鳩山由紀夫首相は26日夜、オバマ米大統領が金融規制強化案を表明したことを受けた株安・円高傾向について「しばらくは様子を見ることが正しいと思っている。今すぐに何らかの対策を講じるつもりはない」と述べた。
 首相は「規制策は海外も含めて好感を持たれているが、(米国の)金融機関には厳しいということになるので、米国を中心に株が下がったりドル安になったりした」と指摘した。首相官邸で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~検察が小沢一郎民主党幹事長から事情聴取~
【特集】話題騒然 ファーストレディー
【特集】オバマ語録
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~

試験管内で「体内時計」=細胞分化で発生-大阪大(時事通信)
日航、会社更生法を申請=負債2兆円前後、戦後最大-航空業界の転換点に(時事通信)
臓器移植の新規登録者 4分の1が「親族優先」(産経新聞)
<陸山会土地購入>水谷建設社長が辞任 「健康上の理由」(毎日新聞)
生きる 横浜でクラシック演奏 病気の子ら2千人を魅了(毎日新聞)
AD