◆三木雄信『ソフトバンクで孫社長に学んだ夢を10倍速で実現する方法』を読み解く


三木氏は、元・ソフトバンク社長室長。

 


※要旨


・皆さんは、誰かと四六時中ずっと一緒にいる
という経験をしたことがあるだろうか。
ずっと、というのは朝も夜もなく、時には休日も関係なく、
一年を通じてほぼ毎日という意味だ。


・20代半ばから30代にかけて、私はそれを経験した。
一緒にいた相手は、
ソフトバンクグループ社長の孫正義さんだ。


・当時、ソフトバンクの社長室長を務めていた私の毎日は、
次のようなものだった。

朝は、孫社長と朝食をとりながらミーティングでスタート。
昼も食事をしながら、ホワイトボードを前にミーティング。
夕食も会議をしながらとるのがほとんど。


・こうして3食をともにしながら、
早朝から深夜まで一緒にいるのが当たり前だった。


・ある年の正月には、孫さんの自宅に突然、呼び出された。
何ごとかと思いきや、
開口一番に言われたのは、
「今年の年間計画を作るぞ!」。


・結局、だだっ広い部屋に孫さんと二人っきりで、
紙に図や表を描きながら、
ああでもないこうでもないと計画を練り上げた。


・ソフトバンクが急成長を遂げた時期に、
わたしは孫さんのもとで大型プロジェクトを担当した。


・なかでもADSL事業は、
わたしが事業そのものに専念したプロジェクトとして、
思い出深いものだ。
最初は私と孫さんを含めてメンバーはわずか4人で、
小さな雑居ビルの一室からスタートした。


・プロジェクトマネージャーといえば、
なんとなく格好よく聞こえるが、
実際は「何でも屋、トラブル処理係」のようなものだ。
壮絶な日々だった。


・ソフトバンク在籍中に、
孫さんから学んだことはたくさんあるが、
その中でも「私の人生を変えた」と言えるものが1つある。
それは、
「夢、なりたい自分」と「現在の自分」との間にある
ギャップを最短最速で埋めるためのノウハウだ。


・わたしが間近で見てきた孫さんは、
これを持っているから、ゼロからスタートした
ソフトバンクという企業を、
わずか30数年で年商8兆円を超える規模にまで成長させた。


・孫さんのノウハウは、どのビジネス書や自己啓発書にも書いていない、
オリジナルでユニークなものばかりである。


・孫さんと接していると、
その発想が普通の人とはまったく違うことがよくわかる。


・しかし一見、突拍子もない指示や言動も、
実行してみると「なるほど」と納得することがほとんどだ。


・孫さんのノウハウは、
突き詰めればごくシンプルな原則にもとづく。
そのため、孫さんと同じ頭脳や経験を持たなくても、
誰でも真似できる。


・私は孫社長から学んだことを生かして、
自分の夢を最速で実現してきた。
「私の年代で、これだけの数の公開企業で社外取締役・監査役を務め、
複数の国家的プロジェクトに携わった人間は、
他にほとんどいないのではないか」

そんなふうにちょっとだけ胸を張れる自分になれた。


・ビジネスだけでなく、
さまざまな夢のスピード実現に役立つ。

 

 

※コメント
三木氏のメソッドはスピード感があり、爽快だ。
ぜひモデリングしていきたい。


★三木雄信『孫社長に学んだ夢を10倍速で実現する方法』
の詳細,amazon購入はこちら↓


http://amzn.to/2viFKyn

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


◆三木雄信『なぜあの人は中学英語で世界のトップを説得できるのか』を読み解く


三木氏は、元・ソフトバンク社長室長。

 


※要旨

 

・孫さんの英語が聞き取りやすかったのは、
発音が日本人なまりのわかりやすいもの、
つまり流暢ではなかったからだ。
スピードも、かなりゆっくりだ。


・それでも、世界のトップと互角に交渉している。
むしろ、こちらの要求を通している。


・孫正義の英語をベンチマークにする。


・孫さんの英語は、
使っている単語も中学校レベルの簡単なものばかり。
熟語も文法も中学校レベルだ。


・ソフトバンクの歴史は、
孫正義が世界の企業のトップを自分の英語で口説くことで、
作られてきた。


・孫さんは、英語の場合であっても、
スピーチライターは使わない。
自分でメッセージを考え、自分の言葉で世界のトップを説得してきた。


・孫さんのスピーチを分析すると、
50のポイントに絞れることがわかった。
かならず使う決まり文句や、よく使う表現など、
これを理解すれば、英語のプレゼンがぐっと楽になる。


