The One Night Only-Tribute to The Legends-

テーマ:

ブログ更新が滞っている間に秋めいてきました。

サボっている背徳感抱きながら夏を越えました。

どうもすみません(;ω;)

生存確認の方は

Twitter camacho_K

Instagram camacho_drums

でお願いしますん。。。。

 

これだけ期間が空くと遡るのも遡られるのも大変だと思うので、

夏の活動はTwitterかInstaを見て頂けたら。。。。笑

また時間のある時に搔い摘んで報告させていただくかもです。

 

最近はといいますと、単発のライブが多く、

東京から出ない生活を送っております。

単発とはいえ濃ゆいライブが多いので、せかせか動いてはいるんですが、

誰かツアーに連れ出してください(笑)

食欲の秋だもの。芸術の秋だもの。

 

このところ久々の共演という機会がちょいちょいありまして、

1つ紹介させてください〜。

 

8/8に行われた

【清水周平〜The One Night Only -Tribute to The Legends-】

vo,清水周平、gt.井草聖二、ba.小林修己、key.Sa-ya、dr.わたくし

今回の企画者の清水周平(以下シミー)は現在アメリカで活躍するシンガー。

彼とはおよそ10年くらいの付き合いになります。

当時関西のJAZZシーンで活動してたシミー、僕もよく共演させてもらいました。

歳も同じということで意気投合して、演奏以外でもよく遊んだり。

当時から非凡な才能を存分に発揮してた彼ですが、

一時音楽から離れた時期があり、僕はすごーーーーくショックで。

今だから言えますがちょっと受け入れたく無かったです。

心は猛反対でしたね。勿体ないよ!って。

彼とずっと音楽を続けていきたい気持ちがそれだけ強かった。

ただ人それぞれ事情があるのは百も承知、

決断をした彼の方が僕よりよっぽど辛かったと思います。

時が過ぎて、僕は東京へ、彼はアメリカに飛んで再び歌を始めました。

めーーーっちゃ嬉しかったですね!

世界のFACEBOOKにより彼のアメリカでの活動はチェックしていたんですが、

3年が過ぎた頃、一時帰国するとの報を受け、

めーーーっちゃ嬉しかったですね!(2回目)

久々に再会した彼はすっかりアメリカナイズドされてましたが、

相変わらずのナイスガイで、歌は超パワーアップしておりました。

発音はすっかりfrom USAになり、ダイナミクス表現が本当に素晴らしい。

インプロヴィゼーションのぶっ飛びっぷり(良い意味で)も。

JAZZをフィールドにしていた彼ですが、今はどちらかというとSOUL寄りかな。

素晴らしいシンガーに成長した彼と共演して、高揚感と懐かしい気持ちが。

そして自分ももっと頑張らないとなーと、戒められました(笑)

シミーのことばっかり触れましたが、集まった他のメンバーも久々な面々で、

ギター井草聖二くんは世界規模のギターコンテストに日本代表として出場し、

TOP5に君臨するほどのスーパープレイヤー。とんでもないっす!

当時は共演することが無く、今回機会を得られて嬉しかったです。

キーボードSa-yaは専門学校在学時からよく共演していた仲。

シミーの無茶ぶりに付いてゆける姐さん的キーボーディスト。

ここまではちょっと同窓会っぽいですね(笑)

ベーシストは安定のコバさんこと小林修己。

守備範囲が広くジャズもいける彼ならシミーも満足するだろうなぁと

オファーさせてもらいましたがバッチリでしたね〜流石!

 

まさか再共演出来るとは思ってなかったので、

この夜は僕にとってスペシャルでした。

今まで音楽を続けて来られたからですね〜、素敵だ!

スペシャルだったのに今までレポート書かなかったのは、

以前1回長々書いたのに消えて、心折れたからです(笑)

今回も長々と書けました!笑

 

イベントタイトルどおりレジェンドたちの名曲を

シミー風にインプロ全開でお届けしました。

彼なら日本の音楽界に一石を投じられる気がするなぁ。

また絶対やりたいっ!

 

 

では、ちょっと熱苦しい文になってしまいましたが、この辺で!

AD