社民党の第12回党大会が23日午前、党本部で始まり、昨年12月の党首選で無投票当選した福島瑞穂党首の4選を正式に決めた。

【写真特集】米軍普天間飛行場とキャンプ・シュワブ沿岸部

 福島氏はあいさつで、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「覚悟を持ってみなさんとともに取り組む」と述べ、現行案通りの決着が図られた場合、連立政権を離脱する可能性があることを改めて示唆した。これに対し、来賓の鳩山由紀夫首相は「沖縄の皆さん、当然アメリカの皆さんにも理解してもらわねば最終的な結論が出せない。みんながそれなりに理解して『良かったね』と言ってもらえるような結論を導きたい」と応じた。

 連立政権発足後初となった党大会には、鳩山首相のほか、国民新党の亀井静香代表らも出席した。今夏の参院選で議席を倍増することなどを目指す参院選闘争方針などを決め、24日に閉会する。【白戸圭一】

【関連ニュース】
イノウエ米上院議員:普天間「5月の結論なし」関係に影響
社民・福島氏:基本政策閣僚委の頻繁開催を要望
社民党:新成人に福島党首が支持を呼びかけ
社民・福島党首:普天間移設で米議員と会談
社民党:生き残りに危機感 福島氏に不満も

小沢幹事長 「包み隠さず申し上げた」 聴取後に会見(毎日新聞)
<発達障害者>「推進会議」に参加を…支援団体が要請(毎日新聞)
偽装献金、小沢氏問題で論戦へ=19日から代表質問(時事通信)
<2次補正予算案>自民は反対方針(毎日新聞)
ハイチ大地震 「救援自体が混乱」国際赤十字会長が帰国(毎日新聞)
AD