・暗記する必要はない。
「使い方」を理解すればよい。
1480の英単語と、50のポイントだけで
なぜ世界のトップを説得できるのか。


・そんな孫正義の英語の秘密を解説したのが、本書だ。


・この本は「英語」を学ぶのではなく、
「英語の使い方」を学ぶ本である。

 

 

※コメント
孫さんの英語力の秘密を知れて面白い。
なるほど、こういうことであったのか、
という情報が満載だ。


★三木雄信『なぜあの人は中学英語で世界のトップを説得できるのか』
の詳細,amazon購入はこちら↓

 

http://amzn.to/2viaTlK

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


◆三木雄信『A4一枚・勉強法』を読み解く


三木氏は、元・ソフトバンク社長室長。

 

※要旨


・★なぜA4一枚で効率的な勉強ができるのか。
理由は5つ。


1.脳へのインプットに最適なサイズ。


2.比較しやすいサイズ。


3.定型化して使いやすいサイズ。


4.一夜漬けなど付け焼刃の勉強にぴったりな量。


5.すぐに実践できる。

 


・勉強と仕事は、常にリンクしている。


・英会話力ゼロから、
すぐに使えるビジネス英語を身につける。


・A4一枚で、英語ボキャブラリーが無限に広がる。


・A4一枚で、素人でも業界事情通になれる。


・私は、プロジェクトマネージャーとして、
三菱地所やソフトバンクで多くのプロジェクトを手掛けた。
もともと、あらゆる分野でズブの素人。


・何も知らない分野を理解するには、
まず全体を俯瞰することが大切。

そのためには、統計やデータを網羅した白書のような資料が良い。


・A4一枚で、
世界の最新情報をピンポイントで入手する。

 


※コメント
シンプルで、簡単なメソッドだ。
これを読んだ直後からすぐに、
実行できて嬉しい。

 

★三木雄信『A4一枚・勉強法』
の詳細,amazon購入はこちら↓


http://amzn.to/2vhYnm7

 

 

 

 

 

 

 

 


◆出口治明『都市の世界史』を読み解く

 

※要旨


・商人と議会の都、ロンドン。


・都市の歴史が国の知恵と富の源になった。


・ロンドンはローマ人がつくり、アングロ・サクソンが引き継いだ。


・ロンドンを舞台にアングロサクソンとヴァイキングが戦った。


・ノルマン・コンクエストによって消滅した
アングロサクソンのイングランド王国。


・「商業の中心地ロンドン」と「政治の中心地ウェストミンスター」。


・「ロンドンに飽きた人は、人生に飽きた人だ」


・ナイル川の豊かな恵みは他民族に狙われた。


・チンギスハンは、サマルカンドのすべてを焼いた。


・初めから人種のるつぼだったマンハッタン島。


・計算高い国イングランドによるニューヨークの植民地支配。


・「ウィンブルドン現象」は連合王国の知恵。


・バラ戦争の結果、有力な大貴族が絶える。


・セーヌ川がパリをつくり育ててきた。


・ホーエンツォレルン家によってベルリンが「首都」となる。

 

 

※コメント
世界史が身近なものになる一冊だ。
まるでその場にいるかのような
ドラマチックな都市の歴史を教えてくれる。


★出口治明『都市の世界史』
の詳細,amazon購入はこちら↓


http://amzn.to/2tYA4MG

 


◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご紹介。

ご登録はこちらです


http://www.mag2.com/m/0000258752.html


世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします

 

 

 

 

 

 

◆本田直之『レバレッジ英語勉強法』を読み解く


※要旨

 


・ここ数年のうちに、PCがそうなったように英語ができないとやっていけない時代が到来する。
今が生き残るためのラストチャンスといっても過言ではない。
本書は、3ヶ月で英語を話せる基礎をつくり上げることにする。

 


・3ヶ月というのは、これまで蓄積してきた「含み資産」が一気に顕在化する「ブレイクポイント」。

 

→ネイティブに話しかけられたとき、とっさに一言、返せるようになった。
→リスニングしていて急に意味がわかるようになった。

この現象はみな、スタート後の3ヶ月を目安に起こる。

「3ヶ月でしゃべれるようになるか、一生やらないかのどちらかだ」
これはドイツ語をマスターしようとした際の、J・P・モルガンの言葉。
語学とはまさにこのようなもの。

