本格焼酎・炭火ダイニング じょっぴん掛る

札幌市中央区北1条西2丁目りんどうビル4階

011-375-8001


本格焼酎・炭火ダイニング 続・じょっぴん掛る

札幌市中央区北4条西3丁目平成観光札幌駅前ビル5階

011-200-7557

 

飲み放題90分888円。飲めないお酒は「黒ラベルと黒ラベル中瓶」のみ。

あとは全部飲めちゃいます。

そんなお酒達の紹介をしていこうかと思います。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2012-01-20 12:52:43

梅酒わいん

テーマ:梅酒


じょっぴん掛るの中の人



『梅酒わいん』




こちらは「すてきな~」シリーズを出しているお馴染みの麻原酒造さんのお酒。




奥武蔵の梅をカベルネ・ソーヴィニョンに漬け込んだ梅酒。




加糖されてるようなので甘めです。








素朴な疑問が一つ・・・。







なんでカベルネなんだろう?w





まぁでも加糖されてるのでガシガシ感はそんなにでないのかな。





味は・・・そのままです(笑)





梅酒わいんニコニコ





やはり女性に人気があります!!





食後酒にでもどうぞ。





ちなみに、当店の梅酒わいんは『』ですが





』もあるようです。




こちらはシャルドネ。





こっちの方が気になってたり・・・・・・・。








【梅酒わいん】


麻原酒造


*度数:8度 *原料:梅・赤ワイン・糖類

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2012-01-10 17:07:53

お正月

テーマ:お知らせ・入荷





あけましておめでとうございます!




正月は飲んで寝て終わりました。




いつもの事ですね・・。




今年のお酒は『空』・『悟乃越州』と吟醸攻めでした。




気付いた事は、やっぱり純米の方が美味しいです。




もちろん熱燗ですが。




上のお酒は冷で存分に楽しみましたけど!




美味しいんですよねこれもw




関係なかったですね・・・・(笑)






本年もよろしくお願い致します。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-12-30 12:12:29

本年もありがとうございました。

テーマ:お知らせ・入荷

本年もありがとうございました。




思えば激動の年でした。





それでも無事、2周年を終え





新たな年を迎えることができます。





これもひとえに





お客様、各業者の皆様、スタッフと





沢山の人が支えて下さったおかげです。





ありがとうございます。





まだまだ未熟なお店ではありますが





さらに邁進し、もっと満足頂けるようなお店にしてまいります。






来年もなにとぞ宜しくお願い致します。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-12-15 15:25:40

相良兵六

テーマ:芋焼酎(黒麹)

じょっぴん掛るの中の人




相良酒造さんが醸す黒麹仕込みの『相良兵六』




白麹バージョンはこちらの『相良』




ここの蔵は約280年も芋焼酎を生産してきた歴史があります。




凄すぎますね!




享保ですよ!?




江戸時代(笑) 




時代小説に出てくる時か、学校の授業で聞いた記憶があるくらいです。






そんな歴史のある蔵元さんが醸す黒麹仕込みの焼酎は




優しくまぁるい系の焼酎でした。




軽快な飲み口なのに軽いわけではなく、じわじわ旨みが広がります。



白麹の相良もそうですが、飲み飽きないです。




どんな料理にも合いそうな焼酎です。




後味もキレが良く、いやみがありません。




昔のお酒もこんな優しい感じだったのでしょうか。




ん~好きな味わいですニコニコ








【相良】



相良酒造


*度数:25度 *原材料:さつま芋・米麹 *黒麹 *常圧蒸留


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-12-10 14:32:49

常徳屋 前割り

テーマ:麦焼酎

じょっぴん掛るの中の人



『常徳屋 前割り』




当店での表記は『道中』になってます。




前回ご紹介した常徳屋赤ラベルを割ってる訳ではないので




わかりやすく『道中』にしています。




正式に『道中』もありますが、その焼酎を蔵の仕込み水で割ったものです。




「道中」は、大分県の宇佐平野で収穫された




「六条大麦(はだか麦、道中)」を原料として




白麹で仕込み、常圧蒸留で極力濾過を少なくして、懇切丁寧に造られています。




それを仕込み水で加水し、適度な酒度にして3週間程度寝かし、




味が落ち着いてから、販売しているわけです。




要は、水割りだと作る人によって味が変わるので、




最初からベストバランスで出そう!




