自民党は24日、今年最初の定期党大会を都内のホテルで開催。ゲストにはプロ野球楽天前監督の野村克也氏(74)が駆けつけ、再生を目指す自民党を激励した。

 ゲストスピーチで登場したノムさんは冒頭で「場違いな所に出てきました。逃げて帰りたかったんですけど」と笑いを取ると、11分間で計14回の爆笑を誘った。

 再生を目指す党のためにひと肌脱いだ。昨夏の衆院選大敗について「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし。どこの世界でも負けて反省はするけど、勝って反省はしない。そこにみなさんの落とし穴があったのでは」と敗因を分析。「おそらく巨人の心境(常勝)でおられたんでしょう」と指摘した。参院選に向けては「敗者復活戦ということですかね。捲土(けんど)重来、頑張ってください」とエールを送った。

 退席後は「野球でこんなに緊張したことはない。参りました」と笑みを浮かべつつ、元高校球児でもある小泉進次郎氏に太鼓判。「野球では親子2代の名選手はいない。(謎は)解明できてないが、司会をされていた小泉さんの息子さんは、さすがしっかりしています。しゃべりも上手だし、血筋もいい。いいんじゃないですか」。一瞬、息子の克則氏に思いを馳(は)せるような表情を浮かべ、車に乗り込んでいった。

 【関連記事】
朝青龍、ノムさんの前でパワー全開…初場所7日目
ノムさん、白鵬は「双葉山と重なる」…楽天
城島「ノムさん超え」2度目の捕手フルイニング出場へ始動…阪神
ノムさん、マー君に“ダル級”指令…楽天

<雑記帳>ガルシアさんが名古屋市長を表敬(毎日新聞)
<時効見直し>「廃止」賛成が5割超す 法務省が意見公募(毎日新聞)
「年下嫌いだった」大学3年、弟の殺人未遂容疑(読売新聞)
<訃報>「キン肉マン」ロビンマスク役の声優 自殺か(毎日新聞)
浄霊代など650万円、TV人気霊媒師らを提訴(読売新聞)
AD