 


・これからの10年「自分資産」は「英語×IT」で殖やせ。

これからの時代、レバレッジが効く投資アイテムは3つある。

1.語学
2.IT
3.金融

 


・昔は、海外にいる人と連絡を取ろうと思えば大変な手間がかかった。
手紙かテレックスかファックスといった「大仕事」はメールに変わり、料金の心配をしていた国際電話のかわりにスカイプを利用することもできる。

 


・これから就職する若い人はもちろん、30代、40代のビジネスパーソンは、もはや英語から逃げられない世代。
英語とITは必須であり、ともにマスターしてリターンを倍増させるべき。
ITによって英語を、英語によってITをまなぶこともできる。
両方を効率よく勉強すれば、努力の過程でもレバレッジが効く。

 


・メンタルブロックが外れた瞬間、レバレッジポイントが訪れる。

「間違えたらどうしよう」
「うまく話せないと恥ずかしい」

こういった否定的な思い込みを「メンタルブロック」という。
英語を話すためには、英語に関して自分にはどのようなメンタルブロックがかかっているかを知り、それを一つ一つ解いていかなければならない。


・「この歳では遅い」という思考停止グセから脱出する。

 


・「英語のインプット」をしすぎると、レバレッジがかからない。
インプットだけに必死にならず、アウトプットを上手に組み合わせた勉強法を知れば、必ず「英語を話せるようになった」と実感できる。


たとえ野球でも、小学校1年から高校3年まで試合にできることなく、ひたすら基礎練習だけして、いきなり高校野球の大会に出場したらどうだろう。
いくら素質があって真面目にトレーニングを積んでいても、そのチームは絶対に勝てない。
アウトプットのいいところは、失敗という最大の学びを経験できることでもある。


・「偏った英語の勉強」をスタートせよ。
実はここに、レバレッジ英語勉強法の真髄が隠されている。
「狭い範囲の偏った英語なら、短期間で大人でもはなせるようになる」という点を見落としてはいけない。
偏った英語とは、自分の得意の分野やテーマの英語ということ。


・「偏った英語」を目指すこと。
これが最小限の労力で「役立つ英語」をマスターする、キーサクセスファクターである。


・システムエンジニア、つまりSEの人について考えてみれば、もっとわかりやすいでしょう。
私が見たところ、海外に留学あるいは駐在した経験が無くても英語が不自由なく話せる人は、SEに多い。


・どこにでもある勉強法を自分仕様に変える。
一見、どこにでもある勉強法を、一人ひとりが自分仕様に変えることで、本当に効果があり、レバレッジが効く英語勉強法が生まれる。
「偏った英語」を別の言葉で表すと、「あなたに特化した英語」となる。
やり方は人それぞれでいい。
人それぞれでないと効果が上がらなくて当たり前。


・「1つのことを極めて本当にうまくやるのが一番」
(グーグルが発見した10の事実)


・「偏った英単語」を100個だけ覚える。
自分の関心、得意分野に範囲を絞ってください。
わたしが初心者に戻ってやるなら、サーフィンが好きなのでジャンルはそこだけに絞る。
アウトプットは、「ハワイで地元のサーファーと話す」とする。


・「偏った英語の言い回し」を20個覚える。
偏った単語を100個チョイスしたら、偏った言い回しを20覚えましょう。

 


・「きっかけ語」と「あいづち語」を用意する。
アウトプットの際の最初の壁は、大きく分けると2つある。
「突然話しかけられて、パニックになる」
「何を言っていいかわからず、沈黙してしまう」

いずれの悩みも解消するのは「きっかけ語」と「あいづち語」。

 


・1冊のテキストに3ヶ月費やすくらいの覚悟で、簡単な言い回しを徹底的に覚えれば、偏った言い回しが飛躍するためのベースも強固になる。

 


・即効性を感じるリスニングの方法は、「自分の興味ある内容のCDを何回も繰り返し聞くこと」
リスニングとは「完璧な発音」ではなく「英語の構造とリズム」を知る勉強。


・自己紹介を極めると会話力にレバレッジがかかる。
くだらない話でも「自分から先に話しかける」習慣をつける。
文化を問わず、自分の意見を真っ先に発言すれば、話題を自分のフィールドに持ち込める。

