お受験ブルーズ

現役講師がお受験を通じて世間を眺めています。
大手塾勤務→独立→プロ家庭教師と変わって来ました。(作曲・編曲、シンフォニックメタルバンド「Allegiance Reign」のベーシストとしても活動しています。どっちも本気です)


テーマ:

 同じ恩師に出会っていても、生徒によって反応は様々です。ただ、それをみて、どういう生徒が伸びているか、は教える側になった今となってははっきりとわかる部分があります。

 

 先日、うちのバンドでドラムを叩いてくれている元帥(幻水)さん(有名大学の現役大学生、すご腕、ドラムレッスンやってますw 多分教えるの、うまいです)と話していて、彼の高校時代の話になったのです。なんでも、非常に影響を受けた先生がいたのだとか。その方のおかげで、それほどの進学校でもない高校から、よい大学にもいけたというのです。

 

 ただその先生は非常に癖のある方(だと思われている)そうで、彼とその他の生徒では随分、リアクションが違ったそうです。

 

 同じ先生の同じ発言に対しても、生徒によって反応やリアクションが違うことは、僕の学生時代を鑑みても同じことを何度か思っていました。

 

 そこで大事なのが、ある種の「素直さ」なのかな、と思うのです。ドラムの彼も、その要素をもちあわせていると感じます。

 

 僕の大恩あるO先生は、中1の入学時に学年主任としてみんなの前で演説をしました。あまり内容は覚えてないのですがw、非常に理路整然とした話しぶり、正しいことを正しいといい切る強さのようなものを感じ(運は『運ぶ』という字を書く、という名言なども)、僕は非常に話に引き込まれ、「こいつに6年間ついていこう」と決意をしました。

 それから、その先生が顧問をなさっていたテニス部に入り、教えられていた生物も選択し、まさにべったりな日々でした。

 

 そんなですから、僕はその先生のいう勉強法は全部試したし、東大に論述力がいると言えば論述訓練を自主的にやり、オールラウンダーが東大に行きやすいと聞けば「おれも苦手をなくしてオールラウンダーになろう」と決意したり、まさに言われた通り「そのまま」を実践していきます。

(実際には今の東大の理系ならば、ものすごく強い1教科があればそれを軸に戦略を立てることも可能です。そういう教科があれば二次で1教科くらい0点でもなんとかなります)

 

 でも周りの友人の中には「あんなやつ、偽善者だ」と言うやつも多かったのです。まあ確かに、今考えれば『きれいごと』にしか聞こえない部分もあったと思います。いろんな学校のいろんな生徒を見てきた経験からすれば、ちょっとまずい部分もあったかと思います。

 

 ただ、教える側のプロとなった今だからこそ、わかるすごさもありました。やはり恩師はかなりグレードの高い先生であり指導者であり、異常なまでの熱情を持っていたと言えます。東大合格者数などのデータでもやはりその先生がかかわっていると明らかに数は上がってもいます。

 

 でも当時、その同じ先生の同じセリフを聞き、それを100%近く信じられた僕と、そうでない友人がいたのです。そこに大きな差があるとその後の人生などを鑑みましても思います。

 まあ、その時点では洗脳と言ってくれても構いません(笑) 単に良い先生を信じられた出会えた(という運が良かった)だけ、とも言えると思います。

 

 僕とて、自我の芽生える中2くらいからは、すべてを無思考に受け入れたわけではないのですが、やはりまずはO先生の言うことを信じてやってみて、それから自分に合う合わないは判断しようとはしていました。

 その結果は、やはり良い結果をもたらしています。最初から誰の聞く耳もたぬ自己流よりは、中高6年という時間制限の中で、しなくてもいい苦労はある程度避けられたと思います。

 

 その後、20代でプライドが肥大し、その『素直さ』は無くすのですが(笑)、10代前半のころの僕には、理想に燃え、闊達な人物を目指すのにまっしぐらになれる「素直さ」がありました。(今は少し素直さが復活してきています、多分)

 だから、才能のわりには努力もできたし、受験にも勝ってこれたんだなと自己分析しています。

 

 サピのアルファクラスや大手塾のトップ層の子たちからは、やはり良い意味での「素直さ」を感じることが多いです。いい意味で癖がないのです。

 いうことを素直に聞いてくれてしまいますと、例えば成績が伸びなかったら「こちら側(講師側)のせい」だとはっきりと感じることができ、いい意味でもプレッシャーになるのです。胃が痛いです(笑)

 

 これは、いろんな成績層の生徒に触れる塾講師なら、絶対にわかっていただける感覚だと思います。

 

 親の言うことや先生の言うことが素直に聞けなくなったとき、それは無駄な足掻きをすることになる『回り道』のサインかもしれません。

 

 僕は今では自分で「素直になれているか」を自問自答することが多いです。へりくだった謙虚とも違う、サピのアルファ1の子みたいな感じです。素直にさえなれていれば、おそらく大事なことは見逃さないだろう、と思えます。

 

 これらは、過去の優秀な生徒たちが僕に、(無言のうちに)教えてくれたことです。(ついでに油断してると成長とともに、その素直さが消える可能性もあるということも)

 やはり、ずば抜けた子には共通項があります。サピのアルファ1や筑駒・灘などの方々に縁なき人にも、ここでその一端でもお伝えできればと思います。

 

 まずは形だけでも真似してみることは意味があることだと感じます。

 

 例えば、「こんなんやと次のテストでもケアレスミス連発やな」と僕が言ったときのリアクションで、今の生徒の状態はわかります。

悪い例、「いや(絶対否定します、笑)、大丈夫。これはこの時、なんやらかんやら……(ミスの言い訳たくさん)」

良い例、「う、そうかもしんないっすね。気をつけます」

 

 いつも読んでくださってありがとうございます。

 

 

夏のスーパーコンサル2016始めました。究極の受験セカンドオピニオンを体験してみませんか。ご希望の方はメールをください。(夏は終わりましたが、ご希望ならばまだ可能です)

 

お問い合わせいただいたメールに返信はできていますでしょうか? 迷惑メールとして処理されてしまって届いていないということがたまにあります。僕はどんな内容でも、1週間の間に必ず返信は行いますので、1週間経ってもこない方はお手数ですがもう一度しっかりタイトルなどもいれて送っていただければと思います。問題集に載っているアドレスの方にだしていただいても構いません。

 

5年生や受験学年でない方のコンサルも受け付けております。また、遠方の方も交通費さえ頂ければどこにでもいきます。(九州や群馬、栃木、大阪、奈良、兵庫、京都などもありました)

 

教え子の医学部留学生がブログをはじめました。医学部にご興味のある方はどうぞご覧になってください。医学部生のきつさや海外生活なんかの赤裸々なところがわかるかもですよ、むふふ。

こちらです。 http://ameblo.jp/harryhawk-bp/entry-11385618245.html お勉強BLOGЯanK お受験ブルーズ-ランキング1 お受験ブルーズ-ランキング2   ←たまにクリックしてもらえるとうれしいです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

ジュクコさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。