みたいな感じでしょうかw






香ばしい麦チョコのような香りがします。




でも少しソフトな香り。




柔らかい甘さと、焙煎したような香ばしい風味。



濃厚というより軽やかな感じです。




料理の邪魔をしません。




だけどこのお酒はちゃんと主張してます。




麦の飲み比べは、最初にこのお酒をお勧めします。




次に25度の麦達をご賞味ください。






これ・・『麦チョコ』をつまみにしたらどうなるんだろう・・・・・(笑)









『常徳屋 前割り』



常徳屋酒造場



度数:16度 原料:はだか麦・はだか麦麹 白麹 常圧蒸留

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-11-11 17:21:32

常徳屋 赤ラベル

テーマ:麦焼酎

じょっぴん掛るの中の人



「常徳屋 赤ラベル」




大分県の常徳屋酒造場 が醸す麦焼酎です。




昔ながらの造りにこだわり、「常圧蒸留」と濾過も最小限に抑え




麦のおいしさを存分に引き出しています。




使用している麦は二条大麦です。




大麦には、二条大麦と六条大麦とがありますが、




日本では、大麦と言うと六条大麦のことを言います。




二条大麦は、ビールの原料になる品種です。(ビールムギ)




二条大麦は、四国・中国・九州など西日本での栽培が多く、




六条大麦の栽培は関東以北に多いです。




おなじ麦焼酎の「兼八」が使用している麦は六条大麦(ハダカムギ)です。






芳しい麦の香りが広がります。




煎ったようなほろ苦さ・甘さが混ざり、ビターなコクがガツンとくるタイプです。




季節柄、お湯でわってみましたが、崩れる事無く柔らかくて美味しいです!




麦好きにはたまらない濃厚系の麦焼酎ですねw




麦焼酎自体、当店での取り扱いが芋に比べて少ないですが




なかなか渋い路線行ってると思ってます(笑)







『常徳屋 赤ラベル』



常徳屋酒造場



*度数:25度 *原料:二条大麦・二条大麦麹 白麹 常圧蒸留

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-10-19 02:12:04

大海蒼々(たいかいそうそう)

テーマ:芋焼酎(白麹)


じょっぴん掛るの中の人



「大海蒼々」




前回お話した流れで大海酒造さんから。



「海」と同じ芋「ベニオトメ」を使用した本格芋焼酎です。



「海」はベニオトメを原料に黄麹、減圧蒸留で醸すのに対して、



この「大海蒼々」は特殊白麹(L型)を使用し、減圧蒸留です。




特殊白麹は一般的な白麹とは違い、低温発酵させる事で、



黄麹のような繊細な味わいを表現することができるようです。



果実香やジューシーで軽快な味わい



少し甘味を感じます。





何か最近、「海」がプレミア化してきているような・・・



入手しにくい所があるみたいですね。



将来的に「一番雫」は地元のみの限定酒となり、




この、「大海蒼々」がレギュラー酒となるようです。




↓サイトから


この銘柄は大牟禮杜氏が命名しました。


「イメージしたのは、鹿屋の広大な芋畑。初夏の晴れ渡った空の下、


 どこまでも続くような緑一面の世界。


 目を閉じれば清々しく爽やかな風景が浮かび上がる。


 そんな思いを込めて醸しました。」

 




ん~確かに爽やかです!w




なるほどなるほど。






芋焼酎で果実香やフルーティーとなかなか想像しにくいとは思いますが


是非お試し下さい。


芋臭くこってりとした焼酎がお好きな方は最初にお飲みください。


また、「海」と飲み比べも楽しいです。



『大海蒼々』



大海酒造(協)



