昨年1年間の全国の自殺者数は3万2753人で、前年より504人(1・6%)増加したことが26日、警察庁のまとめでわかった。

 自殺者が3万人を超えるのは1998年以来、12年連続で、過去5番目に多かった。男性の自殺者が増加した。同庁は今春をめどに動機や年齢別などの詳しいデータをまとめる。

 自殺者のうち男性は前年より575人増の2万3406人で、女性は71人減の9347人。

 月別では、3~5月が3000人を超え、上半期は過去最悪だった2003年に迫るペースだったが、6月以降は2000人台に減少。9月以降は前年を下回った。

 都道府県別では、東京が最も多い2989人で、大阪1982人、神奈川1798人、埼玉1796人、愛知1623人の順。前年との比較では、大阪(146人減)、北海道(127人減)など17道府県で減少したが、埼玉(143人増)、千葉(122人増)など28都府県で増加した。

社会医療法人、79法人に(医療介護CBニュース)
大阪府の法人2税が1300億円減り2000億円に 昭和50年並みに (産経新聞)
町長失職…合併確定も撤回求め安土町議会リコールが告示 滋賀(産経新聞)
<元看護師殺人未遂>時効前、遺留品から60歳前後の男浮上(毎日新聞)
5月から市町村ごとに発表=気象庁の警報・注意報(時事通信)
AD