2006-03-17 09:02:21

いいかげんにしてっ!

テーマ:「犬の十戒」

寝不足で、なんか体全体が痒くって、それに加えて

天気もはっきりしない今日この頃。

こんな気分のときにニュースなんか見ると余計に凹むわっ!

なんか心温まるような話しはないのか?あっ?


香港で同居人の8歳のシーズーを「テレビが見たいのに吼えて

うるさいから」という理由で蹴り、殴り殺した男。

判決は入獄3ヶ月。

子供じみた理由で一つの命を奪ったにしては「屁!」みたいな

刑だけど、以前に比べれば社会的関心も集まってるからか

刑務所に入ることになっただけも進歩なんか?



チャイナで猫や犬を虐待して殺し、その一部始終を録画、販売というとんでもない事件。

その主人公の女が公開謝罪状を出したらしい。

「社会をみなさんを不安な気持ちにさせたことをお詫びします。後悔しています。

みなさんに許してほしいとは言わないけれど、私の気持ちもご理解いただけますか?

結婚に失敗し、家庭的将来的にも鬱々していました。

そうした気持ちがこうした行為をさせてしまった。申し訳ありません。

回りの友人、知人、幼い娘に感謝します。私を支えてくれてありがとう・・・」云々・・・

薬剤師であったこの彼女。すでに免許停止となっているらしい。

医療機関に携わる者の虐待行為。そしてこの自己憐憫でいっぱいの詫び状。

これが謝罪?



昨日は昨日で香港でもまた・・・

ゴミ捨て場で手足を切断された犬が発見されたというニュース。




17gm01

PANPANちゃん


推定2歳くらいのこのわんこ。獣医の話しではおそらく生まれて1ヶ月半くらいの

ときに切断されたものらしい。外科手術でもなく先天的障害でもない。

人に飼われていたと思われるがマイクロチップが入ってないため飼い主は探せず。

去るボランティア団体で保護されることになり、滑車つきのボードか何かを作ってあげようかと

いう話になっているとのこと。

見知らぬ場所でもおとなしく、吼えたりもせず非常に従順なこのわんず。

名前は「PANPAN」と名づけられた。


いったいこの子が何をしたっていうんだろう?



ほんとに現代社会の人間ってどこまで病んでるんだろう?



無力なり。キリがないなり。

でも「どうせ個人の力のなんて・・・」と無力を嘆くより

やっぱり少しでも多くの子たちに幸せになってほしいなと思う。


当面の最大課題はちび牛を立派な侍猫にすること。





「黒猪アルバム」




黒猪はおとなしい。いつもぼよよ~んとしている。

尻尾もぶんぶんっではなくて小刻みにピコピコ、でもけっこうターボである。

小刻みなターボ。


特技は耳たぶ噛み。





IMG_0634

食後




IMG_0635

ぼよ~~~~~~~~~~~





IMG_0640

いったい何を考えているのだろうか?





IMG_0643

あ!





IMG_0646

「かわいい♪」と思ったら顔中に抜け毛が・・・



あ・・・・・・・・・・・・・・



IMG_0648

・・・・・・・・・・・ぶた鼻?





今日の六福動物指数

犬 9匹

猫 3匹




人気ブログランキングへ  



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-03-06 14:00:09

人間はどこまで堕ちる?

テーマ:「犬の十戒」

月曜だから明るくいきたいわーーーー♪

と、思ってはいた。

週末ちょっと硬めの話しも出してしまったし。

まー、まだうまく頭の中がまとまってないので

つらつらと・・・・


週末テレビでやってた「THE PIANIST」

これは未見だったので途中からだったけど見た。

人間って恐いね。

昨日は「ユダヤ!」とののしられてた人、そして彼らを虐げる人。

それがある日を境にまったく逆の立場になってしまう。

狂気の集団心理。


昨日さるサイトを見ていた。

チャイナでの動物虐待の問題。

着飾った女が動物を虐待する一部始終が今サイトで流れている。

これは変態愛好家に売るためのディスクらしい。

売り先には日本も上がっている。

一枚20ドルほどで売買されるこのディスク。

売れるから、買う人がいるからこうした行為がなされるわけだ。


前に日本であった事件を思いださせる。

あれは憤慨した市民が動いて犯人逮捕になったと記憶するけど

現中国には「動物虐待」に該当する法がないため

仮にこの犯人たちが逮捕されても罰せられることはないらしい。


笑いながら子犬を、子猫をうさぎを虐待惨殺する。

それは想像を絶する恐怖映像。

こげんたちゃんの映像も人間がしたとは思えないほどの

残酷さがあったけど・・・

これは映像が鮮明であるだけもっとひどいものだった。

(比べるということはおかしいのですが、さらに残酷なものが今流れてる

という意味)


