「長良川河口堰(ぜき)」について執筆した記事が掲載されず、記者の権利が侵害されたとして、元朝日新聞記者の男性が、朝日新聞社に謝罪記事掲載と慰謝料などを求めた訴訟の上告審で、最高裁第3小法廷(藤田宙靖裁判長)は26日、男性側の上告を退ける決定をした。男性側敗訴の1、2審判決が確定した。

【関連記事】
朝日新聞の記事不掲載訴訟、元記者の請求を棄却
麻生「朝日新聞に説明必要感じず」しつこい記者一蹴
“世間ズレ”鳩山、支持率急落 不支持40%前後にも
「純粋な勉強会」首相が朝日新聞に反論
朝日新聞が新潟日報に印刷委託 新潟県配達分のうち3万部

陸山会の規正法違反、東京地検が態勢を増強(読売新聞)
交番の警官が現金抜き取り=落とし物の財布から-神奈川県警(時事通信)
<気候変動>「35年ごろ氷河消失」は誤り IPCC認める(毎日新聞)
<風車訴訟>早大賠償を大幅減「つくば市過失大」 東京高裁(毎日新聞)
平沼氏、保守勢力の結集にも意気込み(産経新聞)
AD