2007年07月28日(土)

花やしきで花火を

テーマ:イベント

隅田川の花火を観るために、浅草の花やしき に行ってきました。

上京して20数年経ちますが、花やしきに行くのはこれが初めてでした。


070728a

国際通りから見る花やしき


070728b
園内の風景


花火が始まるまでにはまだしばらく時間があったことと、乗り物券が何枚かあったことから、いくつかの乗り物に乗ってみました。

まあ、いずれも今時の遊園地に比べると子供だましのようなレベルではあるのですが…

しか~し、絶叫マシンが超苦手な僕にとっては、そんな子供だましのアトラクションに乗るのも命がけです。

では、そんな僕が命がけで撮影したローラーコースターの映像をご覧下さい。

時速はたった42km/hだそうですが、昭和28年につくられたそうで、今にも壊れそうな感じが十分に怖いです。


小一時間ほどで時間を潰すことにも飽きて、少し早めに笑運閣の屋上へ。

この日は、限定200名ご招待だそうです。


070728c

070728d

徐々に日が暮れていき、いよいよ花火の始まりです。


070728e
第一会場の花火


花やしきのシンボルBeeタワーと重なって、何だかちょっと幻想的な風景を創り出しています。


070728f
第二会場の花火


風向きの関係から煙に覆われて、何だか大火事みたいに見えます。


花火を終えて、最後に残ったコロッケを3個100円に値切って買いました。


070728g
浅草クロケット


懐かしい味でとても美味しかったです。

入園しなくても買えるそうなので、浅草散歩のお供にぜひおすすめです。

クチコミ番付参加中

 


人気blogランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007年07月27日(金)

カルマン車検に

テーマ:メンテナンス

夜、車検のため、約1年ぶりにSRへ。


久々のカルマンギア登場です。

今度の駐車場は機械式なので出庫にも少し時間がかかります。


070727a
地下から徐々に姿を現すカルマンギア


070727b
上がりきるとこんな感じ


入出庫の度に上下するのは面倒ですが、雨漏りが悩みのカルマンにとっては、屋根のある下の段の方が好ましいのです。


070727f
途中のスタンドで給油


セルフって面倒なので嫌いです。

それにしても、ガソリン高くなりましたねぇ。


SRに着くと、修理を終えただいちゃんのバスが待ってました。


070727c
だいちゃんのバスとめずらしい2ショット


070727d
だいちゃんのバスで月を見ながら帰途に


帰り道、巣鴨駅近くで夕食をとることに。


070727e
宴家 巣鴨店


去年の秋のイベントの後に鍋を食べた お店です。

落ち着いた雰囲気とゆったりしたスペースで、わりと感じの良い店です。

味も悪くないし値段もそれほど高くないし、何より遅くまでやってるので助かります。

でも、今日のウナギはちょっと・・・


といったわけで、久々にカルマンギアの写真が4枚(ちょっと無理矢理の感がありますが…)も登場しましたが、またしばらくお別れです。


人気blogランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年07月26日(木)

縁(えにし)

テーマ:食事・酒など
070726

5年くらい通っている近くの割烹(居酒屋って言うと大将に怒られるので…)に置いてある芋焼酎です。

以前はずっと"いいちこ"だったのですが、ここのところずっとこのお酒です。

僕は夏でもお湯割り派なのですが、初めてロックで飲んでみました。

クセが強すぎず口当たりのよい芋焼酎に美味しい氷があわさって、とても美味しくいただけました。


話は変わって、今日7月26日は中島らも 氏の命日だそうです。

早いもので、亡くなってからもう3年も経つんですね。

大好きな作家(?)の一人だったので、もう新しい作品が生まれないと思うと、本当に残念です。

合掌


人気blogランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年07月25日(水)

地震とどう向き合えばよいのか?

テーマ:雑感・思うこと

中越沖地震の発生から10日ほどが経過し、住民被害に関する報道は少し落ち着いてきた感があります。

もちろん、被災地域の復興と地域の人々の生活再建に向けた取り組みはまだまだこれから多くの時間を要することと思いますので、被災された方々は本当にお気の毒ですし、一日も早く平穏な生活が取り戻せることをお祈りいたします。


一方で、柏崎刈羽原発に関する報道はまだまだ収まりそうにありません。

地震によって原子力発電所が今回のような大きな被害を受けたのは初めてのことであり、目に見えない放射能の脅威を考えれば、加熱する報道も当然のことでしょう。

チェルノブイリのような事故がこの小さい日本で起こったらと想像すると、本当に恐ろしくなりますね。


とはいえ、ただ恐れているだけではどうにもならないので、いつか自分に襲いかかってくるかもしれない(来ないかもしれない)地震に対して、どのように向き合っていけばよいのかを考えてみます。


まず、基本的な認識として、次の2点を挙げておく必要があるでしょう。


1. 絶対的な安全などない!

