茨城県つくば市が小中学校に設置した小型の風力発電機が計画通りに発電しなかったとして、計画を策定した早稲田大と風車を製造した大阪市のメーカーに市が約3億円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が20日、東京高裁であった。小林克已裁判長は「市側の過失が大きい」として、早大に約2億円の支払いを命じた1審東京地裁判決を変更、賠償額を約8960万円に減額した。メーカーへの請求は1審同様退けた。市側は上告する方針。

 小林裁判長は「提出したデータ通りの発電量が得られないことなどを知りながら市に説明しなかった」と1審に続き早大側の責任を認める一方、市側が「発電量が小さく売電事業の見込みも厳しいとの情報を得ていた」と指摘し、市のずさんな事業推進を批判。1審では7対3だった早大と市の過失を3対7とした。

 判決によると、同市は平成17年、市内の小中学校19校に風車23基を設置したがほとんどの風車が回らず予定の約4分の1の発電量しか得られなかった。

官房長官の感覚おかしい=自民・浜田氏(時事通信)
「おっぱいどうですか」警察官に客引き容疑で男逮捕(産経新聞)
<鳩山首相>参院選にらみ地方行脚開始 栃木で農園など視察(毎日新聞)
元局長、検察と全面対決=民主党議員も証人出廷-厚労省文書偽造、27日初公判(時事通信)
<法科大学院>14校が抜本的な改善必要、12校は不十分(毎日新聞)
AD