 


・一生しゃべれないで終わるか、3ヶ月でマスターするかを選択する。
3ヶ月間、「成果が出ることだけ」を集中してやる。

 


・早起きしない人は脳にレバレッジがかからない。

 


・習慣化する時間割で英語を無意識レベルに刷り込む。

 

1.「作業興奮」を使って朝に集中する。

2.タスクを毎朝「確認&チェック」

3.「スキマ時間」はすべて英語に投資する。

4.TOEICを受けるなら毎晩、寝る直前に暗記する。


※コメント
英語を話せる人を見ると羨ましく思う。
いつかは自分も流暢に、そうなりたいと思う。
どんなアメリカ人の子供も話せる。
彼らが話せるなら必ず我々も話せるようになる。

 

★本田直之『レバレッジ英語勉強法』
の詳細,amazon購入はこちら↓


http://amzn.to/2ukbnqM

 

 

 

 

 

◆竹村公太郎『水力発電が日本を救う:その3』を読み解く

 

 

前回からの、続き

 

※要旨


・今から3000年前、黄河流域には古代文明が栄えていた。
その頃には、
この大河の流域の80%が森林地帯だったと言われる。


・秦の始皇帝は万里の長城を築いたのだが、
あの長城は、膨大な数の煉瓦でできている。
煉瓦を焼くために、
黄河流域の森林が大量に伐採された。


・木材も石油も再生可能エネルギーも太陽から来る。


・エネルギーの量が人口を決める。


・江戸時代の中心地は江戸だった。
江戸時代後半の江戸の人口は、
100万人を超えていて、世界最大の都市となっていた。


・近代から高度成長期にかけて、
電力会社が山奥の渓谷に巨大ダムを築いて、
大出力の水力発電所を運営してきた。


・「利益はすべて水源地域のために」という原則が大事である。


・国産エネルギーの開発が急務となっていて、
小水力発電もその一翼を担っていく。


・水という原材料は、一切輸入することはない。


・すべて、日本国産の原料と技術による、
持続可能なエネルギーが手に入るのだ。


・近代からポスト近代に移行するこの端境期の今、
安全で、快適で、資金力がある都市は、
小水力発電事業で水資源地域に手を差し伸べるべきであろう。

 

 

※コメント
歴史と地形を振り返るとロマンを感じる。
読んでいて、その時代にタイムスリップしたような感じだ。

 

★竹村公太郎『水力発電が日本を救う』
の詳細,amazon購入はこちら↓

 

http://amzn.to/2tnwJqh

 

◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご紹介。

ご登録はこちらです


http://www.mag2.com/m/0000258752.html


世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします

 

 

 

 

 


◆竹村公太郎『水力発電が日本を救う:その2』を読み解く

 


前回からの、続き

 

※要旨


・山、雨、ダムという3つが揃っている日本は、
膨大なエネルギー資源、それも無限でただの太陽エネルギーを
持っていることを知ってもらいたい。


・日本のダムは「油田」である。


・ダム屋のわたしの眼からは、
ダムに貯められた雨水は石油に等しい。
ダム湖は国産の油田のように見える。


・高い山、大量の雨、そして川をせき止めるダム。
この3つが揃った時だけ、水は石油になる。


・雨のエネルギーは、太陽から与えられる。


・100年後、200年後にこそ貴重になるダム遺産。


・少なくとも200兆円分の富が増える。


・40年近い年月、
私は土木技術者として日本中の川を歩き、3つのダムを造ってきた。


・自分の専門である河川土木の見方で物事を考える癖があり、
これまでも歴史や社会問題などを、
地形の面から見直してみて、思わぬ発見をしたことがある。


・奈良時代後半、京都に都が移されたのは、
奈良周辺の山々は禿山になってしまっていて、
もう木材エネルギーを手に入れることができなくなっていたから、
と結論できる。


