2013年07月30日(火)

車検が無事に終わりました

テーマ:メンテナンス
今月の初め頃から車検に向けた準備をちょこちょことやっていたのですが、先週末に時間ができたので、車検に向けた最終の点検・整備を行いました。

photo:01
リフトアップして、足回りの点検やブレーキの分解・清掃などを

photo:02
スチールホイールもゲットしました

photo:04
サイドマーカーも

そして今日、いざ車検場へ。

photo:03
10時30分からの2ラウンドで検査を受けます

外回りと室内の検査は問題なくスムーズに通過。
コースに入って、サイドスリップ、スピードメーター、フットブレーキ、サイドブレーキも無事に通過。
しかし、その後の排気ガスでHCが大幅にオーバー。

その場で粘ってもどうにもならない感じの数値だったので、排気ガス検査は×のまま、下回り検査へ。

しっかり整備しているので下回りも問題なく、結果、排気ガスのみ再検査となりました。


2ラウンドの時間もまだ残っていたので…

photo:05
時間ギリギリまでエンジンを冷やします

今どきの車なら、エンジンが温まった方が排気ガス中のCOやHCの数値は下がります。なぜなら、O2センサーも触媒も温度が高くならないと正常に機能しないからです。
しかしながら、僕のカルマンギアにはO2センサーも触媒もありませんので、エンジンの温度が上昇することで逆にブローバイガスが増加してHCの値が増加したりするわけです。

なので、一度、エンジンを冷やしてから再度コースに向かうことにしたのです。

が、残念ながら結果は×。

午後イチで保険の契約でお客様のところに出かけなければならない予定があったので、2ラウンドはあきらめて、一度、工場へ。
その後、工場でキャブレター周りを調整し直して、午後にもう一度、車検場へ向かいます。

photo:01

午後3時過ぎ、ようやく新しい車検証を手にすることができました


これまで一ドライバーとしてプロにお任せしていたマイカルマンの車検ですが、自分でやってみると意外と簡単な部分もあり、一方でとても苦労する部分もあり、とにかく良い経験となりました。

今は僕も新米とはいえプロの端くれなので、今後は他の空冷VWオーナーの皆様のお役にも立てるように、更なる勉強が必要だと感じた一日でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年07月29日(月)

小山の花火

テーマ:イベント

栃木に越して3度目の夏。

昨日、初めて小山の花火を見に行きました。


photo:05

小山駅前の通りは車両通行止めで多くの人で溢れています

photo:07

沿道にはたくさんの屋台も


photo:10

思川の河川敷にも人が溢れています


photo:08

観覧席に着いて、妻が作ってくれたお弁当とビールをいただきます


7時15分、花火の打ち上げが始まりました。

photo:01
間近で上がる花火はかなりの迫力


久々の花火に感動していたのですが、開始から間もなく雨がパラパラと…

photo:03 photo:02

徐々に傘も目立ち始めましたが、iphoneの画面に収まらないような迫力の花火が続きます。
が、この後、かなり強い雨が降り始め、多くの人が帰り支度を始めました。

僕たちはせっかくなので最後まで見ましたが、最後の方は花火が煙に隠れてしまってかなり残念な感じでした。
とはいえ、数年ぶりに妻と二人で浴衣を着て出かけられたし、迫力のある花火を見られたので、とても良い思い出になりました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年07月12日(金)

新加坡

テーマ:旅・ドライブ
photo:01

結婚10周年の記念に、妻と二人でシンガポール旅行に行ってきました。

新婚旅行にも行っていないため、妻と二人の海外旅行は初めてですし、僕も妻も海外は十数年ぶり。

旅慣れない二人なのでお手軽なツアーが良いかと思ったのですが、行くことを決めたのが一ヶ月ほど前だったので、希望するツアーの予約がいっぱいで、仕方なく航空券とホテルを別々に予約しました。