2. 生命の安全が最優先ではない!


「1.絶対的な安全などない!」については、当たり前といえば当たり前なのですが、ともすれば現代の科学や行政の力を過信している場合がありそうなので気をつけなければいけません。


原子力発電所は最高水準の安全管理がなされているから安全だ、とか、最新の耐震基準によって建てられたビルだから絶対に倒れない、とかね。

まあ、いずれも概ね正解に近いとは思うのですが、あくまで経験と仮定に基づいて造られたものなので、想定外があることは想定されているわけです。


今回の刈羽原発の被害に関しても、「今回の地震は想定外だった」といったコメントが報道されていますが、これって2通りの受け止め方ができますよね。

犬井ヒロシ風に言うならば、

「こんな大規模な地震が起こることは誰も想定できなかったのだから仕方がない」

と思うかぁ、それともぉ

「おいおい、この程度の規模の地震も想定してなかったのか?」
と思うかはぁ、 自由だ~!! ってな感じでしょうか。


いずれにしても、今回の結果は良いものではなかったのですから、今後はこの想定を見直さなければらないというのは誰もが納得することですよね。

つまり、誰が悪いのではなくて(悪い人もいるかも知れませんが…)、人類の科学なんてその程度なんだという現実を知る必要があると思うんです。


例えば、地震と関連が大きいものとして活断層といった言葉をよく耳にします。

日本列島には陸地や海底に多くの活断層があると言われていますが、今現在わかっているものだけでもこんなにたくさんあるそうです。
070725a
これは、あくまで今までに見つかったものだけですので、まだまだ他にもたくさんあるでしょうし、全てを実際に見ているわけではありませんから、どこまで正確かもあやしいものです。

活断層は、ごくまれに常時ズルズルとすべり続けているものがあるそうですが、多くは100年前後~数十万年の周期で活動するとされています。

とすれば、僕たちが生きている間に活動する断層は数少ないのでしょうが、こんなにたくさんの断層があれば、どれがいつ大きく動いても不思議ではありません。

そういう危うい地盤の上に僕たちは生きているというわけです。


地震だけをとってもこんな感じですが、怖いのは地震だけではありません。

いくら地震に強い原発を造ったとしても、某国から核ミサイルが飛んでくるかもしれないし、巨大な隕石が落下するかもしれないし、宇宙からの攻撃だって絶対にないとは言えません。

でも本当に怖いのは、東海村JCO臨界事故のような人為的な事故のような気がします…



といったところで、思いのほか長くなりすぎたので、極めて中途半端ではありますが続きはまたあらためて。



人気blogランキング

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年07月24日(火)

筒美京平って偉大だ!

テーマ:映画・DVD・CD・本

最近、それほど忙しくはないのにブログがなかなか更新できません。

ネタが全くないわけでもないのですが、何となく気分が乗らないというか、別にブログに載せるほどのことでもないかなぁなんて、過去にさんざんつまらないネタを載せておきながら今さら気がひけてしまったり…

まあ、他の多くのブロガーの方も似たり寄ったりだとは思いますが。


僕の場合、気乗りしないいちばんの理由はハッキリしてます。

"カルマンギアのある生活"なんてタイトルでありながら、カルマンギアのネタがないからです。

当初はカルマンギアの写真でいっぱいにする予定だったのですが、最近、カルマンギアで出かける機会が少なくて…


そんな言い訳めいた前置きをした上で、またしてもカルマンギアに全く関係ない話ですが…


先日、購入して、最近よく聴いているアルバムがこちら。


the popular music ~筒美京平トリビュート~

もともと古い歌が好きで、トリビュートアルバムも好んで聴くのですが、その中でもこのアルバムはかなり好みの内容です。

トリビュートというと、どうしてもオリジナルの歌手と比べて違和感を感じる曲が多かったりするのですが、このアルバムでは、オリジナルよりも良い感じの曲が多いんです。


でもね、いくら旬だからといっても、秋川雅史に飛んでイスタンブールを歌わせるのはやめてほしかった…

いやもちろん好みの問題ですし、秋川雅史自身を否定しているわけでもないのですけどね。


とにかく、秋川雅史の件を差し引いても、良いアルバムです。

ちなみにこのアルバム、作曲家のトリビュート・アルバムとしては日本初だそうです。


筒美京平 といえば、とにかく長きにわたって幅広いジャンルの曲を作っていることに驚かされます。

こんなアルバムがあるのも偉大さの証明ですね。


THE HIT MAKER-筒美京平の世界-

僕らの世代にとって一世を風靡した作曲家としては都倉俊一 も捨てがたいですけど、曲の豊富さと幅広さではやはり筒美京平に軍配が上がりますね。


人気blogランキング

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年07月15日(日)