今もこの人間たちはそういう行為をしてるのかと

思うとほんとに無力な自分が腹立たしくなってくる。


チャイナのある掲示板では

「いったいいつになったら中国にも動物のための法律ができるのか?」

「香港であった虐待反対のデモ。これはわたしたちもやれることじゃないのか?」

そういうことが多く書かれていた。


動物受難の日々はまだまだ続く?


頼むからそういうことで喜びを感じるなら

どうぞ自分の体を使ってやってください。

自分で自分の眼をヒールで踏み潰せばいい。


弱いものをいたぶって楽しむ狂気の人間。


神様ってこの世にはいないのか?

いつかそんな人間に天罰が下ったとしても

それに払った代償は大きすぎるのではないか?


ただ生きていくことさえも許されない命。

この子たちがいったい何をしたっていうんだろう




「うにうに」



暗い話題の時にはやはり王様登場で救いを!




IMG_9881

普段の黄黄王はこのようにキュートなおやじ顔






IMG_9630

最近よくする うにうに 遊び





IMG_9622

さ、質問  黄黄王を取り囲む黒い子たちはどの子?





IMG_9623

わかる?






IMG_9649

しかし王様・・・キミすごい顔やで!





今日の六福動物指数

犬 9匹




人気ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-02-05 05:00:45

世の中不公平

テーマ:「犬の十戒」

書き上げて「いざ更新!」とボタンをクリック。

「アメブロ混んでますねん」表示ですべて消えますた。

かなちい・・・・


無職第一日目。

予想に反してばたばたな一日なり。

肩はごりごりのぐりぐり。

眼もごろごろ。

さては「めばちこ」か?