その方が、行程の自由度が高い上にツアーより安上がりだったので、若干の不安はあったものの、結果オーライでした。



7月7日(日)


早朝に自宅を出て、成田空港からJALでシンガポールへ。

17時過ぎにチャンギ国際空港に到着し、タクシーでホテルへ向かいます。

ホテル にチェックインしたのは18時過ぎでした。


部屋に荷物を置いて、屋上へ直行。

photo:02

芋洗い状態のプールを横目に

photo:03

クラブラウンジでシャンパンと軽食など


僕たちが泊まったのはグランドクラブルーム という部屋で、朝食だけでなく、ティータイムとカクテルタイムにクラブラウンジで無料で飲食ができるという特典があったので、さっそく利用させていただいたわけです。


その後、巨大なショッピングモールをブラブラしたり、カジノの下見をしたり、ホテルの周りを散歩したりして初日は終了。

photo:10



7月8日(月)


遅めの朝食後、屋上のプールへ。

photo:04
photo:05

今回の旅行の主目的はこのプールに入ることだったので、この時点でとりあえず主目的は達成。

photo:06

せっかくなので、プールサイドでカクテルもいただきました


昼食後は、前日に下見してあったカジノへ。

photo:07
photo:08

カジノの中は写真撮影禁止なので写真はありませんが、けっこう楽しめました。


スロットマシンは日本のパチンコよりも少ない金額で長く楽しむことができましたし、ルーレットでは、100ドルで始めて早い段階で300ドルくらいまで増やすことができたので、増減を繰り返しながらかなり長く遊ぶことができました。ちょっと厳しい女性ディーラーとのやり取りも面白かったです。


夕食後は、電車に乗ってマーライオン公園へ。

photo:09

20時からの光のショーを対岸から鑑賞


こうして夜間に出歩けるのも、治安の良いシンガポールならでは。


この後ホテルに戻って、屋上のプールで21時30分からの光のショーを見てみましたが、対岸からの方が何倍も楽しめることが分かりました。



7月9日(火)


photo:11

この日は朝からものすごい雨


お昼前には雨も上がったので、電車で街に出かけてみました。


photo:12

photo:13

有名なラッフルズホテルにて、シンガポールスリングを


その後、また雨が激しくなったので、他の場所へ行くのはあきらめて一度ホテルに戻りました。


夕方前にはまた雨も上がって晴れてきたので、予定していたナイトサファリへ。

photo:14
photo:16

ナイトサファリは暗くて写真も撮れませんでしたが、トラムで一周した後に徒歩でも回って、存分に楽しむことができました。
キリンが暗闇の中を疾走する姿は感動的でしたし、オオコウモリが目の前で羽ばたく姿には失神しそうでしたが…



7月10日(水)


ホテルをチェックアウト後、荷物を預けて電車で街へ出かけました。

photo:17 photo:25

リトル・インディア


カラフルな街並みは歩いているだけで楽しめます。

photo:26
リトルインディアで見かけたクロネコヤマト

photo:19

オーチャード・ロード


シンガポールの中心商業地で、日本でいうところの銀座のような場所でしょうか。

photo:20
高島屋や伊勢丹もあります

photo:23
photo:24

アラブストリート

生地屋さんやカーペット屋さんが軒を連ねていて、店員さんもカタコトの日本語で話しかけてきます。

ここも歩いているだけで楽しめる街です。


この後、プラナカン博物館に行って、他に行きたいところも思いつかなかったので、ブラブラと散歩しながらマーライオン公園方面へ。

photo:29
途中、広い芝生のグラウンドで楽しそうにサッカーが行われてました

photo:30
歩きつかれたので、マーライオン公園の近くでタイガービールを

photo:31

シンガポール川の夕暮れ


この後、ホテルに戻って荷物を受け取った後、少し早めに空港へ。



7月11日(木)


photo:32
朝9時過ぎに成田空港に到着

シンガポールも楽しかったけど、やっぱり日本がいいなぁと思ったのでした。

何となく思いつきで選んだシンガポール旅行でしたが、旅慣れない僕たち夫婦が手軽に海外を楽しむにはちょうど良い感じの国でした。
治安も良く美しい街並みのこの国はまだまだ発展途中なので、またいつか妻と二人で訪れてみたいものです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年07月03日(水)

