大分大旦野原キャンパス(大分市)にすむ雌の野良猫・タマが、昼寝場所やえさを求め研究室などに出没。学生たちの「なごみキャラ」として人気を集めている。

【こちらは猫の駅長】和歌山電鉄貴志駅の猫の駅長「たま」

 教養教育棟付近で暮らす名物猫。学生センター玄関で丸くなる姿から「警備係」の肩書も持つ。人懐こく悪さもしないため、職員も「外に出さずに見守る日々」という。

 首輪を新調されるなど充実の大学生活も既に5年以上。卒業の季節もどこ吹く風のタマだが、大学関係者は「学生の皆さんは、留年せずに卒業して」。【小畑英介】

【関連ニュース】
【写真で見る】人間と共生する猫たち 十猫十色で悠々自適
【楽コレ】アナクロですが<その9> 猫が笑う日
世界の雑記帳:けがして拾われたリス、飼い猫から乳もらう
どうぶつナビ:猫ともっと仲良くなりたい

朝鮮学校無償化、総連が各校に“獲得”を指示 金総書記の意向受け(産経新聞)
<日教組>委員長が「政治活動は必要」 北教組事件に絡み(毎日新聞)
<別れさせ屋>交際女性殺害被告に懲役15年 東京地裁判決(毎日新聞)
<変死>両手をテープで縛られた男性 東京・国分寺の路上(毎日新聞)
首相と補佐官、「結束」確認=政権発足半年で初会合(時事通信)
AD