お岩さんにならぬよう祈るばかり。


CASHちゃんのおうちが決まった。

ずっと前から小型わんがほしいと言ってちょくちょくうちに来てくれてた

おうち。

ご飯やら、寝る場所やらトイレやらいろいろと相談しながら決めてる姿も

ほほえましい。

「女の子やからやっぱりトイレはピンクかな?」


CASHちゃんを抱っこして連れて帰ろうとしたら

Bちゃんがちょっと鼻をきゅんと鳴らした。

新しいCASHのご主人が「ああ、泣いてるね・・・つらいな。ごめんね・・・」

大丈夫、Bちゃんも絶対に幸せになるから。

外に出たことがないんだと言ったらものすごくびっくりしてた。

「じゃ、ゆっくり練習しようね」、そう言って大切に大切に抱っこして

帰っていった。


今回のこの2匹のおうち探しではちょっといろいろあった。

簡単に言うと世の中は不公平ということ。

ほんとうに好きで、一緒に暮らしたいのに暮らせない人もいるということ。

なのに平気で捨てるあほがおる。

虐待するあほがおる。

切ないな。

泣いたらマスカラがとれた。

ウォータープルーフのくせに・・・

ランコム、まだまだ甘いな。



でもちょっとうれしいこともあった。

店番をしてたらおばーちゃんに手を引かれた子供が通りかかった。

「わんこがいるよ!」

「ボクもほしい!」そういいながら店に入ってきた。

どうせまた追い立てるようにして店を出ていくと思ってたら

このおばーちゃん、触りたい、ほしいとせがむこの子供に

「ゲームのわんこもちゃんと世話できひんかったでしょ?この子には命があるの。ぬいぐるみちゃうのよ。

ちゃんと世話してあげんとあかんのよ。それボクにできる?」

「むやみに触ったらあかんの。ボクかって知らない人にべたべたいきなり触られたら

びっくりするし、嫌やでしょ?わんちゃんかって一緒なんよ」


失礼やけど意外やった。

たいてい子供の手を引っ張って「もう行くよ!」とか「汚いからダメよ!」

そう言うと思ったから。


小僧よ、キミのばーちゃんはなかなかええ人やな。


CASHちゃんは幸せになる。

いろんな人の思いを、愛を抱えて新しいおうちで幸せになるよ。






「牛百景」




IMG_8911

牛  もし日本で生まれてたら「福助」と名づけられただろう牛



IMG_8534

牛は母思い けっこうカメラ目線をしてくれる




IMG_8277

セットの小黄と見つめあってても




IMG_8281

こっちを見つめてくれる




IMG_7782

牛 上から



牛はよく足が長いと言われる。

けどいたって標準サイズである。

それは六福のメンバーとしているから「とても」足が長いと

なるだけである。

よかったね、牛。




IMG_3966

実は甘えたの牛 夜は母の枕に乗って寝るのが好き

おかげで母は毎夜枕の端っこしかスペースがない。




IMG_8576

牛  これはブログ上の呼び名

本名は「牛牛~あうあう~」である。

でもどっちにしても意味は「うし」





今日の六福動物指数

犬 11匹

猫 3匹




人気ブログランキングへ みんな幸せにでぽちり


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-02-02 01:13:19

狗年

テーマ:「犬の十戒」

迷子のシュナウザーのマイクロチップを確認しに獣医へ。

結果は案の定チップなしだった。

サイト、上環、西環界隈の犬友も知らないという。

張り紙もなし。

ペットショップ、病院にもそういった迷子わんを探してる人はない。


そういうわけで「もしほんとの飼い主さんが出てきたらお返しする」という

約束で今日仮親さんのおうちに引き取られていった。

うれしそうにしっぽを振るシュナ。

変に甘やかすこともなく、変に厳しすぎることもない、安心してお願いできる

おうち。


むつがチップを確認しに行ってるあいだに何人かがうわさをかけつけて

店に来てくれた。

同じミチュアシュナウザーと暮らす男の人ももし引き取り手がないなら

自分もちょうどお友達を探してたし引き取ってもいいよと言ってくれた。

沢山の人がこの迷子わんを心配してくれてる。

世の中捨てたもんやないか?

この男の人がぽつりと言った。

「犬年やから逆に心配やな。みんなかわいいって衝動買いして

何ヵ月後には捨てるってパターン多そうや」

「そうやね・・・」


テレビ番組、新聞、雑誌、街の飾りもかわいい犬にあふれかえってる。

一部を除いてはほとんどが「かわいさ」だけを強調したものばかり。

老齢で病気の犬を橋の下に捨てたばか。

愛護協会の入れ口に置き去りにしたばか。

どの子も2日後には安楽死させられた。

新界じゃ犬の虐待事件がまたあったらしい。

ペットショップの狭いケージに閉じ込められた子犬。

悲しい話は後を絶たない。



家への帰り道、アパートの前で散歩中のBOBBYと会った。

タックルされて、顔中舐め回された。

家の門を開けるときに振り向いたら

BOBBYもこっちを見つめてた。

バイバイと手を振った。

BOBBYは前を向いて歩き出した。


みんな幸せに。

彼らはペットじゃない。

大切な家族の一員。



「くさめ」




IMG_8287

「だーーーう」






IMG_8289

「何?おかん」





IMG_8283

「へ、へ、へ・・・・・・・・」



「へ、へ、へ・・・・?」






IMG_8284

「へ、へ、へ、へぶ・・・・・・・・・・・」





IMG_8286

「へっぶしゅっ」





今日の六福動物指数

犬 9匹 + お留守番3匹 =12匹

猫 3匹




人気ブログランキングへ

いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-01-15 22:10:00

じーさま連合

テーマ:「犬の十戒」

六福邸には今2匹のお預かりじーさまがいる。

ポメのBABYじーさんとシーズーの冬冬(ドンドン)。

お預かりというよりも2匹とも半放棄犬か?



IMG_6834

BABYじーさま 14歳 あまりにも毛がぼさぼさだったので

若返り大作戦で毛をカットしたとこ。


飼い主の家のばーちゃんがBABYじーさまのことがあまり好きではないらしい。

理由はすぐに人を咬むから。

だからばーちゃんはBABYじーさまを蹴る。

いくらばーちゃんでも自分よりもでかい人間に蹴られれば身を守るために

噛みもするやろう、あほか?