ヘッドレストの取り付け

テーマ:メンテナンス

もったいぶって昨日の記事には載せませんでしたが、昨日のキャブメンテの後に行った作業です。


photo:01
まず、運転席のシートを車体から取り外しまして

photo:02
背もたれ側のカバーとクッションを外します

photo:03
背もたれの骨組みはこんな感じ

と、ここで、今回のドナーを紹介しておきます。


photo:10
スクラップ置き場のワゴンR

photo:09

このワゴンRの後部座席を切開して、必要なパーツを取り出します


で、先ほどのカルマンギアのシートを加工します。


photo:04

作業に邪魔な部分を一部カットします


photo:05
クッションを付けて位置決めしたら、バイスプライヤーで仮止めして

photo:06

クッションを外して受け金物を溶接して固定します


あとは、クッションとカバーをかぶせて、座面側に組み付け、ヘッドレストを取り付ければ完成です。

photo:07

高さ調整もできて、かなり良い感じです


photo:08
色については今後の課題ということで…


ところで、なぜ今さらヘッドレストを取り付けるかという理由については、大人の事情ということでお察し下さい。


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2013年07月02日(火)

車検に向けてキャブのメンテを

テーマ:メンテナンス
来月の車検に備えて、ちょっと準備作業を行いました。

旧車の車検で何より厄介なのは、排ガス。
いくら調整しても規定値に収まらないとなると大変です。

なので、調整する前に、まずはキャブレターをキレイにすることにしました。

ウチのカルマンギアのキャブレターは、いわゆるカドロンと呼ばれるSolex系のツインキャブ(今はEMPIブランドで発売されています)です。
右側のキャブは簡単に外れるのですが、左側はコンプレッサーのステーやホースに干渉して、簡単に外すことが出来ません。

photo:01

バッテリーとヒーターホースを外してようやく取り外すことができました


photo:02

とりあえずバラせるところまでバラして


photo:03
キャブクリーナーでキレイにします

photo:06

ジェットなどの金属小物は洗浄用シンナーの中に


ちなみに、アイドルジェットは#55、メインジェットは#130です。


と、ここまでは土曜日の作業でした。



で、今日、ちょっと時間ができたので、組み付けと調整を行いました。

photo:07

キレイになったキャブボディに、ジェットやフロートなどを組み付けてマニホールドに取り付けます


左右それぞれのキャブにおいて、アイドルミクスチャースクリューを回して、エンジンの回転数が最も高くなる位置に調整したら、

photo:08

photo:09
シンクロテスターで左右の負圧の同調をとります


左右の同調がとれたら、リンケージの長さを調節して左右を連結します。

photo:11
photo:12

最後に、エアクリーナーを取り付けて完了です


と、ここまでの作業は、先日、シルバーレストのN下さんに教えてもらった ので、(左側の取り外しと取り付け作業を除き)意外と簡単に出来ました。


ところで、せっかくキャブがキレイになっても、肝心の排ガスの数値が規定値内に収まらないと意味がありません。

というわけで、さっそく測ってみました。

保安基準におけるこの年式の車の排ガスの基準値は、

CO:4.5%以下

HC:1200ppm以下

なのですが、測定結果はというと、

photo:13

CO:1.7%  HC:600ppm


みごと基準値内に収まっていますので、とりあえず車検まではこのままの状態を維持したいと思います。
当然ながら、今の車の基準値だと完全にアウトですけどね…



さて、この後、車検のための準備作業をもう一つ行ったのですが、たまにしか更新しないブログなのにまとめて記事にするのももったいないので、その作業の内容は明日以降に報告することにします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。