台風の中、横浜へ…

テーマ:旅・ドライブ

しばらく前から予定していたので、台風の中、横浜に行って来ました。

本当は、カルマンでドライブを兼ねて行く予定だったのですが、この台風ではあきらめざるを得ません。


070715a
昨日の昼過ぎの桜木町駅前


070715b
今朝のホテルの窓からの景色


070715c
今日の昼過ぎの桜木町駅前


皮肉にも、帰る頃にはすっかり良い天気です。

何だか気に入らない展開なので、とりあえず記録しておきます。


人気blogランキング

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年07月10日(火)

ヒュンダイを見て思ったこと

テーマ:雑感・思うこと
先日のフットサルの帰り、新宿通り沿いにちょっと立ち寄るところがあって駐車した際に、前に停まっていた車。


070709a

写真だとふつうの国産車にも見えますが、ヒュンダイ(韓国)です。


お隣の国の車ですが、めったに目にすることがありません。

ひょっとすると、フェラーリの方が目にする機会が多いかも知れません。(単に目立たないだけってこともありますが…)

デザイン的には何の魅力もありませんが、性能的にはどうなんでしょう?


さて、ヒュンダイのロゴマークといえば、"H"の文字をデザインしたこれ。


hyu


ところで、"H"の文字をデザインしたロゴは、日本の自動車メーカーにも2つあります。



hon
hin
ホンダ
日野自動車

同じ"H"でも、色々なデザインができるものですね。


といったことをきっかけに、ふと考えてみると、自動車メーカーのロゴやエンブレムは、ほぼ以下のような4つのパターンに大別できそうです。



A.アルファベットをデザインしたもの


上記の3メーカーに加えて、次のようなものがあります。


suz
toy
スズキ
トヨタ
mat
dai
マツダ
ダイハツ

日本の自動車メーカーはほとんどこのパターンなのですが、一方で海外のメーカーは少ないようです。

我がワーゲンも正にこのパターンなのですが、2文字を用いているところがちょっと異なります。

いずれにしても、ちょっと芸が足りない感じ?


B.そのまんま名前を使ったデザイン


vol
nis
ボルボ
ニッサン

Aのパターンよりもさらに芸がないような気がします。

他にも名前が入ったロゴやエンブレムはあるのですが、この2つは名前がないとほぼ成立しないであろうという点で他と異なると言えそうです。(ボルボは♂をデザインしているようではありますが…)

ここには挙げませんでしたが、フォードはその代表格と言えそうです。


C.抽象的な形態のデザイン


ren
bmw
ルノー
BMW
cit
mit
シトロエン
ミツビシ
mer
opr
メルセデスベンツ
オペル

それぞれ、何かしら意味とかモチーフがあるのですが、それを見ただけでは何を表しているのかわからないというもの。

他にはアウディもこのパターンですね。

面倒なので、ここではあえてその意味やモチーフには触れません。


D.具象の物をデザインしたもの


por
peu
ポルシェ
プジョー
fer
sub
フェラーリ
スバル
mas
lam
マセラティ
ランボルギーニ
alf
アルファロメオ

このパターンは、いわゆるスーパーカーといわれるような車のメーカーに多いようです。

馬とかライオンとか、強そうなイメージのモノが多いのですが、アルファロメオの蛇はちょっと異色ですね。

ミラノ市の貴族、ビスコンティ家の紋章に由来するんですって。

一般に跳ね馬っていうとフェラーリのイメージが強いですけど、ポルシェも跳ね馬なんですよね。


こうして見ると、他の日本の自動車メーカーがAかBのパターンに属する中、スバルだけが唯一このパターンに属することは特筆するに値するのではないでしょうか。

ちょっとスバルを見直しました。

なお、オペルの"稲妻(らしきもの)"がCなのに、スバルの"星(らしきもの)"がなぜDに分類されるのかについては、僕の個人的判断によるところですので一切の苦情を受け付けません。


というわけで、今日の結論


ヒュンダイを見て思う=スバルってちょっと素敵


最後に、ただ一つ分類しきれなかったモノ


lot

  ロータス



人気blogランキング

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2007年07月07日(土)

久々にカルマンでフットサルへ

テーマ:日常生活+α

今日は一日、雨が降らないという予報だったので、久々にカルマンギアでフットサルに出かけました。

場所は、MPF味の素スタジアム


070707b
Jリーグで利用されるスタジアムに隣接する屋内コートです


070707a
カルマンはスタジアムの駐車場に(久々の登場です)


屋内コートは、強い日差しを受けない一方で風が抜けないため意外と暑いのです。

かなりのカロリーを消費したはず。


で、その後、家に帰ってから妻と二人で出かけたのがこちら。


070707c
焼肉京城 水道橋店


せっかく消費したカロリーを、あっという間に取り返してしまったようです…


人気blogランキング

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。