$K・DOGへようこそ

<所在地>

331-0822

埼玉県さいたま市北区奈良町97-49

TEL 048(651)9939

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年05月18日(木)

人気のドッグフードSALE始めました

テーマ:セール情報

無くなり次第終了です‼️
この機会にいかがでしょうか😊

{9A8EFF38-E8D4-4A01-8B9C-02E0373DDDEF:01}

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年04月16日(日)

縁からの展覧会 〜写真、作品展示〜 ご報告 その4

テーマ:お知らせ
出口付近に展示されたのは東日本大震災の時に埼玉スーパーアリーナが避難所になった時の様子です。
ペットが同行避難ができずに被災地に取り残されました。またマイカーで逃げても避難所には入れずに駐車場で生活していました。

6年前の震災時、当店は僅かながらボランティアをさせて頂きこの現実を訴えたく、このプラザノースで写真展を開催しました。

ペットを飼っている、いないに問わず大変沢山の方々が来場されテレビ局が報道してくれ、地域に貢献されている議員さんも相談にのってくれました。
 立場をこえてあれだけ沢山の方々の心が動いた事はみんながこの現状を改善しなくてはいけないと思われたのでしょう。

現在は社会問題まで発展し、法律が改正され、ペットと一緒に避難できる同行避難まで可能になりました。

しかし6年前の犠牲になった命が取り戻される訳ではありません。
被災者さんには一生苛まれる悲劇として、心に傷をおったまま生活しています。

 現地までレスキューにいき、被災の様子を目のあたりにした方々は「何もしないのは人間の心ではない、どうして助けに行くか、それは現実を見てしまったからです」そう言っていました。

人の心があれば、何も思わずにいられない。
それだけ被災の現実は過酷でした。


この写真をみて、今まで笑っていた来場者の皆さんの目が涙ぐみました。

この現実が自分に降りかかった時にどれだけ残酷で辛い事か、被災された方々や動物たちがどれだけ残酷の目にあったか、写真をみただけで悟り、募金をしてくださいました。

6年前も来場してくれ、「これあの時の写真ね」と涙ぐまれた方々

今まで笑っていたのにこのコーナーにきて涙ぐむ方々

ペットの仕事を目指していて、意識が高く積極的に賛同する方々

防災の仕事をされ、治安を守るお仕事の方

ケイドックにいるとペットオーナーさんしか触れ合いませんので、ペットは家族と当たり前に捉えておられ
ています。
しかし不特定多数の方々が来場されるこの会場でも
皆さん熱意をもってこの問題に意見を言ってくださり
とても嬉しかったです。

6年たった今もこの悲劇を思い出すと辛くなる方、
辛すぎてもう何も見たくない方
自分では意識がないけどトラウマとして残り
心的ストレス障害を発症する方

震災の問題は深すぎて、またこの問題をもちだすのはどうか、最後まで悩みました。
 ですので隅で小さく写真だけ展示し、見たい方だけ見てもらう様に入口から目に入らない場所に設置しました。
 前向きな意見がよいのか、もう過去にふれない方がいいのか正直いまもわかりません。

しかしこれだけは言えます。

災害はある日突然やってきます。
そして自分の身に降りかかった時に自分のペットを守るのは自分です。

ペットを自分の家族として迎えたその日から寿命で天に召される日まで側にいて守りぬくのは本当に大変で思わぬ事情で別れがある、当たり前に毎日側にいることがどれだけ幸せな事か。
 そして守りきる為には飼い主さんも思慮深くならないといけないと痛感します。

防災関係者の方がおっしゃっていました。

いざ震災がおきたら自分が逃げるだけで一杯、一杯。
動物と冷静に逃げる訓練ができている人などいない。
必ず再会できる様にマイクロチップを入れてください。
現場が整備されるのは3日かかる。
3日分の備蓄を普段からしておいてください。

現実的に人間が優先される。
ペットが嫌いな人もいて避難所にいれるのは難しい。

でもペットは家族です。
ほっておけとはいえないんです。

いつも会議になり、有効な対策を話し合いされるが最善の策がない。
どうしたらよいのか、動物専門家やペットオーナーが
意見をだして欲しい。

自分たち専門家は毎日、毎日、もし災害がおきたら市民をどうやって助けるか考えて、頭の中でシュミレーターしている。
現実災害がおきて、冷静に行動できる人などいないのです。