確かにBABYじーさんは気性が荒い。

じーさまのくせにとっても気性が荒い、あっぱれなり。


足をさわられるのが嫌いなのか?ちょっとで触れるといきなりがぶっと

やられる。渾身の力ではないにせよ、おかんも一度がぶりとやられて

手に穴が開いた。

で、じーさまに言った。

「わかった!ここ触られるのがきらいなんはわかった。でもがぶっとはいかんで。

嫌いなら吼えて教えて。いきなりがぶっとはフェアちゃうで」

じーさまはそれから咬むことはしなくなった。


犬だっていやなもんはいや。

闇雲に叱っても意味がない。

そんなときは落ち着いて話し合いをする。

お犬はわかってくれる。


喘息持ちのじーさま。夜中が特にひどい。

これも人間と同じ。

でもじーさまはお散歩に行くよというとくるくるくるうれしそうに回る。

ものすごくよちよち歩きだけどまだまだ自分で歩ける。

ご飯前もがうがう吼える。くるくる回る。

1ヶ月に2回ほど飼い主が面会に来る。

BABYじーさんはうれしそうにおっぽを振ってる。


犬も人間も老いは平等にやってくる。

最後のそのときをじーさまはどこで迎えるんだろう?





IMG_3827

15歳 冬冬


奥さんがアメリカに移民。

残っただんなに冬冬を預けていってしまった。

だんなもしょっちゅう仕事でチャイナに入る。

世話する人も頼まずにマンションの一室に冬冬を閉じ込めて

自分が留守にする1週間、10日分のごはんと水を置いて出かけていってしまう。

閉じ込められた生活。

そんな生活が何年も続いた冬冬。

そして最近だんなの方もアメリカに行くことになった。

もちろん冬冬は置いてけぼり。

それを見た奥さんの友達が冬冬を引き取った。

このお友達は大の犬好きなんだけどだんなさんが動物が苦手らしい。

だから自分の家で世話をすることができない。

施設の中でも比較的マシな施設へ冬冬を預けることにした。


預けて1ヶ月ほどしたある日、冬冬が同じ施設に住むわんこに

眼を噛まれてしまった。

ここにはもう置いておけないということで六福へやってくる。


噛まれた片目はたぶん見えてないらしい。

それに耳もかなり遠いみたい。

それからトイレというものをまったく覚えられない。


けど、何年も何年もたった1匹でマンションの一室で

水とドックフードが放置されただけの部屋で隔離されたような

生活をしてた冬冬、そんな生活をしてたにもかかわらず

飄々としてる。

素直なまっすぐなその性格にびっくりする。

そんな生活を何年もしたらきっと凶暴、もしくは異様におどおどした

子になってしまうと思うけど・・・・・


人のぬくもりもなく、彼らに娯楽があるわけでもない。

人間ならきっと気が狂ってしまうだろう。


冬冬を救いだした元飼い主のお友達がぽつっと言った。

「きっと今がこの子にとって一番幸せなときかもしれない」


15歳。

この子は毎日何を思って生きてきたんだろう?

残りの犬生、せめて楽しく暖かくすごせますように。


来たばかりのころはしゃべることをしなかった冬冬。

声の出しかたを知らないのかと思うくらいに静かな冬冬。

最近おかんたちがご飯を食べてると「よこせ」とばかりに

きゅんきゅん、わんわんしゃべるようになった。


犬はぬいぐるみじゃない。

人間のように娯楽があるわけでもない。

必要なのはお日様とかけっことそして大好きな人間のぬくもり。

たった十数年のその命。

それを幸せなものにするか、どうか・・・

それは私達人間にかかってるんやと思う。


最後のそのとき、笑顔を旅立てるように

愛でいっぱいに詰まった犬生だったと言ってもらえるように


そんな簡単なことが何でできひんのかな?






「小黄の影に牛牛あり」



小黄と牛牛はセットである。

小黄の後ろには常に牛の影あり・・・・・


IMG_3753

小黄  このしょぼい赤いおもちゃは小黄の大のお気に入り




IMG_3772

視線・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





IMG_3727

「は・・・・・・・・また牛か・・・・・」




IMG_3791

小黄の見つめるものを牛もまた追いかける

斜めした・・・・・




IMG_3737

上を向けば上・・・・・




IMG_3775

IMG_3786

前なら前




IMG_3769

カメラはカメラ




IMG_3785

小黄「おかん・・・・・・・・・」




今日の六福動物指数

犬 10匹

猫 4匹




人気ブログランキングへ 愛を!



いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-01-10 01:50:09

お犬さまとデモ行進~パート2

テーマ:「犬の十戒」

「1.08尊重生命 及反虐殺動物大遊行」



さ、出発!



IMG_7298

だう 準備OK?「おう!」




IMG_7225

「ボクはいつでもOK」





IMG_7267

クイーンズロードを通って政府総庁舎へ



お犬さまの行進

知らない人が見たら金融と高級ショップの立ち並ぶこのセントラルで

なんでこんなに犬が?と思う光景。

セントラルが一瞬お犬さまの楽園に。




IMG_7269

さささ、信号だよ!急いで急いで!





