26日午後5時半ごろ、東京都世田谷区にある民主党の小沢一郎幹事長の自宅で、秘書が拳銃の実弾のようなものが送り付けられているのを発見し、警戒中の警察官に届け出た。
 警視庁玉川署は脅迫の疑いがあるとみて、鑑定を急ぐ。
 同署によると、届いたのは1発で、直径は1センチ未満。縦約23センチ、横約12センチの封筒に入っており、白い厚紙とビニールで包まれていた。A4判の文書も同封されていた。
 封筒のあて名は「小沢一郎様」と書かれており、差出人名もあったという。
 消印から25日に投函(とうかん)されたとみられる。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~検察が小沢一郎民主党幹事長から事情聴取~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~

<J1川崎>川崎市へ5千万円寄付…ナビスコ杯表彰式問題(毎日新聞)
<政教分離>市有地に神社は違憲 最高裁(毎日新聞)
安保50周年 共同声明 米が格下げ要請 「普天間」の影響避ける(産経新聞)
今滝さん、行方不明直前はタクシーを連日利用 神戸の女性講師不明事件(産経新聞)
小沢氏会見 会場で配布された資料「経緯の説明」全文(産経新聞)
AD