真剣な目をして、長い時間この展示の前にたち、おっしゃっていました。

私はペットオーナーの皆さんに必ず伝えますと約束しました。

 {6B6F6F3A-A9FF-4D1D-B0A0-D9FEE717E2F6}

{569F6300-AD25-4BB8-8D4F-8B914653659D}


一般財団法人 ペット災害対策推進協会に10752円寄付させて頂きました。
震災時ペットの為に活動する団体です。

{0C083F8D-A056-43C4-AF0A-8835A2F9D455}

{026959FE-47AD-4B66-8B77-B8B4BAF68B10}

{D4160431-EF47-4B51-8B7A-B28000854ACF}

{4BA11AD0-6E1F-47CE-8D93-3AA602546365}

お気持ちのこもった皆さんの大事な大事なお金です。
動物のために役立ちます。


この写真展から今回の展覧会まで6年かかりました。

ケイドックの既存の業務がぶれず、安定するにはスタッフが成長し、企画の業務をしてもお客様の信頼がおちない事が一番重要です。

今回の展覧会はオーナー天野のみで企画、実行しました。
他スタッフは一切関与せず、当日会場にもきていません。
スタッフは動物の専門学校をでて、動物の仕事につくために勉強してきました。
ペットとは関係のない企画は経験もなければ、本人たちは興味もありません。
皆さんのペットから片時も離れずお店でお守りしていました。

 ケイドックはこれからも動物と飼い主さんの幸せや
楽しさを感じてもらえるお店になるように取り組んでいきます。

長々と読んで頂きありがとうございました



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年04月14日(金)

縁からの展覧会 〜写真、作品展示〜 ご報告 その3

テーマ:お知らせ
会場左に展示されたのは
昨年開催された Best  time on the ice 〜私たちの小さなアイスショーへようこそ〜の衣装展示と上映会です。

このアイスショーはスケートをはじめたばかりのアマチュアスケーターと当店のお客様でアーチィストの方々にご協力いただき開催されました。
また当日会場には当店のお客様がいらしてくださいました。

フィギュアスケートは「お金がかかる」「敷居高い」
「大人からは無理」と懸念されがちですが、本当にスケートが好きで練習すればできる様になる、みんなで一つの目標にむかい努力する事が大切である。

そうゆう事を伝えたく企画しました。

{1A3F1008-0B30-4101-8889-647B2985A948}

{8587FC6A-D204-4742-8351-5E88219D83CD}

{0DB0DFD8-2D65-4E68-98AF-D916E6D7A8A7}

衣装、装飾はアトリエ夢花が担当しました。
リンクに足を運び、各スケーターのスタイルや滑り、プログラムをみてイメージを膨らませました。

フィギュアスケートになくてはならないキラキラは
グルーデコの技術をとりいれました。

フィギュアスケートの衣装をはじめて見る方が多く
「こんなに派手なんだ」「カラオケの衣装みたい」と
感想でした。

子供たちはキラキラの衣装が目につく様で駆け寄ってきていました。

{ED688999-FAA9-46FB-82D5-9FD70CE84605}

{484B63B0-1385-4986-A69D-3425A564D5CB}

「この子たち、まだスケートをはじめて2年なの?
なら私にもできるかしら?」
「技術はアマチュアでもみんな楽しそうね」
その様な感想が多く

ダンスやピアノ、スケートを既に習っている方々も沢山見に来てくださり
「練習と用意がものすごく大変なのに本番は一瞬なのよね」
と、本番までの過程がいかに大切かとうなずかれていました。

その一瞬のために
出演者は9ヶ月間練習し
振付、衣装、ヘアメイクのアーチィストさんが動き、
会場でお客様が応援してくださり
その一瞬をカメラにおさえる。

全てがなくてはショーは成り立ちません。



{F1CAA4DD-DC22-4853-85EC-278B427BEE1D}

{362D5D12-35D6-416F-B29A-B6A9D9D59024}

{745EB1DB-B03E-4C99-87A1-1528E6FD0D3F}

{D178A389-8C31-4DC9-9405-E888EE749A8F}

{FDA8E7A3-C8B5-4864-A7B4-3C2F9C073D7E}

{0FA53C93-3F53-4D6E-A6DA-C5523C61E8BD}

{249B6CBC-D535-497D-BBFF-9408A6BBD91E}

{70D205B0-38C0-4087-91B6-7B9C1327E05F}

出演者、アーチィストさん、お客様
各自のもっている能力が当日一つになり、感動となり心にのこります。

ケイドックのオーナー、天野は元フィギュアスケートの選手でした。20年以上前、氷から去り動物たと暮らしておりました。
またリンクの上にたつとは夢にも思っていませんでした。
皆さまのお力によりこの様な企画を頂けた事に感謝しております。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。