IMG_7268

てけてけてけ・・・・・





IMG_7275

そこのけそこのけお犬が通る



場所的には非常に近い場所にある政府庁舎。

途中糞尿の世話をしながら行進するため歩く速度は非常にゆっくり。

みんなマナーよく行進。


坂道をのぼって正面玄関に着きました。




IMG_7286

人!人! 人!

この後ろのなだらかな坂道にも人人人!






IMG_7249

「どこから来たん?」



お犬様同士の挨拶も余念なく




IMG_7261

真っ黒なmixわんの子犬  飼い主さんの眼がやさしいね~

おっちゃん、溺愛やな。


IMG_7290

なぜかお車に乗ったフレブルくん  だら~と1本つららを出してました。



がさがさごそごそ・・・


あ、隣の人がおやつを出した と思ったら




IMG_7292

すでによその飼い主さんの正面を陣取ってただう と むい・・・



嗚呼!




IMG_7293

ちなみにこの人のわんこは隣にいるシュナウザー

それでも動かない、しかも人様の膝に手をかけて待つだう と むい・・・・



「あげてもいい?」

「あ、ハイ・・・ありがと・・・」



ってここまでされたら向こうもあげないわけにはいかんやろう・・・


嗚呼!



IMG_7296

まだ居残ってるむい。




IMG_7301

てろん









「尊重生命」のシュプレヒコール。

政府への要望書の読み上げも終わり

無事に終了の今回のデモ


今日のニュースでも取り上げられてました。

主催者側の予想参加人数400人を大幅に超えての参加者。

警察発表3000人、大会発表5000人が参加した今回のこのデモ

政府は罰金の引き上げ、刑期の見直しなどを約束したそうです。

現行では罰金最高5000ドル、最高半年の刑。

あまりにも軽すぎるこの罰金と刑。

実際去年あった虐待事件でも実際に入獄したのはたった7日とかそんなものだった。


リーフレットにいいことが書いてありました。


狂牛病、鳥インフルエンザ、ブタ肉問題。これらは人間の健康を損ねるということで

たやすく新聞のトップ記事になる。

けどその裏では、つまりこれらの病気の影には人間の「強欲」さが原因なのではないか?

きわめて狭いケージ、場所での飼育、早く安く動物が大きくなるように改造された飼料。

輸送コストや回転をよくするための薄利多売。

それとまた都市の急速な発展。豪邸や、ショッピングセンター建設、こうした人間の欲のために

住む場所を奪われ都会の隅っこへと追いやられる命。


「天生天養」

自然に生まれ天命にまかす・・・

今のこの大都会でこれはまず無理なこと。

すべての都市開発は人間のためのもの。

昔は捨てられた残飯を食べることもできたけど現代の

捨てられるごみには残飯以外に発泡スチロールや、プラスチック容器にあふれてる。

これを食べてしまえば命に関わることもある。

車は絶え間なく走り、自然の薬である草でさえ生えてないこの都会。

彼らにどうやって生きろというのか?


「国際城市」「動感之都」~これが香港のキャッチコピーである。

その名にほんとに恥ずかしくない街を作るため、そして次世代にこの理念を

伝えるために。そして「命」のために立ち上がろう。






IMG_7302

あっぱれ香港




IMG_7303

すべての動物に幸あれ!