*度数:25度 *原料:さつまいも(ベニオトメ)・米麹


*減圧蒸留 *割り水:温泉水「寿鶴」


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-10-17 14:23:02

杜氏とのお話。

テーマ:その他

ちょっと前になりますが、続じょっぴん掛るに



『大海酒造協業組合杜氏、大牟禮良行』さんにご来店して頂きました。



焼酎フェスタで、何回かお見かけはしていたのですが



直接お会いしたのは初めてです。



なかなかお話する機会がないので、チャンスとばかりいろいろ聞いてしまいました。



その話の中で、焼酎の割り方についてお話していたときのことですが



芋焼酎は5:5か6:4で水割りを作ると、よく言われます。



当店では7:3の割合で提供しています。



これは自分で飲んでみてちょうどいいと思ってそう設定しました。


甲類焼酎のアルコール度数が北海道だと20度で本州だと25度になります。


あまり焼酎を飲まない方は、お気付きにならないと思いますが



北海道特有みたいです。



うろ覚えですが、北海道はアルコールに弱いからと



メーカーから聞いたような聞かないような・・・・。



すいません、ここらは曖昧ですがそのように記憶してまして・・・・・



そして殆どの芋焼酎は25度です。


なので普段20度の焼酎の水割りを飲んでると



7:3がちょうどいいと感じたのかもしれません。


(プレミア焼酎の水割りは分量が30mlと決まってますので、

 薄くなり味が飛ぶのでお勧めしていません。

 あまり強くない方はロックとチェイサーでお楽しみ下さい。)


割り方に関しては好みもありますので、濃い目がいい方はスタッフにお申し付け下さい。

(プレミア焼酎以外になりますが・・・・)



大牟禮さんも飲み放題で焼酎を飲まれてました。



本場九州の方で、まさに自分が芋焼酎を造っているお方です・・・。



水割りが薄くないか心配で聞いてみました。



『このくらいで調度いいですよw」とのお言葉が・・・!!



想像していた言葉と違ったので、正直びっくりしました。



向こうも大体このくらいらしく、全然問題ないとのお言葉が。



そして、「いい焼酎は水で割っても伸びるからね」とおっしゃいました。



『伸びる』・・・・これはちょっと衝撃でした。



この表現の通りなのです。



自分が飲んで美味しい焼酎はまさに水割りでも「伸びます」



この表現は初めて耳にしましたが、言われて真っ直ぐ心に響きました。



なかなか直接お話する機会が無いので勉強させて頂きました。



ありがとうございます!!






焼酎・日本酒と、お酒造りに妥協しない職人さん達に支えられて



美味しいお酒を楽しませて頂いてます。



職人文化の日本に生まれてよかった!



感謝感謝です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-02-14 15:17:54

九代目

テーマ:米焼酎


じょっぴん掛るの中の人



「九代目」




宮元酒造場さんが醸す球磨(くま)焼酎




球磨焼酎だと、こちらでは「しろ」とかが有名ですかね?








こちらの蔵は、創業300余年と歴史深い蔵元。




熊本県球磨地方は、熊本県の一番南側にあります。





四方は険しい山に囲まれ盆地特有の気候、温暖差が激しい気候を持ちます。





この気候により日本酒造りには適さず、





特産の米を用いた焼酎”米焼酎”造りが盛んに行われています。




宮元酒造は



*石室での手造りによる麹造り


*木桶による古式蒸米造り


*かめ壺仕込み


年間石数650石の内、500石を貯蔵に



まわして熟成をメインにしているようです。



昔ながらの手造り少量生産。



全国に取扱店は数十店なので、札幌では知ってる方は少ないはずにひひ




華やかな香りで、すっきりとしています。



僅かに感じる米の甘みと優しい口当たり。



辛口なので、すすっと飲めてしまいます。



圧倒的に芋焼酎の種類が多く、米焼酎は少ないですが



一度お試し下さい。



美味しいですよニコニコ



思いっきり自分の好みですがw




『九代目』


宮元酒造


*度数:25度 *原料:米・米麹 *減圧蒸留 *5年貯蔵(タンク)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-01-18 12:57:03

大変遅くなりましたが

テーマ:お知らせ・入荷

明けましておめでとうございます。




本年もよろしくお願い致します。




遅すぎですね、申し訳ありません・・・ガーン














年明け早々、雑務に追われてます。




今年は少しゆとりを持ちたいです!




無理ですねワカリマス。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。