋上のプールで21時30分からの光のショーを見てみましたが、対岸からの方が何倍も楽しめることが分かりました。



7月9日(火)


photo:11

この日は朝からものすごい雨


お昼前には雨も上がったので、電車で街に出かけてみました。


photo:12

photo:13

有名なラッフルズホテルにて、シンガポールスリングを


その後、また雨が激しくなったので、他の場所へ行くのはあきらめて一度ホテルに戻りました。


夕方前にはまた雨も上がって晴れてきたので、予定していたナイトサファリへ。

photo:14
photo:16

ナイトサファリは暗くて写真も撮れませんでしたが、トラムで一周した後に徒歩でも回って、存分に楽しむことができました。
キリンが暗闇の中を疾走する姿は感動的でしたし、オオコウモリが目の前で羽ばたく姿には失神しそうでしたが…



7月10日(水)


ホテルをチェックアウト後、荷物を預けて電車で街へ出かけました。

photo:17 photo:25

リトル・インディア


カラフルな街並みは歩いているだけで楽しめます。

photo:26
リトルインディアで見かけたクロネコヤマト

photo:19

オーチャード・ロード


シンガポールの中心商業地で、日本でいうところの銀座のような場所でしょうか。

photo:20
高島屋や伊勢丹もあります

photo:23
photo:24

アラブストリート

生地屋さんやカーペット屋さんが軒を連ねていて、店員さんもカタコトの日本語で話しかけてきます。

ここも歩いているだけで楽しめる街です。


この後、プラナカン博物館に行って、他に行きたいところも思いつかなかったので、ブラブラと散歩しながらマーライオン公園方面へ。

photo:29
途中、広い芝生のグラウンドで楽しそうにサッカーが行われてました

photo:30
歩きつかれたので、マーライオン公園の近くでタイガービールを

photo:31

シンガポール川の夕暮れ


この後、ホテルに戻って荷物を受け取った後、少し早めに空港へ。



7月11日(木)


photo:32
朝9時過ぎに成田空港に到着

シンガポールも楽しかったけど、やっぱり日本がいいなぁと思ったのでした。

何となく思いつきで選んだシンガポール旅行でしたが、旅慣れない僕たち夫婦が手軽に海外を楽しむにはちょうど良い感じの国でした。
治安も良く美しい街並みのこの国はまだまだ発展途中なので、またいつか妻と二人で訪れてみたいものです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年11月26日(月)