IMG_7300

動物も人も同じ地球に住む仲間である。




今日の六福動物指数

犬 10匹

猫 4匹




人気ブログランキングへ  いつもありがちょ♪

いいね!した人  |  リブログ(0)
2006-01-08 22:00:00

お犬さまとデモ行進 パートわん

テーマ:「犬の十戒」

「1.08尊重生命 及反虐殺動物大遊行」


本日午後2時からセントラルのチャター公園から政府総部までの

デモ行進に参加してきた。


このデモ行進のきっかけは去年の9月に新聞に載った

子猫の虐待事件。

9/23の新聞掲載の2日後にこの事件に憤った市民が個人で

署名運動を開始。

10/30までに約40、000人の署名が集まった。

その間にボランティアが猫の治療にあたったり、政府関係者や

マスコミも動くなか今回のデモ行進となった。


デモの掲げる目的はいたってシンプル

1.政府関係部門にこの事件を徹底追求、犯人を逮捕すること

2.動物の権利についての法の強化の要求

3.動物虐待や惨殺に対する一般社会の関心を促す



IMG_7305

今回のデモのポスター

「命を尊ぼう。それは平等であり、貴賎などない」



モンコックの裏路地で子猫が四肢を、背骨を折られ

息も絶え絶えのまま放置されてたところを保護されたというこの事件。

狂ってるとしかいいようのない暗い心を持った人間の犯した犯罪。


おそらく猫や犬に身近に接した人はわかると思うけど

彼らの体はか弱く、でもものすごくしなやかに出来ている。

そのか弱く、でもしなやかな手足を折る・・・その行為にはかなりの力とそして暗い

ゆがんだ狂気がなければ出来ない。


IMG_7306

今回の事件のリーフレットより



IMG_7307

上の写真のBOWIEにゃんは虹の橋へ・・・・

下の写真の子はがんばって療養中 がんばれ!




IMG_7309

療養中のにゃんこ



1市民が個人で始めたこの運動がこんなにも大きく取り上げられ

今回のデモ行進へとつながったことにまだまだ香港も、人間も捨てた

もんじゃないなと思った。

1人1人は小さな力。でもみんなが集まれば大きな、大きな力となる。




IMG_7217

六福出動!仲間のためにGO!




IMG_7220

「わー、ようさん集まってるね~」

公園にはお犬は入っちゃいけない香港。公園の外で待機


IMG_7224

だう「すごいね、おかん」





IMG_7230

集合場所はさながらドックショーか?

お犬がわらわら、人もうようよ





IMG_7221

「よーさんおるね!」



かなりの人が集まってました。

あっちもお犬、こっちもお犬。

さがらドックショーのようでお犬たちは挨拶に忙しく、飼い主さんは

「どこのシャンプー使ってるの?」など情報交換にいそしむ。

変な悲壮感も過激さもなく和気藹々とマナーよく待つ人間とお犬様。




IMG_7222

一緒に参加したBOBBY

この子も六福から里親さんの下へ

今じゃむちゃくちゃ幸せわんの甘えたわん



IMG_7231

出発前に水!水!




IMG_7246

待ち時間に写真撮影  真ん中の顔に白いものがまじってきたパグちん 7歳

うーん、お犬の年輪を感じる!




IMG_7259

おかんたちは犬連れのほうへ並ぶ

人間だけの行進組は公園内で待機



IMG_7265

犬連れ組

ごっつい人やな!



思った以上の参加者におかんもびっくり


さ、出発やで!



今日の六福動物指数

犬 10匹

猫 4匹




人気ブログランキングへ いつもありがちょ♪





いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-12-31 02:30:22

出会いと別れ

テーマ:「犬の十戒」

4月から初めたこのブログ、わが子のアルバム代わりに、そして

空前のペットブームの影で悲しい生涯を終える子たちの多さへの怒り、死ぬために、苦しむために

生まれてくる「命」のはかなさ・・・

そんなことを伝えたくて初めたこのブログ。


2005年、いろんな子たちとの出会いと別れがあった。

険しい顔の子たちがおだやかに、甘えたになったいったときの感動。

助けたくても助けられなかった小さな小さな命。

捨てる人間へ、冷たい社会への怒りと失望。


いろんな人に支えられてきた。

感謝を込めて六福総集編







いやし  

キンカンず



タイトル未設定

独眼流にゃん 片目というハンデも物ともせず今じゃ幸せにゃん




 

IMG_7317

虹の橋へ行ってしまった子



ケージの片隅で兄弟肩をよせあって



ゴミ箱に捨てられてたまだ眼も開かぬ子犬たち

ちび福の名前でみんなから応援してもらったね



タイトル未設定

毎日箱に入ってお店に出勤して里親探し




タイトル未設定

最初で最後の全員集合


かしまし娘3匹になってからは正直つらかった。

もう無理かなとも思った。

むつでさえ1匹抱っこするのが精一杯。

毎日毎日抱っこして店と家との坂を上ったり、下りたり。。。



IMG_8853

最後は3匹一緒に里親さんの元へ・・・・・・







IMG_8895

ああ、かしこいかしこいリトルむつもいた。




IMG_9511

この間お里帰りしたデビルにゃん

きれいなきれいな猫に変身してた。




IMG_9825

この子も虹の橋へ・・・最後の最後までミルクをがんばって飲んだね。


IMG_9114

真夏の黄黄・・・・・・


IMG_7256

だう




IMG_8706

仔仔もこの12月で六福に来て満1周年  サマーカットにされたところ「見るんじゃないよっ!」



IMG_1091

お店の移転



IMG_3220

魚屋にゃん 今じゃ六福で親分にゃんか?