・徳川家康が江戸に幕府を開いた理由は、豊富なエネルギーだった。


・1600年の関ヶ原の戦いで勝った家康は、
征夷大将軍になった後、その辺鄙な江戸に自分の幕府を開いたのだが、
これは不思議な話だ。


・反徳川勢力に備えるのなら、
箱根を越えた遠い関東に本拠を置くよりも、
京都か、名古屋、岐阜などのほうが、
はるかに理にかなっていた。


・実はこの当時、関西にはもう木材がなかった。
これが家康の決断を理解する重要なカギになる。


・1590年、家康は秀吉に追いやられるようにして関東の領地を得た。
そこで彼が見たのは、利根川や渡良瀬川、荒川などの領域に広がる、
手つかずの広大な森林だった。


・莫大な木材は家康の心を動かした。
今日でいえば、
軍事国家の独裁者が大油田を発見したようなものだ。


・エネルギー資源が戦略物資であることは、
戦国の昔も今と変わらない。


・家康という戦国武将が、
エネルギー獲得に有利な江戸に魅力を感じたのは、
当然だった。

 

 


※コメント
長年の経験に裏付けられた文章は強い。
ぐいぐいとそのテーマに引き込まれていく。
このような文章をかけるよう精進したい。

 


★竹村公太郎『水力発電が日本を救う』
の詳細,amazon購入はこちら↓

 

http://amzn.to/2tnwJqh

 


◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご紹介。

ご登録はこちらです


http://www.mag2.com/m/0000258752.html


世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします

 

 

 

 

 

 

◆竹村公太郎『水力発電が日本を救う』を読み解く

 


※要旨


・私はダム建設の専門家で、
水力発電を心から愛する人間の一人だ。


・未来の日本のエネルギーを支えていくのは水力発電、
そう考えている。


・私は、国土交通省の河川局で主にダムを造ってきた。
3つの巨大ダム建設に従事し、
人生の大半をダムづくりに費やしてきた。


・ダムは水を貯める装置で、水力発電と密接に関連している。
水力発電のエンジニアや事業者とは
随分と仕事上のお付き合いがあった。


・現在は、もう巨大ダムを建設する時代ではない。
寂しいが、どんどんとダム建設の経験者は少なくなっている。
私のように人生をダム建設に費やしてきた人間は
あまり残っていない。


・同様に、水力発電設備のエンジニアたちもいなくなりつつある。
電力会社には、
発電所を建設する土木技術者がもちろんいる。
けれど、今の中心は、火力や原子力の発電所であり、
水力発電の土木を知っている技術者はいなくなりつつある。


・水力発電所の建設には、川の地形に合わせる発想力が必要だ。
過去の実例には頼れない場合が多く、
自分たちの力で、何もないところから新しく造っていくことを求められる。


・過去の技術者たちには、
そうした構想力のある先輩がいた。
私は、それら先輩の背中を見て、追ってきた。
今の時代、そうした方々はいなくなりつつある。


・今この時期に、
そうしたダムを含めた水力発電の経験やノウハウを、
未来に繋いで残しておかなければならないと考えている。


・水力のプロの私は、
純国産エネルギーである水力発電の価値を知っている。
日本のダムは半永久的に使える。
たとえ100年経っても、ダムは水を貯めている。
ダム湖の水を電気に転換できる。


・しかも、ちょっと手を加えるだけで、
現在の水力の何倍もの潜在力を簡単に引き出せる。

 


※コメント
筆者の膨大な知識量、経験からくる主張は、
説得力がある。
この論文を国家戦略に取り入れていけば、
面白い展開になりそうだ。

 


★竹村公太郎『水力発電が日本を救う』
の詳細,amazon購入はこちら↓


http://amzn.to/2tnwJqh

 


★竹村公太郎『日本史の謎は「地形」で解ける』
の詳細、amazon購入はこちら↓

http://amzn.to/KEbAO7

 

 

◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご紹介。

ご登録はこちらです


http://www.mag2.com/m/0000258752.html


世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします

 

 

 

 


◆早坂茂三『政治家は悪党に限る』を読み解く

 


※要旨


・政治の世界は一皮むけば百鬼夜行、
食うか食われるか、殺すか殺されるか、
2つに1つしかない。


・竹下登は、島根県議から国政選挙を目指す。
トップ当選したが、大量の選挙違反を出して
竹下は終生これを肝に銘じることになる。


・竹下のカネづくり、人づくりの周到さはここが原点だ。


・こうして竹下はともかく34歳の身で佐藤派の足軽となった。

「君は私大出だから分からないだろうが、日本は役人だぞ。
役人の入省年次、成績の順番、これらの親戚を全部覚えろ」

これを徹底的に教え込まれた。
オヤジの認識も同じだった。


・竹下は私と四方山話をするとき、
世間でいう「竹下カレンダー」で政治日程を説明する。
これは役人、とくに大蔵官僚の協力なしにはできない。


・竹下は大平正芳政権で大蔵大臣にしてもらって、
5期5年も財政当局の最高責任者を務めた。
国会議事堂のどこからネズミが出てくるか
知り尽くしているといわれる竹下が、
この時期をムダに過ごすわけがない。


