駄文

ブログの説明を入力します。


テーマ:
美軌模型店さんより点灯化パーツが到着したので早速作業の方に入りました。
まずは一番難易度の低い旧塗装のヘッドライトから着工します。
今回も片方はヘッドライト、もう片方はテールライトと割り切った加工をしていきます。
鉄道模型仲間からやり方を教えて欲しいと言われたので、こちらのブログでも基本的な部分のみですが私なりの「簡単な」やり方を公開したいと思います。
まずは台車を集電化させます。
{14B8F8D4-A30A-4D89-A32D-878575F54E2A}

集電パーツが干渉しないように両サイドの傾斜になっている所をデザインナイフでこそぎ落とします。
この時に刃先の形状的にカッターナイフの刃は通りません、さらに言うなれば100均の刃なんて論外です。
意外と傾斜部分は厚みがあり硬いので力任せに無理に切ろうとすると、台車が真っ二つになってしまいます。やった本人が言うから間違いありません!
集電パーツの板と台車がピッタリ合うように地道に側面内側をヤスリで削ります。
無理にはめようとするとスプリングがハの字になりチラツキの原因になります。
この作業をキッチリできるかどうかが仕上がりを左右します。
点灯化は台車加工が「肝」です。
次に台車にスプリングを通す穴を開けますが、2.0ミリの刃を使って真っ直ぐに開け、細かいバリなどを取ってスプリングが引っかからないか不要なスプリングを使ってチェックします。
車輪は鉄コレの車輪だと転がりが悪いのでkato 製のに交換し、
これで台車加工は完了です。
{20467DA0-90A0-497A-BFD0-BAD02824726E}
ここまで来たら終わったも同然です。

今度は床下の集電化します。
{1DD8E0F4-8567-41DB-9F7B-DC6EC777AB75}

集電化パーツを適当な位置にゴム接着剤で固定して
{2EFDBD43-7BD2-4D70-9782-36C4B64E9790}

リード線がショートしないように床板側面か室内パーツにでもしまい込みます。

{476EB720-D714-407E-88BF-B4306D1A965C}

きらめきライト本体をリード線の余った部分に絡ませて
{790F85BA-74ED-4A35-983A-B72CD909D87E}

高さや位置を微調整して
{6FB1EE57-C8E1-4AD1-A1BF-5976ED865500}

お終いです。
光がダダ漏れですが鉄コレは運転席がシースル構造なので光漏れを完全に無くすにはプラ板やアルミでライト本体を覆うとか高レベルな加工が必要ですが、そこまで手を掛ける時間と技量がないのでこの辺で妥協しますアセアセ
それでも鉄コレにライトが付くのは感動物ではあります。
残るは旧塗装のテールライトとリニューアル車の点灯化ですが…
今までの中で一番難易度が高いと思いますので、色々検証してから加工に入りたいと思います。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。