ほんとにいろいろあった2005年。

そして年の瀬迫る今朝、また別れがあった。

まさかの突然の別れ・・・・・・・





タイトル未設定

来たばっかりの頃


飼い主の海外移民で放棄された10歳のクリームちゃん。

来た当初は体中の肉腫と皮膚病、そして白内障を患っていた。

白内障以外はずいぶんとよくなって毛も生えてきた。




IMG_9404

散歩も元気よく




IMG_9455

ぐんぐんぐんぐん歩いてた



他の犬をものすごく怖がるので彼女だけは別室で。

たまにリビングに出してあげても隅っこで座り込んでしまってたクリーム。

ある日飼い主が用事で香港に戻ってきた。

お店で再開するクリームちゃんと飼い主。

クリームちゃんはおっぽすら振らなかった。

無表情の顔。


この日を境にだんだん家の中で歩かなくなったクリーム。

こっちが気にしすぎなのかもしれない・・・・・・・・

でもずっとずっと座ったり、寝転ぶだけ。

無理やり立たせて歩かせてもみたけどだんだん立たせてもすぐに座りこんでしまう。

散歩もすぐにやめてしまう。

何かが変わってしまった気がする。


獣医に見せたけど健康上は問題なし。


そんなクリームちゃんが今朝起きたら虹の橋へと渡ってしまっていた。

あまりにも唐突な別れ。


昨日の夜もいつもと変わらなかった。

いつもよりちょっと早めにご飯を食べ終わってたけど

トイレもちゃんとしてた。

散歩にも行った。


でも一点を凝視したままじーとしてた。

具合が悪いのかなと思ってむつと一緒にマッサージしながら

押したりしてみたけど反応はなし。

ブラッシングは気持ちいいのか眼を細めてた。


もし朝もぼーーとしてるようなら一度医者に行こうと話していた。

夜中の4時に一度部屋を覗いたときは普通に寝てた。


それがなんで?




IMG_2778

きれいにきれいになったクリームちゃん



飼い主の友達へ連絡と飼い主への伝言。

火葬の手続き。

お線香にお経のテープ。

お昼前に葬儀屋さんがクリームちゃんと引き取りに来た。

一緒に飼い主が残していった血統書を入れる。

それからいつも使ってたマット。


いつもいた部屋。

まだそこにいそうな気がして入れなかった。

考えるのがいやで丸一日大掃除をした。

何も考えずに体を動かせる。


クリームの飼い主さん、カナダですでに新しい猫と犬を買ったらしい。


10歳で捨てられて、見知らぬ人の家で住み。

そして最後のお別れも見知らぬ人。


うちに来て幸せだった?とは怖くて聞けない。


むつと最後に話たのは少なくともきれいな姿で虹の橋へ渡れたこと。

うちでしてあげれたのはたったそれだけ。









2005tv

六福全景





今日の六福動物指数

犬 11匹 - クリーム =10匹

猫 5匹




人気ブログランキングへ 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-12-29 01:35:00

理解不能な人々

テーマ:「犬の十戒」

今日は暗いよ!



自分はそうは考えない、そういう行動は取らない、でも相手が

なぜそう考えるか、そうするのかはわかるちゅうことはままあることですが

世の中どうやっても理解できないちゅう人はおるもんです。


クリスマスにわが子を捨てる相談の電話をしてくるばかたれもおった。

14歳になった子を六福で預かってくれないかと聞いてくるおばはんもおる。

最初は2~3ヶ月でいいという話。

でもなにやら胡散臭いからよくよく突きつめて聞いてみると

新しく来たアマさんを咬むといけないから・・・・という理由が真相やった。

アマさんなんか他にもようさんおるやろ!

「アマさんとはもう契約しちゃったから」

って契約は破棄できる、違約金を払えばええだけのことや。

14年も一緒に暮らしてきた子をなぜよその家に「死ぬまで」まかせることが

できるのかおかんにはほんまに理解できひん。

わが子よりも家の手伝いをするアマを取るんや?

年寄りになったらいらんのか?

こういうおばはんに限って新年に新しい子犬を買うんやろう。

金はあるから・・・・・


最後の最後でこの裏切りか?

犬は消耗品か?

このわんこの犬生っていったいなんやったんやろう?

