参院選京都選挙区(改選定数2)にくら替え出馬予定の河上満栄(みつえ)・民主党衆院議員(39)(比例近畿ブロック、当選1回)が、立候補表明した3月31日以降、国会にほとんど出席していないことがわかった。

 京都府内で選挙準備をしており、読売新聞の取材に、「個人の判断ではなく、党の指示に従った。日々の活動は党の方針を訴え、府民の声を聞くというまさに政治家の仕事そのものだ」と話しているが、国会出席より選挙準備を優先させる姿勢には疑問の声も上がりそうだ。

 衆院事務局によると、河上氏は4~5月に開かれた計15回の本会議のうち、4月6日の1回だけしか出席せず、残り14回は横路孝弘議長に欠席届を提出。所属する農林水産委員会、消費者問題特別委員会も同期間で出席は各1回だった。

 河上氏は参院選の立候補に伴う自動失職まで議員を続ける意向で、129万7000円の歳費と100万円の文書通信交通滞在費が毎月支払われ、6月30日には期末手当約272万7000円も支給される。

菅首相、在任中は靖国参拝せず…参院で答弁(読売新聞)
蓮舫氏目標は「5位でいい」…南青山で事務所開き(スポーツ報知)
蓮舫氏入閣、亀和田武氏は不支持「すきまタレント」(スポーツ報知)
大学教員が盗撮容疑、カバンのビデオカメラで(読売新聞)
「支持率高いうちに選挙」は駄目=郵政法案の今国会成立主張―亀井氏(時事通信)
AD