夢の続き

ただひたむきに夢を追ったあの夏。
これは熱い日々の記録であり、備忘録です。

闘う我々の詩をここに刻み、
日々闘いを挑んでいる球児たちを応援します!!

     長野県KB連合チーム


  ブログで選手を募集して長野県連合チームを結成し、

   第6回ナガセカンコー杯京都府KB野球秋季大会

     への参加を目指し、選手を募集しています!

        http://ameblo.jp/jyoko-baseball/entry-11934705423.html


    【これまでの活動実績】

        9/14(日) vs.埼玉スーパースターズ

        9/23(火) vs.新潟KBクラブ


           再結成はあるのか?


    【お問い合わせ先】 

          090-5780-0089

          jyoko.baseball@gmail.com




テーマ:

これまで募集してきた京都の大会への参加ですが、

断念することとしました


やっぱり、京都は遠いですね。


十分に検討した上で、参加の表明をしていただき、

参加に向けて準備をされていた方々に、

まずもって、お詫びいたします。


また、多くの方に参加を検討していただきました。

多くの応援メッセージもいただきました。

ありがとうございました。


全て、私の力不足です。

出来るだけのことをしましたが、力及ばずでした。

申し訳ありませんでした。



思い返せば、

8月の北海道での東日本大会、

そして今回の京都の大会と、

素晴らしい大会への参加のお誘いをいただきながら、

いずれも実現することができませんでした。


選手募集の方法などで、多くの批判もいただきました。

・ブログで選手を募集することへの批判。

・長野県の連合チームとうたいながら、県外からも募集をしたこと。

・シニアの選手も募集対象としたこと。

・チーム組織ができていないにも関わらず、活動していること。

・活動の目的がよく分からない。

・長野県連合と勝手に名乗っていること。

などなど…


いずれも理由や事情もあったのですが、

説明不足や、やり方のまずさがあったと思います。



この「長野県連合」という取り組みを始める前に、

自分にとって、

ハイリスク ローリターン

百害あって 一利もないかも…


という思いもありました。

新たなチャレンジは、初めのうちは大抵理解されないものです。


実際に、「自己満足のためのチームだ」という批判もありました。



長野県KB連合なんて、

大それた、身の丈に合わない活動をしなければ、

どれだけ心安らかな日々を送れたことでしょうか。


それでも、ここまでやってこれたのは、

多くのご声援や励ましの言葉があり、

自分のやっていることが

必ずしも間違った方向には行っていないと思えたからです。


この活動を通して、

私自身、多くのことを学ぶことができました。


埼玉や新潟遠征に参加した選手や保護者の方からは、

「参加して良かった」という感謝の言葉をいただくことができました。


長野県選抜の誕生のきっかけとなる活動になると、

夢を共有できる方もたくさんいることが分かりました。


今は、この活動を最後までやってよかったと思っています。

百害あったかもしれませんが、

二百くらいの利を得ることができました。



結果的に、多くの不参加のメールをいただきましたが、

その1通1通に込めていただいたメッセージが、

必ず次につながります。


中3のこの時期に、遠いお金のかかる京都への遠征にも関わらず、

様々な調整をしていただき、参加の連絡をいただけたことが、

必ず次の活動への希望になります。


本当にありがとうございました。

そして、申し訳ありませんでした。



私たちは、新たな一歩を踏み出したことは間違いありません。


やらずに、あきらめたのではなく、

やって、できなかったんです。

この差はかなり大きいです。


この取り組みが、このまま終わってしまうのは惜しい気がします。


また、次があることを願って

(もう旗振り役はご勘弁願いたいですが…)、

しばらく冬眠ですね。


あ~、冬がやってくるガーン

AD
いいね!した人  |  コメント(2)

[PR]気になるキーワード