14歳、一緒にいられるのも今までの思い出に比べればあと数えるほどやろう。

最後の最後までなんで幸せに虹の橋へ渡らせてあげることができひんのや?



あほ!



お口直しの「六福ミニアルバム」






IMG_6596

小覇ちゃん




IMG_6575

昼間こっそりベッドに上がってた



IMG_6597

「ちょっとだけ・・・」


IMG_6602

外が気になる?



IMG_6600

モノクロームの写真

ちょっとせつなげな感じですがなんてことない外をのぞいて道行くわんこに吼えてるだけだったりする。






IMG_6538

デビルにゃんもお里帰り




IMG_6548

こんなに大きく立派になりました。

おかんを見て顔をすりすり、のどをごろごろいわせた・・・

覚えてるのかにゃ?うれしいにゃ・・・






IMG_6551

傍らで昼寝の白にゃん 相変わらず魚屋の後を追いかける。





IMG_6554

クロにゃんがのびをしてたり




IMG_6280

牛牛がまったりしてたり


IMG_2663

小黄がげじげじ掻いてたり 




IMG_2633

仔仔がなぜか1人で身悶えてたり




IMG_2643

散歩の催促か?




IMG_6050

眼もほぼ治っただう




IMG_6032

相変わらず食卓を狙う



怒るのは疲れる。

でもここは平和やな・・・・・・




今日の六福動物指数

犬 12匹 - モカちん = 11匹

猫 5匹






人気ブログランキングへ 参加しちょります よろしければ愛のぽちりを♪


いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-12-01 00:40:00

くそったれと小劇場

テーマ:「犬の十戒」
今日は何気に気分が悪い。

不愉快なことだらけ。




店にコリーが来た。
巨大な巨大なコリー。
4年間ほとんど散歩にも行かせてもらえなかったらしい。
1ヶ月に1回あるかないかの近所の散歩。

伸びきったつめは肉球にささったり、曲がりきってしまってる。





人間を信じてない目。

ほんまに世話できひんなら買うなよ。
子供を咬むとこわいから?
咬むような犬にしたのはあんたや。
こんな大きな子、狭い家の中だけでありあまるエネルギーを
もてあまして、どうすることもできひん。
人間なら気が狂うこともできるやろう。

それもできないかわいそうな子たち・・・・・




たまに聞く話し。
「里子の子は変な癖がついてて扱いにくい」

「だから子犬を買うほうがいい」



これって違うと思う。
こういう過去を持った子。この子たちの傷を癒してあげるのは
時間はかかる。でも乾いた砂に水がしみこむように毎日毎日心を込めて
愛を注いであげれば、乾ききった砂漠はオアシスに変わる。

何も知らずにこれからルールを学んでいく子犬よりもその変化は目を見張るものがある。




新しく生まれた命。
これから生まれてくる命。

そして浪費され、翻弄される命。




このくそオヤジ!あんたこそ家の中に閉じ込めてやりたいわい!




こうした過去をひっくるめて家族の一員に迎えてあげてほしい。
でも、心を開いてくれたその瞬間は何物にも変えがたいほど

感動する、愛を感じれる瞬間やと思う。




何度も言うけど・・・くそっくらえペットブーム!





さ、気分転換よ!写真満載よ!
六福小劇場 「王国の転覆」



六福王国の玉座

神聖不可侵の玉座




IMG_4133

黄黄    玉座とともに




IMG_0913

ある日の午後 黄黄王が中庭をお散歩されておりました。




すると物陰からっ!




IMG_0879

「何やつ!」





IMG_0903

「名を名乗れ!」



「たれか!たれかおらぬかーーーーーっ!」




IMG_0906

あやうし王様!



「出あえーーー、出あえー皆の者!!!!!」




IMG_0896

死闘は繰り広げられる



「たれかーーーー、出あえーーーーー!曲者じゃーーーーーーっ!」




IMG_0888

「ぐわーーーーーーーっ!」




IMG_0885

「3人かかりとは卑怯なり!」




IMG_0884



ああああ、黄黄王!




IMG_0883

「うわーーーーーーーっ」




IMG_0882

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



黄黄王よ!いかがなされたー!

ああ、玉座はついに・・・ついに・・・







そのとき冷たい突き刺さるような視線が・・・・・






IMG_1013

「あほな男や。子供相手にええ年こいてみっともない!」






今日の六福動物指数

犬 14匹 - QQ + コリー =14匹

猫 5匹




人気ブログランキングへ  参加しちょりまーす。よろしければこちらをクリッククリック♪ 








いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。