朝早く、自宅を出て仙台へ入りました。
午前中から準備をする予定が…現地との調整が違っていたという連絡。
現地に向かうまで、気持ちばかりが急いておりました。。。

そんなこんなで、仙台市内を出発したのは既に14:00!!!

今回は、ミポリンと二人だけの体制でしたので、本当に気ばかりが急いて急いて。。。
そんな私たちを迎えてくれた女川の街は、復興の兆しがチラホラ?!
と思ったのは、ほんの束の間。



確かに、少しばかり店舗が増えていたけれど。
確かに、車の通るところ(道路!とは言えない…)は舗装されていたけれど。

湾の中、平地の部分は津波の後のまま。

基礎部分が残っているため、かろうじて住宅地だったことがわかる場所を抜けたら、
基礎部分から抜けて横倒れになったコンクリート造の建物がいくつも。
その先のマンションは、4階部分まで窓が抜けてしまったまま、使われていない。

そんな『暮らしの跡』と、マンションほどの高さもある『瓦礫の山』が交互に点在している。

仮設の役場や仮設住宅地が位置する丘の部分を登って下りると、またその景色。
リアス式海岸であることに起因する被害であったことが、一目瞭然であった。



今回訪れた仮設住宅地は、そういった湾の中の平地の、一番奥に位置していました。

私たちが到着する頃、時刻は既に16:00になっていました。
太平洋側を向いている被災地…夜が早いのです。既に真っ暗です。



会場となる集会所の前には、2つほどの遊具と四阿が設置されていました。
地域の子供たちがその周りに、何をするでもなく、ただ、集っていました。
集会所のたった1つの街灯の明かりに、集っていました。

子供たちの居場所が、ないのです。

公園や遊び場なんて、当然、ありません。
ただ広く延々と続いている、津波が全てをさらっていった街。
いくら広くても、何もなくても、危なくて子供を遊ばせることは出来ません。

それどころか、子供たちは毎日、その景色を見ながら学校へ通っているのです。

恐ろしい地震の記憶。
忌まわしい津波の記憶。

毎日、毎日、目に焼き付けながら、心に刻みながら、無邪気に振る舞いながら。



集会所のすぐ近くに住む、可愛らしい女性がお手伝いして下さったおかげで、
20:00をまわる頃、イベントの準備はどうにか済みました。

しかし、頭の中は、今日新たに知った『被災地の現実』でいっぱいだったのです。

被災地の方々の『キモチ』が本当に心配です。

明日は少しでも楽しんで、少しでも明るいキモチになってもらえると良いな…。
AD
届きましたー!!!
立派なスーツケースにてんこもり。

スーツケースで送って下さった「あおいさん」のお気持ちは…

持ち運びも楽だし、なにより、
そのスーツケースでまた旅行に行ったりできるようになって欲しいと思ったから。

とのことでした。

アメリカに留学していた経験もあるとの「あおいさん」。
お洋服やグッズの充実もさることながら…
『ボランティア』という言葉の本当の意味を知っている方なのだな…と思いました。

志願者。

そして、私たちの活動に『ありがとう』との言葉を下さりました。
活動を立ち上げてくれて、ありがとう。と。

胸がいっぱいです。

誰かに感謝されるために活動しているわけではないけれど、
誰かからもらう『ありがとう』の言葉は、本当に嬉しいし心にすーっとしみ込みます。

「あおいさん」のスーツケースも引っ張って、今週末、現地に向かう予定デス★
AD
11月最終週に予定されている
『クローゼット充実大作戦★100円フリマ vol.002』
に向けて、本日、仕分け女子会を開催致しました★

今回のイベント…まだまだ現地での調整が危ういようなのですが、、、
『やる!』となった時に『はいよっ!!』と応えられるように、
応援する側の私たちは、準備万端にしておかないと…というキモチで仕分け女子会です!

今回は、メンズやキッズが中心で、女子モノが少ないかな…と心配にもなりましたが…
そう言えば!前回は『冬目前!』のつもりで開催したのに妙に暖かい日が続いてしまい…
仙台に、冬の女子モノは保管してあるのでした。

これで心配はちょっとばかり減りまして…

13:30~18:30までかかり、仕分けを行った結果が、コレ!

女子力おすそわけプロジェクト

前回同様の収納用品、
350×750×300mmの押し入れ用プラスチックケースが…全部で14個。と、
同じくらいの大きさのダンボール箱(衣装箱そのままを入れる関係で)が1個。

前回のイベントに向けて、何度も大量の仕分け女子会をしていたせいか、
集まった時は『あらー、今回は少なめじゃない?早く終わっちゃうのでは??』と言っていたメンバーも、
なかなか終わらない仕分け&終了後のボリュームを見て、、、

『良かった良かった、けっこうあったね。笑。』

という結果となりました。
被災地の皆様、あったかグッズがいっぱいあったから、楽しみに待っていて下さいね★
AD