JAの敷地に侵入して竹ぼうきに火を付けるなどしたとして、警視庁少年事件課と多摩中央署は、建造物侵入と器物損壊の疑いで、16歳と15歳の都立高校の男子生徒2人=いずれも東京都稲城市=を逮捕した。当時はバンクーバー冬季五輪の期間中で、2人は「うけを狙って聖火ランナーのまねをしようとしてほうきに火を付けた」「酒に酔って調子に乗ってしまった」と容疑を認めている。

 同課は少年2人のほか、建造物侵入の疑いで一緒にいた都立高校2年の少女(16)を書類送検した。

 同課の調べによると、少年らは2月15日午後10時から翌16日午前3時までに、稲城市内のJA東京南稲城支店の敷地内に侵入。竹ぼうき5本と肥料袋15袋にライターで火を付けたり、駐車中の軽自動車4台(損害額計約82万円)をけったりした疑いが持たれている。

 少年ら3人は敷地内に侵入し、持ち寄った酒を飲んでいたという。敷地内に設置されていた防犯カメラの映像などから少年らの犯行が発覚した。

【関連記事】
幼児事故多発で100円ライター消えるかも?
スイング時の火花が芝に引火! 宮城のゴルフ場で火災
廃業した鉄工所から火災 4棟焼ける 東京・品川
ワゴン車炎上 子供だけ…相次ぐ悲劇 専門家「常に危機感持って」
教訓にスプリンクラー強化 あの長崎屋火災20年…隊長定年

ホテルで少年ポルノ撮影 容疑のデザイナーら逮捕「少年愛は崇高な世界」(産経新聞)
大丈夫と思うけど…ガラス1枚、ライオンの迫力(産経新聞)
住宅トラブル 未然の防止策 「大丈夫」繰り返すメーカーは要注意(産経新聞)
ミクシィで高校時代の同級生を脅迫 警視庁(産経新聞)
党の略称は「日本」 田母神氏擁立に否定的(産経新聞)
AD