大平山の紅葉〜スーパーカー

テーマ:旅・ドライブ
昨日は天気が良かったので、久々にカルマンギアを走らせるべく、お昼頃から栃木市の大平山へ紅葉を見に出かけてきました。

photo:15
photo:01
まずは山頂の神社 にお参り

photo:03
photo:04

その後、謙信平 で紅葉を眺めながら遅めの昼食を


11月18日から30日まで大平山もみじまつりが開催されていることもあって、すごい人出でしたが、紅葉のピークにはまだ少し早いのかなって感じでした。


3時半頃に大平山を後にして、帰りに道にこちらに立ち寄ってみました。

photo:05
栃木駅…ではなくて、旧栃木駅舎保存館

photo:06
改札の先のホームには列車もとまっています

photo:07

お座敷列車はカフェとして利用されています


この旧栃木駅舎は妻が高校に通っていた頃にはまだ実際に利用されていたそうですが、その後、新駅舎の建設に伴い、こちらに移築されたそうです。

が、ここに来た目的はこの駅舎ではなくて、旧駅舎に併設されたこちらの施設。

photo:08

魔方陣スーパーカーミュージアム

最近、各地に似たような施設がありますが、こちらはスーパーカーブーム世代の僕にとって、まさにど真ん中ストライクな感じの車種が揃っています。

photo:09

TOYOTA2000GT


僕も妻も大好きな2000GTの前期型です。

これまで何度もこのブログにも登場していますし、助手席に乗ったこともある
のですが、このスタイルは何度見ても飽きません。


この他にも、国産車ではGT-R、240Z、べレットなどがありました。


せっかくなので、同世代の方には懐かしいスーパーカーを紹介しておきます。

photo:12
ランボルギーニ カウンタックLP400

photo:11
ランボルギーニ ミウラ

photo:10

マセラッティ ボーラ

photo:15
マセラッティ メラク

photo:13
フェラーリ ディーノ246GT

photo:14

ロータス ヨーロッパSP


子供の頃にはめったに見ることができなかったスーパーカーを、まとめて間近で見られるのはうれしいのですが、やはり実際に運転してみたいものです。

宇都宮で2000GTが1台売りに出ているので、宝くじかtotoBIGが当たったら買います!

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2012年10月08日(月)

第7回 西会津フォルクスワーゲン大集合に参加してきました

テーマ:旅・ドライブ

昨日、今日の二日間、西会津町で開催された、「第7回西会津フォルクスワーゲン大集合」に参加してきました。


ちゃんとイベントに参加するのは、おそらく2年前の100台ミーティング 以来です。

photo:01
昨日のお昼に、上河内SAにて、ルリさん、フカさんと合流


ここでゆっくりと昼食をとった後、一路、西会津へ向かいます。

photo:02
午後4時頃に宿泊場所のコテージに到着

前夜祭までの間、コテージでビールを飲んだりしながらのんびりと過ごします。

photo:03
そうしているうちに、徐々に多くのワーゲンが集まってきました


夕方6時半から屋外のバーベキュー場で前夜祭が始まります。

photo:04

肉が焼けているのかどうか分からないくらい暗かったのですが…


ここでは、イベント初参加のメキビー乗りのF田さんご夫妻と同席し、楽しくお話させていただくことができました。

9時過ぎに前夜祭はお開きとなり、その後、コテージに戻ってまた飲み直し。
11時半頃までは何とか女性陣の会話に参加していたのですが、やはり睡魔に勝てず就寝。


今朝は6時頃に起きて温泉へ。

photo:05

温泉帰り、朝靄の中にたたずむワーゲン達


この時点では、天候をちょっと心配していたのですが…

photo:06

会場に車を並べる時には快晴に

photo:07

今回の参加台数は100台以上だったようです


開会後間もなく、新潟から来られたミドリガメさんとも久々に再会し、のんびりと楽しい時間を過ごすことができました。


以前は、イベントに参加すると片っ端から写真を撮りまくっていたのですが、今ではカメラすら持たず写真はもっぱらiphoneで、撮った車もごくわずか。

とりあえず、そのごくわずかな車を紹介しておきます。


photo:10

マイカルマンの隣にあったタイプⅢカルマンギア


とてもキレイで、多くの人が写真を撮っていました。

photo:08
仙台から参加の1960年始式濃緑のコンバチ

photo:09
群馬から参加の角テール

今回のイベントでは、複数のカルマンギアオーナーから、次回100台ミーティングを楽しみにしているとのお言葉をいただき、また何とか開催にこぎつけなければという思いが強くなりました。

そして、ビートルも1台撮影しました。


photo:14

F田さんの2003年式メキビー


メキシコから日本に最後に輸入された個体を新車で購入したそうです。

外見はビートルですが、中身はほとんど今どきの車で、そのギャップがいい感じです。


ところで、一緒に参加したルリさんのカルマンギアが見当たらないと思ったら、

photo:11

何と、特別表彰ということで、1台だけステージに展示されています


閉会式で表彰された後に、

photo:12

本格的なシャンパンファイトも


ルリさん、おめでとうございます!


町おこしの一環として地元が協力して行っているイベントなので、サービス精神旺盛で、とても楽しく心地良いイベントでした。

主催者の皆様、どうもありがとうございました。


帰りは、途中で何度か休憩をとりながら、ゆっくりと走ります。


photo:13
大谷PAで夕食を


帰宅したのは夜の9時前で、長距離運転で疲れましたが、久々にイベントに参加して、空冷VWの楽しさを再認識することができました。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。