塾屋|独学指導の専門家が直接指導する塾の指導ノウハウ『公式ブログ』

勉強は、先生・授業に頼らなくてもできます。
それを知らない人と知っている人とでは勉強への考え方、方法が全く違います。このブログを機に「先生、授業に依存した勉強」から「自分ひとりで進む勉強」に変わっていきましょう。


テーマ:

偏差値別にみた合格者と不合格者の数(週刊朝日 1月6-13日号より)

 

中学受験・高校受験・大学受験といえば、模試が大きな指標になっています

多くがA~Eで判定されるものですが

 

決して

A=100%合格する E=絶対合格しない

というわけではないことが、このデータでも分かります

 

ちゃんと模試の判定の説明を見ると

A判定・・・合格可能性80%

E判定・・・合格可能性20%以下

なんて書いてあるんですが、なるほど、たしかに実際それくらいの割合ですね

 

A判定で不合格の人もいますし、E判定で合格する人もいます

 

 

 

多くのサイトや著書では、DやE判定からの合格を『逆転合格』とか『奇跡の合格』みたいに

書いていますが、実際には、仮に100人のE判定の子が受けたら20人くらいは受かるので、それが多くの中学、高校、大学入試で起きているのであれば・・・

 

逆転合格者は年間何人いるのでしょうか

奇跡!とまで言えるほど少ない人数ではない気がします

 

かく言う私自身も大学受験はE判定(第一志望者内でドべ2)で合格した人間です

それを言うと周りは「すごい!」とか「本書けばいいじゃん!」みたいなことを言いますが、私は特別何かした感覚はありませんでした

 

 

 

では、

 

逆転合格した人は

「何をしたから合格したのか」

 

そして

 

合格圏だったのに不合格の人は

「何をしていなかったから不合格だったのか」

 

ここを書いてみようと思います

 

 

 

 

 

それは、たった1つです

 

受験【対策】をしたかどうかです

 

受験【勉強】ではありません

受験【対策】です

 

 

野球に例えてみましょう。

あなたは高校の野球部の監督で、甲子園に出場するとします

 

甲子園というゴールに対して、出場が決まってから本番まで何をしますか?

 

ここで、こんな練習しかしていないのが、受験【勉強】です

・今まで以上に毎日、長時間練習する

・地区予選1回戦レベルの高校と練習試合をする

 

そして、こういう練習をするのが、受験【対策】です

・甲子園で出てくる投手の球速でパッティング練習をする

・甲子園のグラウンドを想定した場所で練習する

・甲子園に行けなかった強豪校と練習試合をする

・対戦する相手のデータやビデオを見て研究する

・相手にバレている可能性があるのでサインを変更する

 

 

さて、どちらが甲子園で勝利できるでしょうか。

 

 

 

勉強に話を戻すと

 

中学受験生なら、その中学の入試に合わせた対策

高校受験生なら、公立入試に合わせた対策

大学受験生なら、センター試験、私大または、受ける国公立大の二次試験に合わせた対策

 

 

定期テストや模試は、その学校・その入試に合わせて作ったものではありません

(ピンポイントに合わせた模試もあります 例:東大オープンなど)

 

逆に、定期テストや模試は範囲が限定されていたり出題形式が分かっているものが多いので短期間で、そこに合わせた対策をすれば取れてしまうものです

 

そうやって模試のたびに、その模試に合わせて勉強していると・・・本当の本番、その学校の入試には全然対応できないのです

それが「模試は合格圏なのに、不合格になる子」の原因です

 

その反対が「模試は悪い判定なのに、合格する子」です

定期テスト、模試といった目先のことよりも、最終的なゴール(敵?ボス?)に合わせた勉強を続けていく

途中、模試が悪い判定だろうと、信じて進めていく・・・

そうやって強い精神力と戦略性で勉強していた子が、俗にいう逆転合格をする子です

 

 

 

林修先生の名言に、こういう言葉があります

【受験には、フライングもスピード違反もない】

 

あなたの受験、お子様の受験は、いつからでも始められるし、どんなペースでも始められます

 

ただし、それが、狙っている入試のことを考え、それに合わせたものでなければ、進んでいるように見えて、実は全く進んでいないことになってしまいます

 

 

 

長くなったので、まとめ。

 

模試で合格圏・・・でも不合格の子

模試で悪い判定・・・でも合格できる子

 

この違いは、受験【対策】の量で決まります

 

模試の判定が悪いから志望校を変えようかな・・・ではなく、志望校があるのなら、その入試に自分を合わせていく、その対策を受け入れていく

 

この記事を読んで、こうした『強い』受験生が1人でも増えてくれることを願っています

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

心強い子を育てる学習塾

 

塾屋 公式ホームページはこちら

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。