・細川護熙と宮沢喜一は奇妙な類似性がある。
あの日本人離れしたドライな感覚はウリ二つだ。
他人のために汗を流さない。
ドロを被らない。
身内の面倒を見ない。
ないないづくし。


・細川を見ていると周りに人がいない。
たとえば池田勇人の場合は、
主税局で一緒に苦労した前尾繁三郎を中心に、
黒金泰美、大平正芳、宮沢喜一、鈴木善幸、伊藤昌哉が
政治局を固めていた。

経済界には、当時の財界四天王といわれた富国生命の小林中、
日清紡の桜田武、新日鉄の永野重雄、産経の水野成夫、
それに野村証券の奥村綱雄、電力の鬼、松永安左ヱ門がいた。


・池田は不器用で、真っ正直だ。
危ない、おれたちが応援するというので、
下村治、東畑精一、有沢広巳の学者たちも応援した。
空前の豪華メンバーだ。


・田中角栄にも西村栄一という金庫番、頑固一徹のじいさんを筆頭に、
愛知揆一、橋本登美三郎、木村武雄、二階堂進という
宿将たちが周りを固めた。


・ところが、細川の周りを見ると誰もいない。
悪党もいない、ほんとうの裸の王様だ。
王様が裸では国が危ない。

 


※コメント
昭和の政治家は、迫力があり、魅力的であった。
いまもそういう政治家が現れることを
期待したい。


★早坂茂三『政治家は悪党に限る』
の詳細,amazon購入はこちら↓


http://amzn.to/2tnI6yu

 


◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご紹介。

ご登録はこちらです


http://www.mag2.com/m/0000258752.html


世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします

 

 

 

 

 

 

 

◆榊原英資『中国経済の真実』を読み解く

 

※要旨


・国際社会では「カネで友情を買う」など
憎まれ口も耳にするが、
即断即決ドーンとカネを突っ込めば
必ず返ってくるという合理的な割り切り方は、
やはり中国ならではだ。


・何事も慎重に構え、
さまざまなリスクを勘案した挙げ句、
やめておこうとなりがちな日本は、
中国の積極果敢な戦略に学ぶところが大きい。


・中国はシャドーバンキングやアングラ経済の
ウェイトが高いといわれる。


・シャドーバンキングは健全なのかといえば、
マイナス面もあればプラス面もある。

 

・シャドーバンキングは、
それなしではうまく回らないからこそ成長した。


・日本のサラ金も同じで、
みんな悪い悪いというが、
銀行も誰も融資をしてくれないとき、
サラ金のお蔭で救われた零細企業や個人事業主が、
少なからずあったはずだ。


・中国は、もともと「資本主義的な国」である。


・「世界三大商人」といえば、
ユダヤ商人、中国商人、インド商人のこと。
中国商法は「世界三大商法」の一つ。


・中国人は、昔から商人的な気質があって、
商売の伝統を長く続けてきた、
本質的に「商人」的な人々なのだ。
華僑が世界に進出して大きな経済力を誇っていることもうなずける。


・2033年に登場する第7世代は、
アメリカ留学組が務める可能性が非常に高い。


・中国は水面下で、アメリカとつながっている。


・私は、中国は底流に非常にアメリカ的なものを持っている、
と考えている。
これは中国の大きな強みだ。


・広大な多民族国家、自己主張の強い国民性、
商人の伝統を持つ資本主義的な側面、
アメリカ文化を体現した海外留学組の増加などは、
中国のアメリカ的な部分でもある。

 

 

 

※コメント
中国に対する斬新な視点である。
さまざまな角度から中国分析を続けたい。


★榊原英資『中国経済の真実』
の詳細,amazon購入はこちら↓


http://amzn.to/2tneO2R

 

◆まぐまぐメルマガ『国際インテリジェンス機密ファイル』ご紹介。

ご登録はこちらです


http://www.mag2.com/m/0000258752.html


世界のインテリジェンスに関する公開・非公開情報をお伝えします